winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:DT200R(3ET)( 238 )


2016年 03月 03日

エアクリ関係 セカンドYEIS か?

今日の作業は、こっちがメイン。


これは・・・?
c0009160_23384252.jpg




今回の作業で、3ETのエアクリーナーエレメントを改めて見ると、やっぱ小さい・・・・。
かといって、3XPのBOXはおそらくかなり形状が違うのと、CDIをBOX右に移設しているので
ちょっとその作業はやる気が無い。

幸い?、うちのダクトは4TPのを使っているので、YEISが付いていた穴が残っているわけだ。

そこで、

これ、とか
c0009160_2343168.jpg




これ、が付かないか?付いたとして、どうだ?という検証作業。
c0009160_23441798.jpg



口径が25mmなので、一般的なペットボトルでは小さい。
てなわけで、100均ショップで使えそうな物を買ってきたわけ。



靴磨きは、良さそうだったが、口がスポンジになっていてダメだった(世間知らず)。
なので、コレのネジ山を削って取り付けます。
邪魔なのはご愛嬌。
容量300cc。わかりやし~。
c0009160_23481923.jpg




ちょいと、ひとっ走り・・・・・・・・・。


ああ、悪くない。下のツキとトルクが一回りぐらい違う。
やはり、これくらいのBOX容量が3XPエンジンの正規なのだろうな。


けれど、高速の一定スピードで走ると、なんか変な感じがする。
容量を使い果たすのと、パワージェットの効果が小さくなるからだろうか?

で、感想は?、というと、
これは運転が荒くなる。林道で中速域をバフバフ使うには良い感じになったが、
市街地でも、なんかその辺を使いたくなって、荒い運転になってしまう。
こんな方向性でいいのか?というのが率直な感想。



70°ぐらいのエルボーと250ccくらいの何かを組み合わせてセットするのが
正式なやり方だろう。まあ、100円のお試し、と言う事で。




リードバルブを替える時は、プラグを新品にするのを忘れないようにしないとな。
まだちょっとPJが大きいような気がする。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-03 00:06 | DT200R(3ET) | Comments(3)
2016年 03月 02日

エアクリ交換

検索のためのエントリー

朽ちていたため、エアクリ交換。
TwinAir  Dirt bike plus にて 3694円。

フィルターオイルがなくなるまではこの銘柄だな、こりゃ。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-02 23:33 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 28日

PWK30 セッティング前段

最近、腕時計をするようになった。

左利きで、邪魔だったので、学生の頃からはめたことがなかったが、
携帯を取り出すのが辛くなって、試しに買ってみたのだが、
割りと便利で気に入ったりしている。

CASIO 腕時計 SPORTS GEAR スポーツギア W-734J-2AJF 2000円。
西暦が入るのはこいつくらい(右上の窓に2016と表示される)
腕を傾けると自動で光る機能(時間が経つとオフになる)と時報が思いの外、便利。
ただし、樹脂ガラスなので、簡単に傷が入るのと(3度ほど研ぎ直した)、
携帯に慣れた身からすると一日1秒ほどの時間のズレが気になる。
c0009160_19161979.jpg





そんな枕。

キャブをセットしてシートを載せる前にエアクリを見ると汚れていた。
清掃しようと、、、あれ?
c0009160_19205915.jpg




例の朽ち果てパターン。
c0009160_19214386.jpg





しょうがない。
ダートバイクプラスに発注。
10000円以上で送料無料なので、仕方なくリードバルブとスプリングフックも。
ダートバイクプラスさんはモトレックスは売ってなかった。クーラントも品切れ中。



明日から、チャリ通勤か・・・・・ハァ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-28 19:23 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 27日

PWK30 修正

PASが効かないのと、アクセルが少し重い感じがしているので、その辺の調整。

タンクの塗装はもうだめだな。地金からの点サビが浮き出ている。
塗り直したのは、2007年の2月のようだ。
つことは9年か。素人塗装ではよく持った方かな・・・・・・。
c0009160_21245519.jpg





さて。

段差があって、PWK28のスライドバルブがはまらなかった件。
c0009160_2128192.jpg





奥深い部分なので、リューターのエクステンションとビット購入。2000円位か。
c0009160_21351775.jpg




段差の所ぐらいで済むかと思ったが、結構、削った。
c0009160_21363072.jpg




最後にオイルストンで均して、まあ、こんなもんか、と。
c0009160_2138237.jpg





KOSOのPWK30にKEIHINのPWK28のCA3.5のスライドバルブを挿入。
まあ、CA3.0と3.5が手に入ったので、入れ替えてみるのも可能になった、ぐらい。
c0009160_21412479.jpg





こっちがPWK30とCA3.0
c0009160_21433561.jpg


これがPWK30とCA3.5。
あんま変わらんかな?
c0009160_21442479.jpg




ついでにPJを65から62に変更。



それにしてもこのデジカメ、もう駄目だな。曇りが取れない。ケータイのカメラの方が綺麗だという。
景色を撮るには広角は良いものだが、この手のブログの説明には向いてない。
かといって、気に入った代替機種はないんだな、これが。

RICOHのWG-30のデザインがもっとすっきりしてればなあ。
c0009160_21543312.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2016-02-27 22:01 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 24日

PWK30 第一感

期間限定のオトナハイチュウが旨い。
オレンジピール(みたいな何か)が、噛み心地に良いアクセントになっている。
オレンジとミルクの風味もなかなか。
期間限定なので、大人買いをすべきか、などと・・・。
c0009160_0371683.jpg




PWK30交換後の雑記です。

写真はないわな、流石に。

0階度から1/8開度への固定で、不整爆発が起きる。
前が詰まっている時に、スタートするも、15km/h程度でのろのろに進む時ですね。

いじわるして、ローのまま、不整爆発させたまま、いじめて楽しんだり。


ただ、このバイクは超ハイスロなので、その辺を強引に飛び越して使うことは可能だったりする。
つか、ちょっと気を乗せて走ると、たいてい飛び越してしまうので、現状、乗れないこともない。


そこからの上は綺麗に回っていく感じはあるので、MJはこれでよいか、と。

PASの戻し回転数の見当がつかないため、走りながら色々クリクリしたりしている。

そんなとこかなぁ。

少しレスポンスが悪くなったので、「やっぱリードバルブ替えるかぁ」というのが第一感。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-24 00:51 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 21日

KOSO PWK30 比較 検討 その2

左 KOSO PWK30     右 KEIHIN PWK28
c0009160_16394821.jpg



インマニ側。 外径は同じ。
c0009160_16404231.jpg



エアクリ側。これも外径同じ。
c0009160_16405676.jpg



ジェットニードルホルダー(というのか?)の高さ比較。
KEIHIN、と、
c0009160_1641853.jpg




KOSO。
c0009160_164118100.jpg



0.25mmほどKOSOの方が低いか。
ボーリングしただけなら、KOSOの方が高いはずだが、そういうわけではないらしい。。。。
c0009160_16413962.jpg




PWK30、というかPWK29.5(笑)。
加工精度悪いなあ。
c0009160_16412963.jpg



スライドバルブ。
左KOSO    右KEIHIN。
下側の形状が違う。
切り落としのKOSOに対して、KEIHINはテーパーになっていて、
流速を極力、落とさないようにしてるようだ。・・・まあ、多分・・・。
c0009160_1641495.jpg




CA。
左KOSO。  右KEIHIN。
KEIHINは3.5。
KOSOは目視した感じだと、3.0ぐらいかな。
c0009160_16415923.jpg




KOSOキャブにKOSOのスライドバルブをセットすると、
開口部のRとCAは合わない。
写真はないが、このKOSOキャブにKEIHINのスライドバルブをセットすると
綺麗に円弧が合う。
ま、だからといって正解、というわけではないので念のため。
c0009160_16424131.jpg




スライドバルブはKEIHINを使う予定だったが、組んでみると、引っかかって下まで落ちない。
原因はこれ。
画面中央左下あたり、ジャーナルに少し段差があるのがわかるかな?
どうもこのあたりで引っかかる。
c0009160_16422191.jpg





ヤスリで少し頑張ってみたが、、この出っ張りより下も、全て出っ張ってるようで、断念。
あきらめて、スライドバルブだけはKOSOを使うことに。




これはリターンスプリング。
KOSOの方が短い。そもそもこのKEIHINは4st用だったので、KEIHINは強化されているのだろう。
多分な。
c0009160_1643079.jpg





MJホルダー。
左KOSO      右KEIHIN。
全然違いますやん。
「PWK完全互換」ってウソでしたね。
ホルダーごとKEIHINをKOSOに取り付けます。
PJは流石に同じ形状でした。
c0009160_16431066.jpg





リセッティングはせず、KEIHINをそのまま移行の形で車体に取り付け。

あんまかわらんか、と思ったが、下のトルクは少しあがった、かな。
ただし、スロットルの作動性の悪さが、かなり気になるな。


実走テストは後日。ゆっくりやります。
まあ、3000円で、ガスケットとかCリングとか、補修部品セットを買ったようなもんになったな。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-21 16:43 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2016年 02月 13日

PWK30 KOSO

KOSO製 PWK30。 

OKOもありますが、PWKのコピーのKOSO、そのコピーのOKO、という図式のようなので
金型がくたびれてない(?)KOSOを選んでみました。


3980円。Amazonにて
c0009160_21495773.jpg




作業は明日にして、本日は品物のチェックのみ。



先ずは残念なこと。
Amazonさんの梱包は問題無いですが、それ以前に潰されてたのでしょう。
アイドリングスクリュウが曲がってます。
c0009160_21525781.jpg




手持ちで何かあれば良いのだけど・・・。
ちな、PWK28はプラ製で、おそらくピッチが違うでしょうね。
c0009160_21542378.jpg




付いてくる意味が全くわからないおまけパーツ。
番号無記名のジェットとアダプター。
c0009160_21553669.jpg




んでは、バラバラに説明。


商品写真ではなかったパワージェットがついていた。
写真右の下から上に繋がるパイプの事ね。
セッティングにどう関わるか不明なので、それはこれから。
c0009160_21573069.jpg




エンジン側。
こっちはボーリングしてたっけ?28と比較実測しないと。
表面はまあまあか。
c0009160_2204566.jpg




もちょっと目の細かいヤスリを使えばいいのに・・・・。
あちこちこの手のキズがあります。
c0009160_221055.jpg




エアクリ側。
OKOのこの部分の写真があったのですが、ボーリングしっぱなしの肌のように見えたので、
こっちを選んだんですが。
まあ、ましですね。
c0009160_2211196.jpg




が、この開口部3つが切りっぱなしで、バリがひどい。
c0009160_2212214.jpg




気になっていたCA(カッタウェイ)。
1mm分だけ隙間が見えてるような・・・・。
これも比較写真で見てみないと。
c0009160_2213443.jpg






トップはストレート。ゴム付きで安心。
実写は、ここから少し吹き返していて、汚い。
c0009160_2214415.jpg





ミラーバルブ(笑。 チャイナ製にありがちなメッキの厚さとかは良さそうだが、
表面が波打ってる。わかるかなあ?
c0009160_2215447.jpg





メインノズルの高さ。
ボアアップしてるということは、この高さも変わっているはずだが・・・
これも比較してみないと。
c0009160_222767.jpg




なんか色々とアルミカスが飛んでる。
フロートチャンバーはもっとひどかった。
c0009160_222171.jpg



一番困ったのはコレ。
フロートニードル経路。
横穴を開けた時のドリルのバリが出てる。
c0009160_2222717.jpg




横穴、ってーのはこれね。
つか、これ純正にあったっけ?
c0009160_2223751.jpg






で、明日、天気と体調が良ければ、作業します。
枕を新調したので、今日の夜は賭けです笑。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-13 22:27 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2015年 09月 28日

リアリンクプレート 変更 サスセッティング変更

イージーライダーを観てしまった。
これを観ると野宿したくなるんだよなぁ・・・。
2015年、今だと、ビビィがなぜ出てきたのかよく分かるね。


DT200R、リアサス回り設定変更。

どうにもデジカメの調子が悪い。
オートのホワイトバランスが壊れてるのかレンズにカビ生えてるのか何なのか?


左が140mm、右が150mm。
140mmで試してみてましたが、車体姿勢が上手く決まらなかったため、長めに替えます。
c0009160_14312651.jpg




あ。これはついでに撮ったスイングアーム交換の記事のためのもの。
スイングアームの左アームとサスユニットとのクリアランス。
c0009160_14314624.jpg



当たってはいませんが割りとギリです。
ピポットシャフトに入れている幅合わせ兼用のスラストベアリングを左を外した方が良いかもしれませんが
そうすると右のスラストカバーの処理が怪しくなるので、目をつむってこのまま。
c0009160_14315630.jpg



いろいろ考えたが分からない、このナゾの偏心。
計算と一切合わないんだよねえ。
スイングアームをエンジンと同じ6mm左にずらすと、上の写真のサスユニットが完全に当たってしまうという。
確かにリンクアームは偏心してるのだけれども、サスユニットはセンターから出ているという。
c0009160_1444792.jpg



スイングアーム側の受けは3ETも3XPもセンターに来てるようなので、なんともワカラン、というのが
正直な所。
ただし、ちゃんと動いているので、あんま考えても仕方ないかな~とか。
スイングアームは車体中心合わせで、チェーンラインだけエンジンからの寸法に沿わせる考えにしております。
タイヤライン重視、て事です。

スプリングの0Gとかまだ計測しておりません。も少し試さないと。
セッティングは伸び圧とも7クリック掛けでなんとか。
バンプを超えるとまだスプリングの特性が出て、お釣りが来るのを止めたい。
ソフトスプリングがあれば良いんだけど、もうとっくに廃番だし。
リアサスもオーバーホール時期かなあ、などと。
[PR]

by 3et3xp | 2015-09-28 15:02 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2015年 09月 12日

クラッチ交換 Fブレーキマスター WR400F用へ ホースを社外メッシュへ

結構大きな地震があったようで、良い目覚ましになりました。
P波があるとわりかし「大きくないな」などと思ってしまいますが、
3.11だっけ?の余波の時は、いきなり「ドスン」と来て、その時はさすがにビビりましたよ。

どうでもいいけど、地震が始まっても、なんとなく「この先どうなるんだろう?」とか
思って、ぼんやり揺れに任されてたりします。
慌てた外に出ても、家屋の倒壊に巻き込まれるだけだし、身一つというのもどうなんでしょうね。

今年は野宿ツーリングは取り止めになりました。去年はモヒカンだったけど、今年はハゲがダメだった。
とすると来年はオレだろうな・・・・。

ま、ソロツーリングでも考えております。10月半ばくらいです。富山の方ですが、一緒に行きますか?
一応、誘っときます。緑のバイクの本領発揮かもしれないですね。


どっちのバイクで行くにしても、前準備だけ(えらい長い枕だな)、

3ET、クラッチ交換とFマスター変更と社外ホースへ交換です。

クラッチ交換。といってもスチールプレートのみ。
DRCのセットは、80ドルくらいだが、日本に来ると18000になるので却下しました。
プレートベアリングも交換。これはおまじないみたいなものです。
オイルポンプがないから楽だわ~いやまじで。
リリースレバーが後期型なのか不明。そんなに重くないんで現状維持。
スプリングはニューフレンの強化型に変更済み。
ジャダーストップリングは組んだまま。
c0009160_18582084.jpg




手に入れたWR400Fのフロントブレーキマスター。レバーが曲がっているので入札少なめで
1110円プラス送料。
どちらかというと、WR400Fと共用させて簡単にすること。
WR400Fのタッチが好きなので、これでタッチが悪ければキャリパーだという指針になる、くらい。
c0009160_18581053.jpg




社外メッシュホース。1400mm。2380円プラス送料。
c0009160_18583235.jpg



カシメ部。バンジョー部分、組んで送ってくるのかと思いきや、ユルユルでした。
知らない人、買って大丈夫かなあ?。
c0009160_18584491.jpg




アクセルホルダーとのクライアランスが割りとギリ。
3ET純正のホルダーだと付かない、と判断したほうが良いでしょうね、かなり追いやられるから。
c0009160_18585847.jpg




20°のバンジョーしか売ってなくて、「ま、いっか」と思いましたが、残念なことに。
c0009160_1859568.jpg



長さの都合で、こっちも残念な事に。正規の角度で止めるとホースが変に曲がります。
c0009160_19254699.jpg




こういう時は、シリンジ(注射器)が良いですよ。最初に下からフルードを押し上げると
ホースとマスター回りのエアが簡単に抜けて、かなり作業が楽になります。
まあ、ワンウェイバルブでブリーダー自作したほうが良いのかな?好きにしてちょ。



作業メモ

ピストンは交換したいが、シリンダー壁面を見るのが怖くて怯えているという・・・。
OKOの30Φキャブが先かリードバルブが先か悩み中。
チェーンスライダーは現状、YZのものを削って無理くりつけているが、そろそろ・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2015-09-12 19:35 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2015年 09月 03日

Fブレーキ スイッチとかホースとか雑談

雨ばっか降ってブレーキ周りが何もできん。

短いホースはさすがに不安なので、社外のメッシュホースを購入。
YZの純正パーツでも、と思い価格を調べたら、8000円とか。。。。

どうでもいいが、あの定番のバンジョーが赤と青のはなんなんだ?
ホース端部のカシメ金具のカシメ具合が怪しいのはパスして、入札。


あとはブレーキスイッチ。実はかねてから?言っていたWR400Fのストレートプッシュタイプの
マスターを手に入れてたりする。

KLX-Rのタッチも、ちゃんと整備してみたらそんなに悪くなかった。
初期のタッチは立ち上がりが早くて問題ないが(ただし、フィードバックはぼんやりしている)、
奥に行ってもレバーからの反発が割りと一定で弱く、最終までのストロークも長い。
その辺がグニョグニョしてる、と言われる所以だろう。

マスターピストンのスプリングが弱っているか、まだエアが噛んでいるか、かもしれん。
どのみち雨だしWR400Fに替えるしでこれはこれで終了。


ブレーキスイッチはカワサキ純正が高いので、amazonで買おうとしたら、送料が高かった


オムロン マイクロスイッチ

この辺のDC12V以上で探せばいいのだが、残念、目がアレで見る気がしない。
・・・・・・・アキバの秋月に行かないといけないかもな、現物確認したいし。

そんな雑談。
[PR]

by 3et3xp | 2015-09-03 23:54 | DT200R(3ET) | Comments(0)