STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 20日

リア廻り DT200R(3ET) YZサス 3XPスイングアーム まとめ

春の3ET作業デー その3


まだまだ下書きです。

最初に。

フロント周りはYZ系列で、エンジンは3XPでまとまっている。ラジエーターも3XPの予定。

リアに関しては、取り付くサスユニットがYZの為、当初、スイングアーム/リンクもYZで
統一しようと思っていた。
レバー比の問題で、混成するとセッティングが素人には手に負えなくなると考えていたからだ。

が、思いの外、リアサスユニットがYZは倒れて付いているようで、3ETの車体には付かない事が判明した。
そのあたりのスッタモンダはブログ本体に書いてあるが、冗長になるのでここには書かない。


リア廻り 3XPスイングアーム YZサス


結局は、YZサスに3XPスイングアーム、3ETリンクユニット+リンクアーム作製、3XPリアブレーキ、
となりました。2016年現在。



1章 リアサスユニット
2章 スイングアーム 
3章 リンク廻り
4章 リアブレーキ ホイール
5章 まとめ



1章 リアサスユニット

1-1 変更目的、及び理由

3XPでYZのサスを入れていたのですが、感触が良かったため、こちらも。
それ以前に補修の問題ですね。 レーサーのサスは基本、たいていのサス屋さんでO/H可能ですから。
3XPの時はセッテングとかせずに吊るしで問題なかったので、大丈夫だろうと思ったら今回は甘かった。
一人乗り設定でユニットストロークが大きく使えるのが1番の魅力。
ただし、残念な事に、2016年現在、というか、すでにソフトスプリングは廃番。
それでもスプリング屋さんに造ってもらう、という手は残っている。
それはもっと先の話だろうね。


もう一つはサブタンクの位置。
3ETは左出しで、キャブを触ろうとすると、まずこれが邪魔。右に出してしまおう、と。
もちろん、3ETのサブタンクをO/Hする時に、ホースを右出しにしてしまうのも手でしょう。




1-2 YZサス 選定

サスユニットで3ETと親和性が高いYZは、86の1LX、87の2HH、88の2VMとなりますが、
86あたりはリアブレーキと連動タイプで、ワイヤーが出ています。
1LX
c0009160_2252020.jpg


2VM
c0009160_2252728.jpg



私が入手したのは2VN。

全長が10mmほど長いだけで、上下の取付穴径は同じ。
ただし、上部と下部の取り付け幅が違っていて、上部は3ETのダンパー付きスリーブに交換しないとダメです。
単品で部品は注文できたはず。
ただし、このスリーブは圧入なので、それなりの設備or工具(工夫)がないときついでしょう。
Φ10mm、l=13mm程度のカラー×2でもおkです。
私はサスのO/H時に、サス屋さんに部品を渡してついでに交換してもらいました。

左:3ET     右:2VN
c0009160_2313392.jpg






1-3:フィッティング

フィッティングに関して。

当然、バッテリーケースはカットになります。
カットする部分は、エアクリ本体とは別体ですが、
エアクリボックスを固定するメンバーとして働いているので、留意してください。
c0009160_2394351.jpg



もう一つはそのボックスを留めるためのフレームステー。
ノーマルのサイドカバーの前部分のボスは不能になります。
c0009160_2463553.jpg




グリスニップル。
スプリングが長くなったため、この辺りが当たるようになる。外して塞げばよいだけ。
c0009160_16182610.jpg




もう一つはサスユニット下部とリンク部との取り付き幅。
3ETよりもYZの方が幅は広いのだが、なんか普通に付いております。
3ETであったかなり広いクリアランスがなくなったと思われますが、
どれいくらい影響があるか今のところわかっておりません。
c0009160_1722747.jpg




1-4  この状態でのセッティングと感想

c0009160_2475637.jpg


と、言っても、この作業をやった時はフロントは既にYZに変わっているため
なんとも基準になる所がない。

スプリング長 265mm       0G   610mm
                  1G'   495mm     (3ET 510mm) 

スプリング長 262mm       1G'   490mm
c0009160_162128.jpg



265mmの方がフィーリングが良い、とか書いてあった(他人事)

YZマニュアルには、引いて100mm前後が正規とは書いてあるが。
あと、サグに関しては色々採寸忘れたり、どこに書いたか分からなくなったりで
ホントかウソかも怪しい。

サス全長が10mm長くなったが、ユニットが柔らかいのかレバー比がYZでない為なのか
はたまたフロントがYZで、少々高くなったためか
足着きはほぼ変わらず、乗り心地もさほど変わらず。
全体的に、メリットってなんだっけ?という感じ。

小さなバンプを超えると、ホップせずにヌリュっと越えていく。

とりあえず、セッティングなので、今後も変わっていきます。
基本寸法の参考程度にして下さい。




2章 スイングアーム


2-1 3ETスイングアーム

3ETスイングアーム、大きな部分で不満はない。長さも強度もお似合いではある。
小さな部分で言えば、
リアキャリパーサポートが旧世代っぽくで大きく重いのと
チェーンガードが古くてスプロケ50Tでは当たりそうになるのとクローズタイプなのが
気に入らない、と言えば気に入らない。
エンドに関しても、タイコ型ではなくボックスの方が整備は楽になる。

元々、「ここまで2VM/YZと親和性が高いなら、足回り全体を交換したほうが、当時のYZの躁安に近づいで楽しいかも」
と思ったのが発端。
ロングスイングアームの効果は3XPや1KTで体感済み。

ただ、結論から言えば、目論んだYZのスイングアームが上手く行かずに、
頭に来て、3XPのスイングアームにしてしまった、というのが本当の所。


2-2 スイングアーム選定

車体の写真を見る限り、2HGあたりから2VMあたりまでは付きそうに見えます。
そのあたりのすったもんだは割愛。
結局残ったのは、3XPスイングアーム。
   左:3XP(DT200WR)          右:3ET(88’DT200R) 
c0009160_17422246.jpg




長さはやはり3XPの方が長いです。チェーンアジャスター分くらいですが。
重さは同等くらいか、3XPの方が少し軽く感じるくらい。
c0009160_174509.jpg




2-3 フィッティング

エンド幅  3ET:219mm    3XP:212mm
結局の所、リアブレーキとスリーブ一式を3XPで揃えてしまえば、エンド幅は問題になりません。
c0009160_17455940.jpg




フロント端のスラストカバーが付いた全体幅は、3ETのスリーブを使えば問題はありません。
エンジンとスイングアームの間にスリーブがむき出しで見えますが、3XPもそうなってます。
問題になるのは単体幅。
3ETの最終的な全体寸法は205mm(個体差あり)。
c0009160_17522240.jpg



3XPはスリーブのない状態の単体で196mm。
つまり、9mm、なんとかすれば良いわけです。
c0009160_17541959.jpg





これはYZに付いているスラストカバー。
スラストベアリングが入っていて、その分、スラストカバーが膨らんでいる。
c0009160_1863878.jpg




YZ 16mm   3ET 10mm
c0009160_1810322.jpg



てなわけで、右にスラストベアリングを入れて、6mm、左はシム調整で強引に3mmで
なんとか辻褄は合います。
ただし、計算はただの純粋な数字で、現実には色々と異物?があるので、
全体寸が205mmになればそれで良しとなります、というかならせてください。
強引なので、右のスラストカバーはシールリップの一段目は乗らなくなります。
c0009160_18124143.jpg





こんな感じで左に寄せてみると、サスユニットとのクリアランスが結構きつい。
c0009160_18222083.jpg





ではリンクはどうなっているか、というと、やはりセンターには入っていない。
c0009160_18272953.jpg





つまり、左3mm+右6mmでも幅は合うが、実際はおそらく、右のみで9mm寄せないとダメなのだろう。
しかし、スラストカバーとリップシールの収まりの関係で、このあたりがバランスか、とも思う。

実は、6mmというのは、3XPにエンジン換装の時に寄せた数字。
3mmと言うのは、おそらくリアドライブシャフトカラーの3ETと3XPの差、だと思われる。
なので、9mm右に寄せた場合、このドライブシャフトカラーを3XPに戻せば、辻褄が合うのではないか
という机上の空論。
・・・・まあ、わからんけど(苦。
     左 3XP         右 3ET
c0009160_18401882.jpg




2-4  感想

色々と実験のために散財したのだが、進んでしまったために、ブレーキとかに被害が拡大して、
かなり疲弊させられた。
その割に見返りはないに等しい。フロントのYZフォークとのバランスが取れたぐらい。

シールリップに乗らないことを気にして、左に3mm寄せたわけだが、
今考えると、右にさらに+3mm寄せても、現在の左のようなリップの乗り方になるわけだから
タイヤセンターの意味だとそっちが正解か。またやり直して書きなおすかな。。。。



3章 リンク廻り


4章 リアブレーキ ホイール


ここで力尽きる・・・。後日加筆。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-20 19:01 | DT200R(3ET) | Comments(2)
Commented by らいおん at 2015-08-16 14:18 x
続報>雨蛙、連れ帰り。
なんだこのフロントブレーキ、ぐにゃぐにゃ・・・
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-4tcbqnxavfw2p7okmytq6gmubi-1001&uniqid=0fddf290-74a3-467d-9e7c-1686e0d43117&viewtype=detail
Commented by 3et3xp at 2015-08-16 16:07
よかった~SRじゃなくて。人ごとながらホッとしました。
良いドナドナ日和のようで羨ましい・・・・。

どうせエア噛みでしょ。Rのマスターならあるんで、程度不明ですが要望あれば
差し上げます。

と、いうか、らいおんさんとタイミングがいつも悪い。
ワタシがKLX稼働させてる時なら、Rの部品がほぼ一台分あったのに。



<< サブチャンバー 整理      ジェッティング変更 >>