STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 21日

KOSO PWK30 比較 検討 その2

左 KOSO PWK30     右 KEIHIN PWK28
c0009160_16394821.jpg



インマニ側。 外径は同じ。
c0009160_16404231.jpg



エアクリ側。これも外径同じ。
c0009160_16405676.jpg



ジェットニードルホルダー(というのか?)の高さ比較。
KEIHIN、と、
c0009160_1641853.jpg




KOSO。
c0009160_164118100.jpg



0.25mmほどKOSOの方が低いか。
ボーリングしただけなら、KOSOの方が高いはずだが、そういうわけではないらしい。。。。
c0009160_16413962.jpg




PWK30、というかPWK29.5(笑)。
加工精度悪いなあ。
c0009160_16412963.jpg



スライドバルブ。
左KOSO    右KEIHIN。
下側の形状が違う。
切り落としのKOSOに対して、KEIHINはテーパーになっていて、
流速を極力、落とさないようにしてるようだ。・・・まあ、多分・・・。
c0009160_1641495.jpg




CA。
左KOSO。  右KEIHIN。
KEIHINは3.5。
KOSOは目視した感じだと、3.0ぐらいかな。
c0009160_16415923.jpg




KOSOキャブにKOSOのスライドバルブをセットすると、
開口部のRとCAは合わない。
写真はないが、このKOSOキャブにKEIHINのスライドバルブをセットすると
綺麗に円弧が合う。
ま、だからといって正解、というわけではないので念のため。
c0009160_16424131.jpg




スライドバルブはKEIHINを使う予定だったが、組んでみると、引っかかって下まで落ちない。
原因はこれ。
画面中央左下あたり、ジャーナルに少し段差があるのがわかるかな?
どうもこのあたりで引っかかる。
c0009160_16422191.jpg





ヤスリで少し頑張ってみたが、、この出っ張りより下も、全て出っ張ってるようで、断念。
あきらめて、スライドバルブだけはKOSOを使うことに。




これはリターンスプリング。
KOSOの方が短い。そもそもこのKEIHINは4st用だったので、KEIHINは強化されているのだろう。
多分な。
c0009160_1643079.jpg





MJホルダー。
左KOSO      右KEIHIN。
全然違いますやん。
「PWK完全互換」ってウソでしたね。
ホルダーごとKEIHINをKOSOに取り付けます。
PJは流石に同じ形状でした。
c0009160_16431066.jpg





リセッティングはせず、KEIHINをそのまま移行の形で車体に取り付け。

あんまかわらんか、と思ったが、下のトルクは少しあがった、かな。
ただし、スロットルの作動性の悪さが、かなり気になるな。


実走テストは後日。ゆっくりやります。
まあ、3000円で、ガスケットとかCリングとか、補修部品セットを買ったようなもんになったな。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-21 16:43 | DT200R(3ET) | Comments(2)
Commented by らいおん at 2016-02-21 20:15 x
結局、なにかいじっていないと耐えられなくなる・・・・。
さらにそれに無駄遣いとか、銭失いとかが多重に重なるわたしは・・・悲しいです。
Commented by 3et3xp at 2016-02-21 23:00
あたしはどちらかというと、部屋の整理のためにゴミをまとめている、みたいな・・・。
この二年ほど、体調が悪かったので、宿題が溜まっていた、とも。

またホイールですか・・・。
まあ、気持ちは分かるんで、なんとも、、、ですなハハハ・・・・・・



<< PWK30 第一感      kdx220r エンジン組み... >>