STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 30日

ラジエーター ステー 前準備

明日、雨かなあ・・・?

ホース類のフィッティングを確かめるために、
ラジエーターをラジエーターステーに仮止めします。
ステーとラジエータのクリアランスをなるべく純正と同じになるように固定していきます。
c0009160_0243483.jpg



何度書きなおしても、説明が難しいです。
あきらめてグリグリ書きます。
ちゃんと説明しようとすると、だらだら長くなるので、「そんなもんなんだ]ぐらい思っておいてください。


まずは右。
ラジエータープラガード(フィン)の固定穴が同じスパンなので、
これを使って3XPラジエーターを固定します。
もちろん、これは仮です。
c0009160_0254367.jpg




邪魔になるキャップ止め金具用のネジ穴は、ラジエーターのツラまで削り飛ばします。
c0009160_0251291.jpg





銀色(アルミ板)の部分は、3ETラジエーターの下に付いているステーと同寸ですが、
これだと頭が出ます。短くは出来ません。
逆に長くして、左のホーン止め穴を使うかな、と思案中。
c0009160_026752.jpg





上の写真の位置関係で、上はこうなります。
ブリッジ用の湯口は切り飛ばしました。これでラチェットは入るでしょうが、
実はキャップが回るか微妙な所になりました。
ステーを左にずらすと、おそらくろう付けシロが足りなくなるでしょう。
c0009160_027194.jpg







次は左。
左はこれしか手がない。
c0009160_026932.jpg




下はもっと酷い。
変な形のステーを作って、ギリギリのギリギリでなんとかクリアランス関係を保ちます。
c0009160_0255411.jpg





上のステーはちょっと見たことがないくらい長い寸法になってしまいました。
c0009160_0261320.jpg




これできちんと固定されるのかどうか、全く分かりません。
c0009160_0255951.jpg





下をも少し長くするべきのような・・・・。
c0009160_0261032.jpg




ラジエーターステーとフレームの取り付け穴位置を同じにして、
組み換えた3XPのラジエーターホースを付けてみます。
左は長かったので、カットしますが、それは車体に組んでから。
c0009160_0263331.jpg





おおまかに寸法を当たってみます。
写真右の+ボルトからフレームの下までおよそ20mm。
c0009160_0264914.jpg



模型?をあたってみると、およそ20mm・・・・ちょっと足りないか。
c0009160_0271091.jpg




ヘッドからフレームまで70mm。
c0009160_027350.jpg




これはホースを切ればいいのですが、
触ってみると、ヘッドの鉄の口とホース分岐金物の口が当たるくらいギリギリで、
これは整備できるのでしょうかね?
c0009160_0265826.jpg




ラジエーターが厚くなって、湯口位置が変わったために、おそらくタンクと当たるでしょう。
c0009160_0264731.jpg






なんかこれくらい軽くやってみただけで、色々と不都合がありまくりで、
これはもしかやらない方が良いのかもしれません。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-30 01:11 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< ラジエーターホース YZタンク...      ラジエーターファン撤去 マフラー換装 >>