STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 16日

整備 キャブ 色々と変更

時系列は無視して枕にしよう。


チャリのパンク修理。
c0009160_16055986.jpg

そうか・・・・ディープリムは口金の高さ指定があったのだった。
買ったのは36mm。ちゃんちゃん。
チャリは鬱陶しい。表記がインチだったり英式とかハンドル太さも種類あったり。
昔のメーカー伝統の名残を引きずり過ぎだと思うよ。
整備も微調整微調整で、毎回、「クソが!」とか思いつつ、触っている。
c0009160_16061276.jpg



さて、キャブ調整。
もう少し、KDXやWR-Fのフィーリングに寄せたい。
もう少しだけね。


プラグチェック。
ふむ、悪くない。薄いかと思っていたが、ちょうどよいくらいだった。
おそらく、メインは良いところにあるんだろう。燃費も良かったしね。
ただし、開け閉めを激しくするとかなり悪くなるようだ。ま、当然か。
c0009160_16242917.jpg



ハーネスからチリチリ音がするのかなあ?失火のようにも聞こえるんだが。
とりあえずIGコイル交換は後にして、自作で怪しいハーネスをチェック。
ちょっとスケベ心を出して、短くしすぎたのが敗因かな(苦笑。
c0009160_16345265.jpg




IGコイルのアースチェックがてらストリップに。

な~んか変な吹返しがあるなぁ。
フロートガスケットだったら逆に安心なんだけど・・・・。
とりあえず、キャブの取り付けを慎重にやってみるか。
c0009160_16285242.jpg



さてこれは?
左が正規KEIHINの3.0スライドバルブ。 右がKOSOの表記なしの買った時に付いていたスライドバルブ。
KEIHINは下がテーパーになっているのがわかるかな?
c0009160_16161179.jpg



KOSOのは、KEIHIN3.5から想像して、3.0だとずうっと思っていたが、どうやら2.5相当のようだ。
c0009160_16160951.jpg



1/8~1/4開度あたりの小さな引っ掛かりが気になって、テーパーのある正規品にしてみようと思って3.0を注文したら、
付けていたKOSOのは2.5だった、というオチ。
c0009160_16200552.jpg




それはそれで、3.0に変更。
そして、止せばいいのにPJを#48に。
この時期にチョークを引かないと始動しないのはおかしいので。
ただ、PJを上げると、ますますPASが効かなくなる、という。
そして、ダメでした。PJが大きい時の症状が出た。
c0009160_16333871.jpg



このあたりでチャリのチューブがやってきたので、こっちは終了してチャリのパンク修理、となりました。

どうも、素直に行けないなあ。今までのどのバイクよりも不確定材料が多すぎる。

[PR]

by 3et3xp | 2017-07-16 17:00 | DT200R(3ET) | Comments(0)


<< シート地張替え      Mオイル交換 洗車 >>