STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 25日

ラジエーター屋さん

無けりゃ無いで不便な自転車。

「ママチャリでも買うか」
と思い、Amazonさんにお願いしてみましたが、
ママチャリだからといって5000円くらいで買えるはずもなく(相場知らず)
ママチャリが買える値段だと、もちょっと違う種類も選べそう。

そんで調べた。



ワカラン。

以上!
マウンテンバイクなのかクロスバイクなのか?
かご付きなのか、26インチなのか27インチなのか?
c0009160_23261536.jpg

c0009160_23262438.jpg

c0009160_23263592.jpg




さて。

教えてもらった鈴木ラジエーターさん。
外観でちょっと引いたけれど、中に入ると近藤内燃機屋さんなみの町工場状態で、ちょっと安心。
c0009160_2362740.jpg





バイクのアルミラジエーターだと、分解不可だそうで、切って洗浄して、再溶接するしかないそうです。
さらにそんな簡単な話ではなく、古いと色々問題が出る場合もあるそうで、2つで15000円くらい、だと。

それよりもランツァのラジエーターのステーやパイプを移設した案の方が安上がりだろう、
と言われた。

うん、なんか道が見えた気がしたよ。



ランツァラジエーター移設で問題になるかな、と思ってるのは一つ。
右ラジエーターは3ETのほうが薄いのだ。
c0009160_239177.jpg




経路下の接続の金属パイプは発注済み。
これの交換の時にもちょっとしっかり見てみよう。

まずは交換して、だめならランツァラジエータを付けてみて、それで良ければ
鈴木ラジエーターさんにお願いする、という段取りにする事に。

ちなみに、アルミ溶接中のトップ部を見せてもらったが、
技術的にはどうなんだろうね、まあ、全く出来ないアタシが言うのも何だけどな。
まあ、言うてもプロだし・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-25 23:33 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< DT200R ラジエーター ランツァ      作業検討 メモ >>