winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 30日

ツーリング後記

ちょっとデジカメの様子を見に夜散歩。

おお、やっぱ夜に強そうだな。フラッシュ無しですわ。
手ぶれ補正はどうなっているのかな?
c0009160_23525621.jpg



これもフラッシュ無し。
c0009160_23523145.jpg



フラッシュの光量がLUMIXよりも高い。
c0009160_23550093.jpg




でかくて重いのは気に食わんが、まあ、それなりに・・・と言うところです。




さて、ツーリング後記。

バイクの話はないです。


タープとテント。

テントはそのままで良さそうだ。秋口でも、手持ちの450g羽毛シュラフならメッシュでも十分だろう。
ただ、メッシュらしい開放感は味わえなかった。それはタープの張り方だろうな。
c0009160_13201251.jpg


収納はビビィと同じか小さいくらい。
出すのめんどいから、比較写真はないが。
撤収もこのテントの方が楽なんで、ビビィはお蔵入り、となる。(どうしたもんか・・・・)




タープは難しいねぇ。
評価では防水十分と書いてあったが、帰ってきて水を貯めてみると、やっぱ染み出す。
c0009160_13234262.jpg



やっぱダメなんだろうなあ、中華製は。裏打ちの銀シートが重量を増してるようにも思える。
で、ちゃんとしたやつ。やっぱ高い。3m×3mの同サイズで17000円。675g。
裏打ちがないので軽い。
あっちは3000円で950gだった。


そして変な事を考える。
自作すりゃいいじゃん。 

と、思ったが、端部処理がワカラン。ミシンもなければアイロンもない、という貧乏暮し。
ま、やるなら買いますけどね。


このテント、実はフライがついている。
あたしが持ってるDUNLOPのツーリングテントと同じ形(だから買ったわけだが)。
が、これだとビビィ的な開放感は味わえない。
c0009160_00204650.jpg



ちゃんとしたタープを頑張って買って、ポールを2本くらい持っていくかなあ。
c0009160_15570619.jpg



テントとタープについてはそのくらい。




コット。

床の小さなうねりが全く気にならなくなるのは、ものすごく良いのだが、
いかんせん、幅が狭くて寝づらい・・・・。
設営も撤収も結構めんどくさい。
ハゲの家に方形のマットがあるから、それでちょっと試しててみるかなぁ。
c0009160_13555487.jpg

うちのサーマレストはprolite R で460g。27×10cm
サーマレストのインフレータブルで方形はない。他社のならあるが、重い。

てなわけで、幅の広いマットでカバー、はちょっと断念してコットの方。

中華コットの幅が580mmで、1.6kg。
本物はラージサイズ、と言うものがある。
幅が660mmで1.36kg。ただし、38800円。収納は若干大きい。





も一つ目線を変えて

エアマット。350gで23×10cm。 ただし25000円。


いわゆるエアマット。
極初期にビーチマットを使っていたが、ぶわんぶわんしてとても眠れる代物ではなかったのを記憶している。

c0009160_00561681.jpg





大きなコットでさえ寝にくいかもしれないし、エアーマットは地面のうねりを吸収しないかもしれない。
値段の件もあるし、これはペンディング、かな。
もしかしたら、どっちかを「えいやっ」と、買うかもしれない。





イス

足が細くて、地面が柔らかいと、めり込むのは読めなかった。
c0009160_17125903.jpg




そんで、見つけたのがこいつの違うバージョン。
というか、本物。
まあ、お高いわね。12960円。
これだと地面にはめり込まないし、パッケージも少し小さくなる。
が、こいつは先代のダメ人間製造あぐらイスの系統。
さらに、岩場ではどうなの?と思っている。

c0009160_01111632.jpg





ま~こんくらいか。
キャンプ装備沼、に落ちかかっている気がする。

ただ、装備を新調すると、モチベーションが上がって、無理してでも野宿に行きたくなるのは良いことだろうね。
実はこっそりとコッヘルを、
パンはテフロン、メシはアルマイト、最後はチタン、の混成を検討していたりした。
それはあまりにもヒドい、と思ったので、考えるのをやめた。

[PR]

by 3et3xp | 2017-06-30 01:20 | ツーリング | Comments(5)
Commented by らいおん at 2017-06-30 23:03 x
https://www.youtube.com/watch?v=rJ3lr7SuA4A&t=303s
収納してもでかいな、と思ったがタープも含むと思えばどうだろうか。
Commented by 3et3xp at 2017-07-01 01:21
どうだろうか?と言われても、即答で、「ない」です(笑。
普通な4人用テントの方が居住性も積載も良いでしょうねぇ。
以前、らいおんさんが探してきたサンシェードの方がまだ脈あり、でしょうか。

家庭問題が落ち着いたら、遊びに行けるといいですね。
そのための前準備、ですかかしら?
Commented by 黒豚 at 2017-07-01 01:58 x
お二人のやり取りが面白い。

私はキャビンを借りてしまおうと考えているダメ人間です。
Commented by 3et3xp at 2017-07-01 02:32
何が?(笑

あ、それは良いと思います!。
多人数で行くなら、ホテルよりもキャンプ場よりも自由なので、走りメインなら絶対良いですね。
予約とかが面倒ですけど、割りと安上がりだったと思います。

ま、やったことはないんですけどねっ!
Commented by らいおんw at 2017-07-01 08:40 x
いやいやw。

昔(大昔)、愛知県・長野県境の茶臼山というのが、いやもちろん今もあるんだが~。
そこに売木村の小さな施設があって、8畳くらいの室(ひと部屋、一戸しかない)を数百円(もち、覚えていない)で借りきれる。
鳥見に岡崎市の鳥仲間と、時々借りて泊まったが。
調べたら周りにキャンプ場とかできちゃって、そういうのと競合しないように廃止されたようだ。
周りになんにもなくって良いところだったけどな。
そういう施設を探せるとクマよけ無用だな。

鹿と戦ったばかりだが、クマはいやだなw。


<< 熊よけ      自作? 振り分けサイドバッグ >>