winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 13日

3ET エンジン換装テスト 3XP

15日にミサイルが来るそうなので、書いても無駄になるかもね。
サーバー都内にあるのかなあ?

ま、いいや。

部品が揃ったので、DT200RのフレームにDT200WRのエンジンが載るかどうかの実験。
の前の、いつものごとく仮テスト作業。


2日掛けてやるつもりの作業予定。やっと土日晴れの予報が出た。
c0009160_19253273.jpg



左はランツァ用YPVS(3XPでも可)、 右は別作業のランツァ用リアディスクローター
落札価格、2800円            3100円
c0009160_19254611.jpg



その別作業の、ディスクローターの交換を先に。
ボルトもランツァ用を購入済み。が、ネジボックスになぜか6個ぐらい入っていたので無駄でしたわ。
c0009160_1926247.jpg



上が3ET、下がランツァ。パッド無し落札価格500円。ほんとはこんな値段だと思うんだけどね、YPVSもローターも。
c0009160_19261421.jpg


3ETと作りが違うのはこのカラー廻り。
初期型ランツァは、このカラーの左リップ部分がスイングアームに乗っかった、と思う。違ったらゴメン。
c0009160_19262589.jpg



そんな細工の分だけランツァのブレーキサポートは薄い。
なので、リアシャフトのボルトに付いてるワッシャをカラー代わりに使います。
厚さ的にそんなもんだと思います。
c0009160_19272072.jpg



3ETのブレーキガードステーが当たります。
c0009160_19264255.jpg


残念ながらこれはサンダーで切るしか。
なんで斜めになってるかって?色々と事情があるんですよ。
c0009160_19265693.jpg



この後のフィッティングは本日最後の作業だったんですが、説明上、ここに。
ワッシャを一枚かませて、これくらいのすきま。二枚は多すぎ。でもあと1mmほど欲しい所。
まあ、スイングアームは経年劣化?で開いてくるので、これくらい良いものかどうかわかりませぬ。
c0009160_19331285.jpg



問題無いだろうと思っていた、ホースの取り廻しに問題発生。
う~ん、どうしようか。メッシュの90°曲がりを買おうかどうか。
ちなみに、セロー250用のリザーブタンクなしのマスターは、フレームに当たって付かないと思います。
(検討済み)
c0009160_19331970.jpg


仕上がりは当然、こんな風になります。スッキリした感はある。
ブレーキホースだな、問題は。
あ、リアのパッドはKDX220と互換でしたので、助かりました。
c0009160_19332575.jpg



降ろすか、と思った矢先、
あり? こりゃ弱った。縫うしかねーか。box、ヤフに出てればよいのだけれども・・・。
もうそんなお年ごろなんだよねえ。
c0009160_19273187.jpg



で、降ろしますた。作業時間1時間くらいかなあ。水冷は色々あって大変なのよ。
c0009160_19274363.jpg



チェーンラインの確認。3XP。
c0009160_192815.jpg



3ET。ドライブシャフトのカラーの長さが違うな。
c0009160_1928132.jpg





フレーム汚い。愛情がないのかといわれると違うんだが、
この手のただの清掃作業は、プライオリティが低くてさ。
c0009160_19285490.jpg



採寸の前に、載せてみましょうかね。採寸では分かりかねる部分があるので。


これは後ろのマウント。
c0009160_1929760.jpg



こっちは前のマウント。
あ、3XPのエンジンは、YZのフレームに載せるため、ステーを介してました。
その為、3ETとはこれくらい違うんじゃないか、と思っております。
c0009160_19291545.jpg




ふう、セーフ。
(エンジントップとフレームのクリアランスね)
c0009160_19292739.jpg



ほお、セーフ。
これが同じとは嬉しい誤算。ボア×スト違うのに。
c0009160_1929389.jpg



おkだ。
c0009160_19295337.jpg



ランツァのYPVSのケーブルもそのまま使える。
c0009160_1930382.jpg



上手く行きすぎ。
”そろそろ引っかかるんじゃあ・・・・・・”、などとドキドキしながら次。
チャンバー。おや?角度が同じだぁ。
c0009160_19302410.jpg



普通に付きました。まあ、特性とかは別の話だけどね。
それにこのチャンバーはプロスキルのレースチャンバーなんで、少々クリアランスが広くても
スプリングでごまかせますから。
でもぴったり。
c0009160_19303460.jpg




さて。
これはランツァ用エアクリーナージョイント。100円。
c0009160_19301620.jpg



上:ランツァ   下3ET。
エアクリボックスは3ETとランツァ共通なので、エアクリ側の取り付きサイズ等も同じです。
c0009160_19304586.jpg



3ETの、リアサスペンションリザーブタンクステーが当たる。とりあえず切り飛ばしますが、
この場はステーを曲げて強引に。
c0009160_19305426.jpg




サイズはほぼぴったりなんだが、ぴったりすぎて、キャブを外すのが苦しい・・・・・。
3ETにPWKは、小ぶりですげー外しやすかったのに・・・・・・(泣)。
c0009160_1931341.jpg




ほんの少しだけジョイント側の角度が違いますが、強引に(という程でもないけど)取り付けられます。
(この写真側に少し空きができます)
もちろん、PWK28の場合の話。純正キャブは持ってないので不明です。
c0009160_1932126.jpg





リアブレーキペダルとケース右の取り合い。
c0009160_19312324.jpg



う~ん、若干、邪魔。
c0009160_19312859.jpg




リアアームピポットシャフトのみ本締めして、マウントのクリアランスを実測。
c0009160_19314077.jpg



前のマウント。右に寄る感じ?
c0009160_19314897.jpg



スイングアームとのガタつき。これはマニュアルにある、個体差によるシム調整の範疇だと思われます。
c0009160_1931561.jpg



後ろのマウント。やはり右に寄ってるようだ。
c0009160_19321993.jpg




実測しました。読めなくても良いです。
ワッシャーを買ってきて、合わせてみます。
c0009160_19323550.jpg



と、思ったら、後ろのマウント、手が入らねえや・・・・。
リレーアームを外すか・・・
c0009160_19324173.jpg



あれ?あれれれれ?
外れない。
c0009160_19324626.jpg



左のナットに見えるのは実はボルトで、左を外してから右を抜くのだけれども
右のボルトの頭が、ガセットにめり込んでる・・・・。
叩いても出てこず。。。。。。。。。。
終了です。だって、ワッシャを入れられないんだもん。
c0009160_19325542.jpg




う~ん、(全然関係ないトコで)コリャ困った。



*今、マニュアルで確認したが、記憶とは少し違う構造のようで、細い棒をつっ込んで叩けば出てくるのかも
(ワタシは、左のボルトを緩めた状態で、左のボルトの頭を叩きました)




これでほぼほぼ、3XPのエンジンは載ることが判った。
問題はチェーンラインかなぁ。
実測は実測で意味があって、製造誤差もあるし、フレームは経年でヨれるし、測定誤差もあるし
なかなか「こうだっ!」みたいには考えられませんねえ、経験もないし。



さて。
3XPのエンジンを降ろして、採寸しておきます。
(今まで、3ETのエンジンは実動していたので採寸できなかった)
エンジン設計だと、3XPはケースの左を6mmほど詰めてるようにみえるが。
フレーム右寄せで、左のみスペーサー、というのが理論値通りだと思うが、さてさて・・・・・。
c0009160_21432649.jpg




その辺を決めちゃえば、この3XPのエンジンが実動なのか、とか、CDIをどこに置くの、とか、混合で行くのか、とか
セッティングが出るのか、とかそんな話が残ります。




あ~疲れた。久しぶりにがっつり作業したわ。
最後の方は、ヘロヘロになったので、明日はその残務整理。
(ヘロヘロでピントさえ合ってないや)
c0009160_1933245.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2013-04-13 22:17 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< 3ET エンジン換装テスト 3...      部品が・・・ >>