STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 09日

ラジエーター オーバーフロー

広瀬さんの動画はニコニコ動画だったんで、一般の人は観れない模様。
だいたいyoutubeにミラーがうpされるんだけど、この動画は上がってませんでした。



3ET オーバーフロー修理

色々、いっぺんにやりたい所だけど、段取りとか考えると、なんだか腰が重くなっちゃうんで、
(二度手間にはなるけれども)とりあえず一つづつやっていく事にします。
c0009160_1944057.jpg





3ETの宿命。2stオイルが垂れて垂れて・・・・・・。
c0009160_19441516.jpg





サーモスタットを外します。だいたいこの手のボルトは固着してて、
だいたいインパクトドライバーを使うんですが、
奥のボルトが無理かもしれない→そうなったらヘッドだけ外すか、などと考えておりました。
c0009160_19442325.jpg




ぎりインパクトドライバーが入ったんで、なんとか外せました。
これはサーモスタットを撤去した所。
c0009160_19443111.jpg




注意してください
左は3XP、右は3ET。
3ETのココのガスケットをP/Lで見ると
3BN-12414-00(2013年、00は01に変更)と、34X-12414-00 の2つが出ます。
おそらく、3ETはどこかのタイミングでこのパーツ、3XPのに変更になったんじゃないでしょうか?  
c0009160_194450100.jpg



キャブウォーマー経路を潰すのなら問題ないですが、キャブウォーマー経路を生かしたままなら
このガスケットは車台番号に合ったガスケットでないといけません。
右上の穴がキャブウォーマー経路です。3XP用はありません。
c0009160_19454675.jpg





そんなわけで、私は3XP用のに変更しました。
手が入りにくい場所なので、今後の作業性を考えてボルトも8mmに変更しておきます。
(多分、+のままだとココを外す時、ラジエーターも外さないといけなくなる)
c0009160_19451579.jpg




そしてラジエーター本体のチェック。
朝から起きて、ナップスまで行って買って来ました
WAKO'S ラジエーターフラッシュ。 1300円。
c0009160_20121789.jpg




ウチに来てから見てなかったけど、結構コアの状態は酷い。
c0009160_19453588.jpg




ホントはエンジンを掛けて使うんだけれども、わたしゃラジエーター単体でシェイクシェイク。
口からホースを突っ込こんでみましたが、経路、詰まってるような水の出方ではなかった。
つか、このラジエーターフラッシュ、効いてるようには・・・・・・。まあいっか・・・・・。
c0009160_1945267.jpg





さて。

ダメでした。オーバーフロー変わらず。
前回の動画との合わせ技で、ダブルで凹んでおります。
エンジン側かなあ?

あ~あ・・・・・・・なんか・・・・・なんかさぁ・・・・・・・・・・。





あ、ちなみに3ETのラジエーター、生産終了でございます。ま、買っても5万なんで買えないんですけどね。


あ~あ
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-09 20:24 | DT200R(3ET) | Comments(2)
Commented by 鈴木雷音 at 2013-02-09 20:52 x
一応、ユーザー登録してあるので私は見ることが出来ました。
わたし自身の3ETの動画ビデオ、どこかにあるはずだがまず探せないな。
そもそもデッキが動かないだろうし。
Commented by 3et3xp at 2013-02-09 21:46
あれこそが3ET本来の走り方だったのを思い出しました。
3XPやKLX、KDXに乗ってしまった事で、3ETの本来の姿を
見失ってました。
が、今、あんな若々しい走り方ができるかといえば、自信がない。
今のセッティングの方が今の乗り方にマッチするんだけれども。

そんなわけで、なんかヒマになりそうな日を考えておいてください。
割りとぼんやりとでいいです。
ルネッサももう少しツーリングさせたいんで。
重ね重ねすみません・・・・・。


<< ラジエーター オーバーフロー その2      テスト >>