STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 09日

左クランクシャフトシール交換

ここん所、土日が狙ったように雨。。。。。。。。。。


降らないことを祈りつつ作業。
c0009160_15503145.jpg



スピナーハンドル(ブレーカーバー)があれば、センターボルトは楽かもしれません。
やっぱり、シールリップがちぎれてた。
c0009160_15514015.jpg



「さとやん式」とでも言うのか?
二箇所はずぼらすぎた。三箇所で。
c0009160_155181.jpg



型番は違うが、これがこのシールのだいたいの構造。
左側の鉄板部分に穴を開けます。
穴を開ける位置が難しい。外周すぎると木ねじをねじ込む時、逆にふくらんで圧迫したり。
内周すぎると、鉄板がめくれるだけになったり。
とにかく、ポンチが効きにくいので、極小径のドリルからゆっくりと。
c0009160_16124710.gif



シャフトに焼け跡。
最初はグリス溜まりの溝かと思ったが、違った。
こすってもこすっても落ちない。オイルストンも当てられないし、気が済むまで頑張って終了。
c0009160_1552476.jpg



そこそこ調子は戻った。が、YEIS付きの状態と比べると、かなり不満。
写真はランツァのYEIS付きインマニ と ランツァエアダクト。
これを強引に収めてたからなあ。やっぱ32Φ用だからなかなあ。
c0009160_16233578.jpg





試走したかったが、雨がポツポツきてたから撤収。
エンジンを見渡すと、もいっこ。
なんかオイルでツルツルテカテカ。
c0009160_15515099.jpg





YPVSシールもだめかぁ(溜息)。
右側が抜けにくくてヤなんだよなあ。。。。。
WR-Fとの合わせ技もあるし、秋月電子でバッテリー発注。
c0009160_15521366.jpg




まあ、中古のエンジンなんてそんなもんだ。
それにしても一気にきたな。


つわけで、まだちょっと完調でもないので、インマニの件とかセッティングの件はペンディングになります。
不調の状態で合わせてきたわけだから、逆に狂ってくる場合もある、てことで。
[PR]

by 3et3xp | 2013-11-09 16:42 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< YPVSシール交換 ハーネス交...      キャブセッティング 変更 >>