winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 05日

クーラント オーバーフロー

ラジエーターキャップを交換して、オイルポンプドレンからエアも出なくなったので、
少し負荷をかけてみました。


ありゃりゃあ・・・・・・
c0009160_2339180.jpg




コリャ困った。
こうなりゃサーモスタットを外してみるか・・・・・。
とはいえ、ラジエーター本体も怪しいし、怪しいといえばウォーターポンプも怪しい・・・・。


問題なのは作業段取り。
クーラント抜くんなら、Mオイル抜いて、エンジン&クラッチ換装実験まで行きたいが、
Mオイルは替えたばっかで綺麗なんだよなあ・・・・。
換装まで行くんなら、まとまった時間が欲しいが、土日はあんま天気良くなさそうだし・・・・・・。


そうそう、セッティングは良くなった。冬場だけど。
「良くなった」つーのは一般的な意味。
下から上まで結構ノーマルより(といっても記憶は遥か彼方だが)力感があってスムーズに伸びてゆく。

が、個人的にはちょっとエンジンに頑張らせすぎな感がして、嫌な予感もしている。
下のトルクは細くて良いから、中速域のレスポンスとパワーの方が欲しい。
遅いスピードでもいいから、アクセルをラフに開けて無駄に空回りして蛇行してる方が楽しいのよ。
このバイクは軽くて車体バランスがいいから、ソッチのほうが向いてると思うの、ワタシ。

ま、そんなセッティング能力はないんですけどね。



FZR250のカウルもようやく仕上がったんで、取り付けもやりたいんだよなあ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-05 23:52 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< テスト      ブレーキピストン交換 アシスト... >>