STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:DT200R(3ET)( 242 )


2016年 03月 06日

キャブ ジェッティング

なんだか天気が冴えない。
PJを#68へ変更する作業だけにしておきます。


ちょっと荒々しいなあ。
トルクはよく出ているけれど、こういう出かたは好みでない。
こういうのって、変にはしゃいだ乗り方になるので、燃費とかも落ちるんだよなあ。
生きの良さを取るなら65で、ジェントルさを取るなら62か。



PJをどこに持って行っても、下でボコつく(0~1/4の範囲でその他の変更で動く)ので、
やりたくないが、ニードルの変更を手配します。


現状、N68A。吊るしの番手。
こいつの摩耗が激しいのはニードルの上側、クリップ溝の下辺り一帯。
こいつも何年使ってんだ、というレベルのモノなので、アレかもね・・・。
c0009160_16581881.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2016-03-06 17:14 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 03月 05日

リードバルブ交換 プラグ交換

ほんとはサブチャンバーでのセッティングを決めてからリードバルブを交換するのが、筋だが、
「まあ、なんとかなるか」などと、いつもの高くくりで始める。


3ETのキャブまとめの追記がそろそろ必要かな。
とは言っても、YZタンクを取り付けるとなると、ホントのYEISが当たって使えないので、
その辺の作業も出てくるっちゃー出てくる。


作業開始。



と、・・・。
グリグリやっていたために、裂けていた。いつどこでどう手に入れたのか記憶なし。
ちょっと我慢しててくれい。
c0009160_18284687.jpg





BOYESEN パワーリード BO-PWR-609  dirtbikeplusにて 5832円。
当然、3XP用です。
c0009160_18314174.jpg






裏表はなさそうです。最初の頃、わざわざリードストッパーをつけていた黒歴史を思い出した。
c0009160_18322432.jpg




PJを#62から#60へ変更。
経験上、パワーリードに替えると、PJの番手を一つ上げるのだが、現状、なんか大きすぎる感があったので、
二番下げる勢いのところを一番下げて辻褄を合わせる、という目論見。
c0009160_18342477.jpg




そしてプラグ交換。
8EIXから8EIXへ。現状維持。まだ寒いからね。
結構薄めのきつね色。
個人的な考えだけど、高速走ってコレなら良いが、街乗りでコレでは高速でちょっと不安に感じる。
なので、もう少し黒い方が安心する。
プラグ単体で見れば、悪くない焼き加減だと思うけど・・・・・。
c0009160_18381731.jpg





止せばいいのに、さらにサブチャンバーの容量変更。300cc。
400ccは良かったが、収まりが悪いので、300cc。
容量については、これでFIXします。
黒く塗って、アルミシートをエンジン側に貼って、固定用のバンドステーを作る、ぐらいかな。
c0009160_18481575.jpg






さて試乗。
走りは問題ない。400ccと遜色ないかな。
が、あいかわらず下でボコつく。
う~ん、これはやっぱりニードルプロファイルを変えるか、ニードルジェット(キャブ側のホルダ)の
KOSOとの大きさチェックをやらないとかなぁ?

エンジンが温まると、アイドリングしなくなった。PASを締め込むと止まる。
明日はPJを思い切り上に振ってみるか。


とりあえず、キャブ周りの仕様は

KOSO製PWK30 
3XP用BOYSENパワーリードバルブ
4TP用インマニ+3ET用YEIS
4TP用ボックスジョイント
300ccサブチャンバー
3ET純正エアクリーナーボックス
4TP用エアクリーナーエレメントホルダ

となる。
いつかインマニが3XP用に変更になるかもしれない。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-05 19:06 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2016年 03月 05日

サブチャンバー 検討 その3 くらい

この異物がついてる感が気に入らない。
が、その性能には惹かれる。

さ、て、・・・・・・・。



さすがにあの筒型の形状では納まりが悪いので、もちょっと物色。


こんな形かなあ?これなら、チョークに手が届く。
まずは250cc。
c0009160_0393192.jpg



まあ、こんなもんかな。ぐらいのフィーリング。



実は、YEIS、ホースがキモだという話。SDRのコミュニティは、このあたりの解析が
かなり進んでおります。あの人達はレースメインなので、本気度も技術度も桁が違う(笑。

120MHzとか308ccとか500ccとかなんとか・・・。


なので、前回の直付け300ccからホース付にして、少し大きく振って、400cc。
c0009160_05112100.jpg





当たりでした。
極下は出て、そこから落ちて、中速前からまた盛り上がっていく感じ。
排気量が上がった感がある。
林道でも十分だろう。

面白いことに、下でぐずっていた所が少し上に来た。
あと、アイドリングが上がった。


う~ん、見てくれは悪いが、これはなかなか捨てきれない。


う~ん、う~ん、う~ん・・・・・・。
こんなカッコの悪いもの、付けたくないが付けたい・・・。



明日、晴れたらリードバルブの交換です。
まあ、それで出発点に立つわけです。今までは前段。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-05 01:02 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 03月 04日

サブチャンバー、とでも呼べば良いのか

正式なYEISは、エンジンとキャブの間にあるやつで、
あたしのやってるコレは、エアクリのサブチャンバー。
だがしかし、付けてみると、YEISっぽい効果を見せるので、「もどき」とか呼んでいる。



ジョイントには、PVCパイプのエルボーでも、と考えていたが、
手元にあったラジエーターホースを触ってみると、「これでもいけるか?」などと。



太さと硬さと角度も良い感じ。
どのバイクのどこ?とか聞かないで ><
c0009160_948289.jpg




強引にねじ込むくらいの太さ。
c0009160_9481773.jpg




きちんと納まる。
リアサスサブタンクのステーの方がよっぽど出っ張ってる。
c0009160_9483389.jpg




キャブ側に、口の逃げがあるので、パイプの方も少し切り込んで合わせてやる。
実は、これを開放して走ったことがあるが、なんの効果もなかった。
エアクリ開口部の足しになるかと思ったが、こっちの方からメインに吸ってしまって
意味がなかったのだろう。
c0009160_9484920.jpg





今回は250ccのコレ。100円の液体洗剤。
c0009160_9491144.jpg




こんな感じかな。
c0009160_9492443.jpg




上から見ても納まっているが、固定が難しい。
バンドで適当に吊るしたが、チョークが引きづらくなった(笑。
c0009160_9493620.jpg






走ってみた。



あ、これは良い。
大きくトルクが出る場所が、少し上になった。
レスポンスも少し向上した。
これなら街乗りでも使える。

次は収まり方を考えます。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-04 10:08 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2016年 03月 03日

エアクリ関係 セカンドYEIS か?

今日の作業は、こっちがメイン。


これは・・・?
c0009160_23384252.jpg




今回の作業で、3ETのエアクリーナーエレメントを改めて見ると、やっぱ小さい・・・・。
かといって、3XPのBOXはおそらくかなり形状が違うのと、CDIをBOX右に移設しているので
ちょっとその作業はやる気が無い。

幸い?、うちのダクトは4TPのを使っているので、YEISが付いていた穴が残っているわけだ。

そこで、

これ、とか
c0009160_2343168.jpg




これ、が付かないか?付いたとして、どうだ?という検証作業。
c0009160_23441798.jpg



口径が25mmなので、一般的なペットボトルでは小さい。
てなわけで、100均ショップで使えそうな物を買ってきたわけ。



靴磨きは、良さそうだったが、口がスポンジになっていてダメだった(世間知らず)。
なので、コレのネジ山を削って取り付けます。
邪魔なのはご愛嬌。
容量300cc。わかりやし~。
c0009160_23481923.jpg




ちょいと、ひとっ走り・・・・・・・・・。


ああ、悪くない。下のツキとトルクが一回りぐらい違う。
やはり、これくらいのBOX容量が3XPエンジンの正規なのだろうな。


けれど、高速の一定スピードで走ると、なんか変な感じがする。
容量を使い果たすのと、パワージェットの効果が小さくなるからだろうか?

で、感想は?、というと、
これは運転が荒くなる。林道で中速域をバフバフ使うには良い感じになったが、
市街地でも、なんかその辺を使いたくなって、荒い運転になってしまう。
こんな方向性でいいのか?というのが率直な感想。



70°ぐらいのエルボーと250ccくらいの何かを組み合わせてセットするのが
正式なやり方だろう。まあ、100円のお試し、と言う事で。




リードバルブを替える時は、プラグを新品にするのを忘れないようにしないとな。
まだちょっとPJが大きいような気がする。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-03 00:06 | DT200R(3ET) | Comments(3)
2016年 03月 02日

エアクリ交換

検索のためのエントリー

朽ちていたため、エアクリ交換。
TwinAir  Dirt bike plus にて 3694円。

フィルターオイルがなくなるまではこの銘柄だな、こりゃ。
[PR]

by 3et3xp | 2016-03-02 23:33 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 28日

PWK30 セッティング前段

最近、腕時計をするようになった。

左利きで、邪魔だったので、学生の頃からはめたことがなかったが、
携帯を取り出すのが辛くなって、試しに買ってみたのだが、
割りと便利で気に入ったりしている。

CASIO 腕時計 SPORTS GEAR スポーツギア W-734J-2AJF 2000円。
西暦が入るのはこいつくらい(右上の窓に2016と表示される)
腕を傾けると自動で光る機能(時間が経つとオフになる)と時報が思いの外、便利。
ただし、樹脂ガラスなので、簡単に傷が入るのと(3度ほど研ぎ直した)、
携帯に慣れた身からすると一日1秒ほどの時間のズレが気になる。
c0009160_19161979.jpg





そんな枕。

キャブをセットしてシートを載せる前にエアクリを見ると汚れていた。
清掃しようと、、、あれ?
c0009160_19205915.jpg




例の朽ち果てパターン。
c0009160_19214386.jpg





しょうがない。
ダートバイクプラスに発注。
10000円以上で送料無料なので、仕方なくリードバルブとスプリングフックも。
ダートバイクプラスさんはモトレックスは売ってなかった。クーラントも品切れ中。



明日から、チャリ通勤か・・・・・ハァ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-28 19:23 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 27日

PWK30 修正

PASが効かないのと、アクセルが少し重い感じがしているので、その辺の調整。

タンクの塗装はもうだめだな。地金からの点サビが浮き出ている。
塗り直したのは、2007年の2月のようだ。
つことは9年か。素人塗装ではよく持った方かな・・・・・・。
c0009160_21245519.jpg





さて。

段差があって、PWK28のスライドバルブがはまらなかった件。
c0009160_2128192.jpg





奥深い部分なので、リューターのエクステンションとビット購入。2000円位か。
c0009160_21351775.jpg




段差の所ぐらいで済むかと思ったが、結構、削った。
c0009160_21363072.jpg




最後にオイルストンで均して、まあ、こんなもんか、と。
c0009160_2138237.jpg





KOSOのPWK30にKEIHINのPWK28のCA3.5のスライドバルブを挿入。
まあ、CA3.0と3.5が手に入ったので、入れ替えてみるのも可能になった、ぐらい。
c0009160_21412479.jpg





こっちがPWK30とCA3.0
c0009160_21433561.jpg


これがPWK30とCA3.5。
あんま変わらんかな?
c0009160_21442479.jpg




ついでにPJを65から62に変更。



それにしてもこのデジカメ、もう駄目だな。曇りが取れない。ケータイのカメラの方が綺麗だという。
景色を撮るには広角は良いものだが、この手のブログの説明には向いてない。
かといって、気に入った代替機種はないんだな、これが。

RICOHのWG-30のデザインがもっとすっきりしてればなあ。
c0009160_21543312.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2016-02-27 22:01 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 24日

PWK30 第一感

期間限定のオトナハイチュウが旨い。
オレンジピール(みたいな何か)が、噛み心地に良いアクセントになっている。
オレンジとミルクの風味もなかなか。
期間限定なので、大人買いをすべきか、などと・・・。
c0009160_0371683.jpg




PWK30交換後の雑記です。

写真はないわな、流石に。

0階度から1/8開度への固定で、不整爆発が起きる。
前が詰まっている時に、スタートするも、15km/h程度でのろのろに進む時ですね。

いじわるして、ローのまま、不整爆発させたまま、いじめて楽しんだり。


ただ、このバイクは超ハイスロなので、その辺を強引に飛び越して使うことは可能だったりする。
つか、ちょっと気を乗せて走ると、たいてい飛び越してしまうので、現状、乗れないこともない。


そこからの上は綺麗に回っていく感じはあるので、MJはこれでよいか、と。

PASの戻し回転数の見当がつかないため、走りながら色々クリクリしたりしている。

そんなとこかなぁ。

少しレスポンスが悪くなったので、「やっぱリードバルブ替えるかぁ」というのが第一感。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-24 00:51 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2016年 02月 21日

KOSO PWK30 比較 検討 その2

左 KOSO PWK30     右 KEIHIN PWK28
c0009160_16394821.jpg



インマニ側。 外径は同じ。
c0009160_16404231.jpg



エアクリ側。これも外径同じ。
c0009160_16405676.jpg



ジェットニードルホルダー(というのか?)の高さ比較。
KEIHIN、と、
c0009160_1641853.jpg




KOSO。
c0009160_164118100.jpg



0.25mmほどKOSOの方が低いか。
ボーリングしただけなら、KOSOの方が高いはずだが、そういうわけではないらしい。。。。
c0009160_16413962.jpg




PWK30、というかPWK29.5(笑)。
加工精度悪いなあ。
c0009160_16412963.jpg



スライドバルブ。
左KOSO    右KEIHIN。
下側の形状が違う。
切り落としのKOSOに対して、KEIHINはテーパーになっていて、
流速を極力、落とさないようにしてるようだ。・・・まあ、多分・・・。
c0009160_1641495.jpg




CA。
左KOSO。  右KEIHIN。
KEIHINは3.5。
KOSOは目視した感じだと、3.0ぐらいかな。
c0009160_16415923.jpg




KOSOキャブにKOSOのスライドバルブをセットすると、
開口部のRとCAは合わない。
写真はないが、このKOSOキャブにKEIHINのスライドバルブをセットすると
綺麗に円弧が合う。
ま、だからといって正解、というわけではないので念のため。
c0009160_16424131.jpg




スライドバルブはKEIHINを使う予定だったが、組んでみると、引っかかって下まで落ちない。
原因はこれ。
画面中央左下あたり、ジャーナルに少し段差があるのがわかるかな?
どうもこのあたりで引っかかる。
c0009160_16422191.jpg





ヤスリで少し頑張ってみたが、、この出っ張りより下も、全て出っ張ってるようで、断念。
あきらめて、スライドバルブだけはKOSOを使うことに。




これはリターンスプリング。
KOSOの方が短い。そもそもこのKEIHINは4st用だったので、KEIHINは強化されているのだろう。
多分な。
c0009160_1643079.jpg





MJホルダー。
左KOSO      右KEIHIN。
全然違いますやん。
「PWK完全互換」ってウソでしたね。
ホルダーごとKEIHINをKOSOに取り付けます。
PJは流石に同じ形状でした。
c0009160_16431066.jpg





リセッティングはせず、KEIHINをそのまま移行の形で車体に取り付け。

あんまかわらんか、と思ったが、下のトルクは少しあがった、かな。
ただし、スロットルの作動性の悪さが、かなり気になるな。


実走テストは後日。ゆっくりやります。
まあ、3000円で、ガスケットとかCリングとか、補修部品セットを買ったようなもんになったな。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-21 16:43 | DT200R(3ET) | Comments(2)