STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 20日

ハーネス 組み替えた配線図

「弱虫ペダル」、ニコニコで配信されていたので観ました。
王道以外、どうにかできないのかね、などと。

まあ、チャンピオンだし、どうにもできないんだろうな。



3ET、趣味のハーネス組み。
初期の初期は実験目的で、それから単純化によるメンテのしやすさ、割と思ったほど効果なし←イマココ。。。。

ま、今回は、3ETから3XPへのエンジン載せ替えに伴う、ハーネス移植による取り回し変更の為の組み換え、
なので、一応、やるべき作業ではあるのだが。


「あれがない」とか言わない。250ccの強み?だから。
どうせ忘れるので、うp。
現物と概念図は位置とかが違うので、書き起こす時に毎度悩む所。
オイルレベルのダイオードをイマイチ理解できないのは私の仕様。
(これがニュートラの時にオイルランプが付く理由でもあるのだけれども)
クリックで拡大、できたはず。( )の色は正規とは違う色の事。
c0009160_19305058.jpg





現物(実際の写真)。検体の赤と黒の分岐線を使ったので、見栄えは悪くない。
ただし、ヘッドに上がるハーネス部分は太くなる(そこに分岐点が集中してるので)。
c0009160_19495771.jpg





実際の交換作業は先になるだろう。
久しぶりにルネッサが乗りたくなって、3ETと里子交換したから。

気分がハーネスに向いたので、WR-Fの解読作業に手をつけてみたい所。
前オーナーの過去ログを読んでいるが、E-LINE組み換え後の話あたりから毎回つまづく。
やってる事はおそらく、車体は点火系のみにして、E-LINE電源をすべて灯火に回してるだけだと思うんだが、
ちらと見た感じ、見慣れないユニットが色々接続されてて、手こずりそうだ。
(車体側のACも一部灯火に混載で使ってるようなら、アタシの技術的にお手上げ)

予想通りなら、一枚目の写真以下の単純な配線になるはずなんだけれども・・・・・?。
[PR]

by 3et3xp | 2013-10-20 20:13 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< 久しぶりのルネッサ      WRタンク >>