STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 28日

2014年の状態で3ETでのオフ(フラット)雑感

もし、二日目に御岳山(王滝村)に行っていたら・・・などと。

タイトル通り、2014年の状態で3ETでのオフ(フラット)雑感、です。
写真は野宿マスの使い回しです、悪しからず。



このバイク、セッティングは全て後回しにしております。
とにもかくにも、バランスの感じとフィッティングの良し悪しが先なので。

なわけで、PWK28は、パワーを出すとかじゃなくて、不満なくスムーズに回るようにセッティングしてます。
それでもエアクリ口は半分以上広げたりしておりますが。
4stは分かりませんが、2stでエアクリ口開口時の低速での吸気音とボコ付きは、PJの調整で
消えたりします。
そんな話は機会の時に。

足回りは余計なことをせずレーサー足を入れた時の、いつも通り全抜きで始めて、
通勤に使いながら気がついた所をクリッククリックゥ程度で。
前後、伸び圧共に2~3クリックぐらい締めてるかな。気付いてチョコチョコ変えたりしてるので
メモなしでございます。

タイヤは前後ともDUNLOPのD605。オン/オフ兼用のふつ~のタイヤ。

そんな現状。

公道。
山奥の村から下に降りるための県道。二車線になったり一車線になったり。
ブラインドは当然。村人からすると生活道なので、コーナーで膨らんだり、一時停止無視は当たり前。

ん~自画自賛ではないけれど、やはり2st200ccというのは、こういう所でピッタリの相性だと思います。
オフ車のほうが、若干一次ギアが合っているようにも感じている。
パワーをふり絞るでもなく、カブるでもなく、安全な良いくらいのスピードの上下限で走れます。

あ、3ETの話だった。通勤の公道で過不足なく仕上げているので、上記のような感想そのものになります。
特に現状、PWKの美点(?だと思っている)下の粘りの部分がよく効いていて、
若干、ギアが高めでコーナーに入っても、そのまま開けていけば十分に前に進んでくれるのは楽しい。
このあたりの”前に進んで伸びる感覚”が、もたつくでもなく、パルシブでもなく、二次曲線的に爆発するでもなく
綺麗に伸び上がってく感覚、というのはなかなか(喜)。
c0009160_11263478.jpg



足回りは少し曇る。車体姿勢のため少しイニシャルを固くしていて、それに荷物を載せているから。
でも特に違和感は感じなかった。逆に公道だとこれくらい動かない方が良いのかもな、などと感じたくらい。
c0009160_11474918.jpg





林道。
下からのパワーを出したりしてないので、「林道では使えないだろうな」と思っていた。
荷物積んでD605だもの。WR400Fが相手だもの(笑。
エンジンがねえ、面白い。なんかランツァを思い出させる。いわゆるランツァ走りが楽しい。
ただ、ランツァのような重さも足回りのプアさもトラコンもない所が不思議な感じ。
ツルツルツル~って走ると、タイヤの限界性能と荷物とフラット路面なこともあって、思いの外マッチする。
フルブレーキングは止めて、柔めに走ると、さっきの綺麗に伸びる感にはトラクションも付いてきてるのが
わかった。
いや、面白いもんだ、とメットの中でほくそ笑んでいた。
c0009160_11592717.jpg




不満点は、ある。やはりフロントフォークの剛性にフレームが負けている。
あくまで感覚だけれども、ヘッドパイプ回りにストレスが掛かるように感じた。
この辺は言葉では難しいね。
下りのつづら折りのブレーキングでよく分かる。
バランス、と言う意味では取れてないのだろう。荒れていればもっとキツイと思う。
トルクを出したらさらにキツイか。
c0009160_12281478.jpg




チョットだけマジ走りをしてみたが、中速域が薄いので、上まで回すと今度はタイヤが限界で
「コリャあかん」となった。
どのみち、ピークをもっと下に持ってこないとオフでは使えそうもないや。

なんでこんなに楽観的かというと、まだpwk30はあるし、ボイセンのプロリードもある。
塞いでいるもう一つのランツァのYEISもあるし、エアクリ口はまだ開ける余裕はある。


な~んて、そこまでこのエンジン持つのかしら?それが1番だったりして。
ちなみに、3XPのピストン、ヤマハのオンラインで見たら、ABCではなく、色になってた。
なんだそりゃ?
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-28 13:08 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< グリップ交換 パーツ購入情報      ツーリング後記 装備品 >>