STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 21日

3ET PWK30 キャブセッティング変更

写真はないな。ただの交換作業。
どうせ3日経つとすっかり忘れてしまうので、今のうちに必死になって無駄に詳細に書いたりしてます。


スライドバルブ/CAをPWK純正の3.5に変えたら、超絶に調子悪くなった。
アイドリングが脈動して不安定になって、エンジンが壊れそうな音になった。
PJを結果#65から#60、#55、#52まで落としたが全く症状が変わらない。
PASをいじっても全く症状変わらず。

強引に動き出させるとフィーリングはすこぶる良いのが困ったところなんだが・・・。


本来、このスライドバルブ、中華PWK30には入らなくて、少々ボディの方を削って納めてる状態。
あまりにも変なので、その辺を疑って中華PWKに元々付いていたCA3.0に変えるとピタリと収まった。

ニードルを太くしたのは当たりだったようだ。出だしの不正爆発は消えた。
ただ、やっぱ3.5のようなオフ車らしい低中速のフィーリングは弱い方に戻った。
スムーズに回転が上がるので、住宅街では使いやすいのだが。

う~ん、PWK28純正に戻すかなあ・・・ぶっちゃけ30も28もさほど変わらんのだよなあ。
ビミョーなままアレコレ変えたので、印象も変わるかもしれん。

でも悔しい・・・笑。




[PR]

by 3et3xp | 2016-08-21 17:07 | DT200R(3ET) | Comments(2)
Commented by らいおん at 2016-08-21 21:37 x
なんかこう・・・・前記事含め、非常に疲れる感じが、どっかの伊豆のGGEのコピーみたいな orz。
Commented by 3et3xp at 2016-08-21 22:15
汗ダラダラで作業しているせいでしょうかね(笑。

一回交換したら、部屋に入って汗を拭って休憩して、また・・・という感じでした。
まあ、確かに疲れましたよ。



<< 雑記あつかい      エンジン キャブ DT200R... >>