winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 05日

3ET エンジン換装 3XP

朝もはよから昨日の続き。

とりあえず動くところまでは今日中にやらねばだわ。
実は、今日のようなこまごまとした作業の方が手間が掛かるし時間もかかる。

クラッチワイヤーは3XPのでないとダメでした。
デッドストック品なので、程度は悪い。
オイルデリパイプは、キャブウォーマー経路のパーツを使って栓をして、
元あった場所?につっ込んでおきます。
c0009160_17404671.jpg



で、クラッチワイヤー経路がフロントフェンダーに当たってあぶないので、
棒材を曲げてガイドを製作。
c0009160_17401851.jpg



後ろの補機類との接続は行き当たりばったり。
もちろん、現状復帰可能な状態で。
c0009160_17395886.jpg



オイルポンプ引き経路は邪魔なので、撤去。
一本挽きのアクセルワイヤー一式、あるにはあるが、
引っ張り出してくるのとアクセルホルダ関係をバラすのがめんどくさいんで、分解して撤去。
ま、分離で行くかとか、まだ決めてないので。
c0009160_17403593.jpg




レクチファイヤーレギュレーター。
さて、どうすんべ。
c0009160_1741348.jpg




かなり危険なような気もするが、ここしかないような気もする・・・・・
ボルト二箇所、ていうのがネックだなあ。
アイデアも出ないので、ここで。
c0009160_17412849.jpg




YPVSのワイヤー調整。
長さは3ETも3XPも同じでした。ヤフで落札した3XPは、ワイヤーがちぎれかかっていたので
3ETの方を使います。
c0009160_17405129.jpg




ワイヤーを外して、モーターをフリーにしてバッテリー接続。
on-offを3度ほど繰り返してセルフクリーニングをさせると、それが穴位置。
そしたらワイヤー類は簡単に組めるはずです。
c0009160_17405833.jpg



フロント周りにやってきたコンデンサーの処理。
ラック用に板材と、昼ご飯を買ってきます。
c0009160_17411018.jpg



木製本棚用の補強金具なので、堅いこと堅いこと。
c0009160_17413145.jpg



ウインカー経路は昨夜、回路図とにらめっこしていたが、どうすることも出来ず。
フラッシャーリレーと左ハンドルスイッチの全とっかえで。
ヤフにて探します。




昼ご飯食べて後半戦。なんか久しぶりだったドトール。
c0009160_17412622.jpg



オーバーフローしたキャブを清掃。
どの道、セッティングで戻ってくるので、ジェット類はそのまま。








で、換装の最大の難関、CDI。
c0009160_17412521.jpg



あ、右に見えてますが、ランツァ用エアダクトのYEIS用の穴は塞ぎます。
ランツァ用マニホールドを使えば、YEISもついてきますが、ワタシが手に入れたのは3XP用。
安くでヤフに出るのを待ちます。
(ランツァと3ETではYEISチャンバーの容量が違います。注意)
c0009160_17404887.jpg




どこにも置き場がない。
ここはシートの爪が当たって、だめ。
3ETのCDIがあった場所は、タンクにあたってだめ。
c0009160_1740513.jpg




もうここしかないか・・・・・・
幸いなことに、ココは何もなくなった。
c0009160_17414272.jpg




バッテリーケース、と言われるプラパーツに穴を開けて固定。
エアクリボックスとは別体なので、穴を開けてもおk。
c0009160_17415165.jpg




さあ、ココから地獄だ。
延長用のカプラ類、手持ちをかき集めて製作。
4芯、3芯、2芯、1芯×3。およそ400mm延長させます。
c0009160_17415795.jpg



こんな感じ。なんだかなんだかなあ・・・・・・・。
隠そうとしても、チャンバーの熱とエンジンの熱とリアサスユニットの動きで逃げ場がありません。
勘弁しろや!!
c0009160_17424786.jpg




ドライブスプロケボルトを締めて、ロックワッシャを立てて、車体を一周して忘れ物がないか確認。
あ、ガソリンは既に混合化済。またお世話になりますMOTOREX。





さて、エンジンに火を入れます。
アイドリングが低くなったので、アイドリングを上げて、軽くブリッピング。
暖気して、ギアを入れて走りだそうとしたらエンスト。
あ”、、、、スタンドスイッチを短絡させるの忘れた。


2台を知らない人が見ても、知ってる人が見てもびみょ~に思えるであろう動画。
個人的には、(前回も書いたが)かなり軽く吹け上がる感じがする。
戻りが遅いように思えるが、それは多分、PJが合ってないためだと思う。
3ETでは出なかったが、開け始めにボコツキ音が出るようになった。
それはエアクリ容量が足りないためだと思われる。
(待機空気が足りないから、口から吸おうとする音なんじゃないかな。)
http://www.youtube.com/watch?v=DsAwj0JnwqM



あとはウインカー関係待ち。



さて、セッティングの方向はどうしよう。
YEISを前提にするか否か、だな。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-05 19:23 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< エンジン換装 雑感      3ET エンジン換装 3XP >>