winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ルネッサ 4DN( 45 )


2014年 10月 11日

セル廻り 出張修理 不発?

またも左目が赤化。
なんだろね、こりゃ?精密検査待ち。免疫不全、か?



そんなんで、今日はやめとこうと思ったのだが、あまりにも天気が良かったので、ふらふらと。



ルネッサ セル廻り 出張修理 不発だったか?とかいう話。


先日、セルを回すと、「ガキン」という音と共に沈黙。
ギアを2速に入れて動かすも動かず。
「セルギアが欠けたか、フライホイールのワンウェイクラッチが壊れたか」と言うのが見立て。
とりあえずセルの二次ギアを外せば押しがけで帰れるだろう。
帰ればエアツールでなんとでも。
c0009160_15134569.jpg






なんかシトッてるなあ・・・。まあ、それは・・・(多分やんない笑)。
c0009160_15133665.jpg





インパクトドライバー持ってくれば良かった。こういう時には忘れないようにしないと。
c0009160_15134338.jpg




特にウラもオモテも欠けてはいない。軸も正常(当たり摩耗痕はあるけどね)。
c0009160_1513445.jpg





こっちもギア欠けはない。回してみても正常にクラッチが効く(一方向にしか回らないって事ね)。
揺れてるようにも感じなかった(シャフト部分の偏摩耗はなさそう、て事)。
c0009160_15143878.jpg





倒したまま、もう一度組み込んでセルを回すと正常に回った。
あれ?
c0009160_15134935.jpg





なんかの原因で中のタイコが引っかかったか?
とりあえず、何度もセル回してエンジンを掛けて、問題ない事を確認したが、
ここも消耗パーツであることは間違いない。
いつか・・・・。



で、部品の値段を調べたが、クラッチとギアで計二万円。
ルネッサの中古エンジンはピンきりで2万前後でいくつもヤフにある(送料別)。


あ”、しまった。当初はガソリンコックを交換する予定だった。すっかり忘れてましただよ。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-11 15:36 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 10月 03日

アイドラギアが欠けたかワンウェイクラッチが逝ったか

写真なし!


土曜日はルネッサのフューエルコックを交換しようと思い、ルネッサのセルを回した。

ガキン

あ”


・・・・・・・
さて、どうする。
会社で左ケースを開けてローターを外すとかちょっと・・・・。
ただでさえアレな人と思われてるのに・・・・・。


アイドラギアだけ外して押しがけで帰ってくるか。
そろそろ手放そうと、フューエルコックだけでもちゃんとしとくか、などと思い立った矢先にこの仕打ち。

ああ、どこまで逝ってるのだろう・・・・。
ちょっと値段を調べてきましゅ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-03 23:44 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 09月 14日

メクラネジではなかった・・・・ 

下請けの零細個人ではやはり元請けの傲慢さには勝てなかったか。
ま、生活あるしね。

今年は中止になりました。
ハゲはかなり喜んでいたそうです。
「今年はお前のせいだ~」とさ。
て事は来年はオレか?

負い目は持つのも持たれるのもキライです。解決策は忘れること。ま、ナチュラルに忘れるんですけど・・・。
「持った方が忘れるとは恩知らずめ!」という見方もありますが、
同じスタンス同士でなら気兼ねなく付き合えるとは思いませんこと?

それは置いといて、どうしようかしら? 四国は奴らのために取っておくか。
また普通に仕事をしないといけないのか・・・・。



ルネッサ

キャブ清掃時に、中のボルトが折れてて、「まあ、きつく締めれば大丈夫だろう」
などとタカをくくっていたのですが。。。。。
c0009160_1622530.jpg




よく考えれば、こいつはダウンドラフトキャブで、このボルトはニードルの受けだった。
でまあ、どうやらこいつが(やっぱり)外れて、会社に着く手前でエンコ。
部品は買ってあるので、出張修理、となりました。
c0009160_1645385.jpg




更に良く考えると、このボルトはフロート軸の脱落留めも兼ねていて、
開けてみると、見事にフロートも一緒に落ちてきました。そりゃ動かんわ・・・。
c0009160_1673770.jpg





いくならんでもこのバイクも手放し時かなあ、、、などと考えるも、
残るはSRX250(Ⅱ型)かSDRくらいで、ツーリングにはとてもとても・・・・・。
あ、ディバージョンには興味あるが、あれは車検があるし、ウチには置けないので手が出せないな。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-14 16:17 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 08月 02日

キャブ クリーニング タペクリ調整 マフラー不具合

寄生獣、アニメ化だって。

キービジュアル見たら、・・・・・・・・・ま、観ることはないでしょう。
ピンポンで良かった。とりあえず松本大洋が動いたし。

「スローニン」、アニメで観てみたい・・・・いや、観たくないか(笑。



ルネッサ 
キャブ クリーニング タペクリ調整 マフラー不具合


昼に外に出たら死ぬので、どうせ死ぬならと朝8:30起き。
ウチに来た時と比べると、エンジンの感じが、どうも今ひとつパッとしない。
c0009160_16524335.jpg




まずはキャブの清掃。
どうでもいいのかもしれないが、キャブパーツは、ボディに対してクセが付いているようだと考えているので、
極力、キャブと内部パーツは組みでバラすようにしております。
おまじないかもしれないし、都市伝説かもしれない。
c0009160_1652103.jpg





部品名称はただの「スクリュウ」とある。 506円・・・・・。
製品製作時の横穴塞ぎのいわゆるメクラボルトなんだが、ポッキリとやってしまった。
c0009160_16514289.jpg




記録写真でも撮るか、と思ったが、どうにもこうにもピントが合わない。
ニードルバルブシート。
c0009160_16515044.jpg




こっちはニードル。これよりも程度が良くて調子が悪いのも良いのも見てきたアタシにとって、
これはナゾだ(笑。
ま、段付き摩耗はなく、若干鋭くなってる感じ。ストレーナーは綺麗なもんだった。
c0009160_16531746.jpg




後ろキャブ(二番キャブ)は問題なかったが、一番はこんな感じ。
組んでみて、ダイヤフラムを押し上げて離してみると、落ちるスピードが違う。
少し当たり面を調整して、「許してやるか」ぐらいの状態まで持っていく。
c0009160_16524681.jpg




異物を噛んだような痕がある。
あ、メモメモ

PAS 
現状         1番 1・1/4  2番 1・3/8
マニュアル     1番 1・1/2  2番 1・1/2
新車なら出荷時の調整と断定できるけど、中古だからねえ・・・・。まあ、とりあえずそのまま現状で。 
c0009160_16524699.jpg





で、タペクリ調整。
久しぶりだなあ~、こんな事やるの。
そういえば思い出した。これがイヤでDOHCの直押しを買うようになったんだ。
にしても2番のEXは出来ないぞ。
DR250Sの時に特工を買ったはずだが、どこへ行ったのやら・・・。
アレは頭にマイナスが切ってあったか・・・・などとなんか最近、懐かしむことが多い。
c0009160_16522826.jpg




相変わらず2番で悩む。
ローター、1番エンジンのTDC(上死点)から300°逆時計方向に回して
2番のTDCマーク、とマニュアルには書いてあるが、
どう見ても合いマークは、2番のTDCにはなってない。
なんかで経験したことあるなぁ~なんだっけかな~?忘れた(笑。
確か昔、スゲ~悩んだと思ったが、いかんせん、エセ人間、記憶が無い。
二番のTDCをカムの動きで目視で合わせてタペクリ調整。

正規  1番  IN 0.08    EX 0.10    2番  IN 0.08   EX 0.10

現状  1番  IN 0.06    EX 0.12    2番  IN 0.00   EX -
調整  1番  IN 0.08    EX 0.10    2番  IN 0.08   EX - 

c0009160_1653644.jpg






変なビビリ音がしてて、なんだかローター廻りでコイル取り付けボルトが緩んでるのか?
などと思っていたら、どうやら、溶接のパイプカバーが外れかかっていたようだ。
中にグラスウールを詰め込んで、バンドで締めておしまい。
c0009160_1654031.jpg






こういう4stの先駆者(先導師/グル)みたいな人が今までワタシの前にいたことがなくて、
こうやって、古いロッカアームのSOHCをいじってると、昔のすったもんだしていた記憶が蘇る。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-02 17:43 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 08月 01日

宿題 とか

う~ん、どうも再発するのはウイルス性のようだ。
「ほっとくと緑内障になるかもよ」などと先生から脅かされる。



ルネッサは良いバイクなのだけれども、
この手のサードバイクは、大体、事あるごとに手放してきた。
でまあ、探しているんだけれども・・・・。

ないなあ。。。。。。。

ホンダか、、と思い探すも、気は乗らない。
もうサードバイクとかアホみたいなことを言うのは止めて、3ET1台とかにする時間かもしれない。
「いや、でもWR400Fも・・・・」とか踏ん切りは付かない。



あ、WR400Fのお漏らしは治りませんでした。こりゃ難しいぞ。

リカバリー経路は詰まってはいない(口で吹くとリカバリーがブクブク言っている)。
ラジエーターキャップも正常(取り替えて確認済み)。
不思議なことに、下から漏れてる時に、リカバリータンクを触っても、水温も高くはない(触っても熱くない)、
という事。

圧が掛かっても逃げ場がなくてシールに向かう、と言うことではなさそうなんだが、
今度はかなり慎重に組んだので、割りと謎だ。

一つ面白いのは、ファンを回していたラジエーターフラッシュを使っていた時には
水漏れはしなかった。

この件を発見してから、チェックのためにアンダーガードを外しているのだが、
もしかしたら、以前からこんなもんだったのかもしれない。



う~ん、先にリアサスからやるかな。

これも実は悩みどころで、現在、足回りはローダウンされている(と思う)。
おそらくどちらもロッドのカットで、復帰は難しいと思われる。

現状のこのセッティングで大満足なんだが、まあ、ノーマル状態も乗ってみたいといえば乗ってみたい。
で、またリアサスがヤフに出てるわけで、
「さて、どうしたもんだ」などといらん事で悩んでいるわけだ。
フロントとのバランスも取れなくなるし、これはこれで3ETコースに乗ってしまうのか、などと。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-01 00:37 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 06月 19日

ガソリンポンプ/燃料ポンプ 交換  ブレーキフルード交換

久しぶりに北の蛍(五社英雄)を観た。
c0009160_23333364.jpg



当時、チンプンカンプンだったが、あれから○○年経って観てもチンプンカンプンだった。

岩下志麻は二階の男の相手をしてまで露口茂に会いに行ったのに、
仲代達矢の方にコロっと鞍替えする意味不明。
(つーか説得力なさすぎ)

鬼の仲代達矢が、いつの間にかいい人になってる整合性不明。
(良い人なら、女衒でこやした私服で手袋ぐらい都合つけてやれよ、とか)

露口茂は露口茂で、仲代達矢とくっついた岩下志麻を見ても無視。
(なんで、初見で泣きながらすがりつくのよ?)

などなど。二流映画というには女の情念の観せ方なんかは流石で、
それだけになんか最後まで頑張れなかったのか、と。



まあいいや。
ルネッサ

ガソリンポンプの交換でございます。
弱い雨が降ったり止んだりの中、さくっと作業。
c0009160_2334365.jpg





左:落札したポンプ総計2300円       中央:ガソリン焼けの激しい旧ポンプ     右:ビラーゴ用のポンプ
c0009160_2334558.jpg





ルネッサのガソリンポンプは、不具合?リコール?らしくて、突然死するそうです。
右のガソリン焼けの具合を見てもらえば、さもありなん、て感じです。
なぜ裏面を写したかというと、刻印を見てください。つか左は見えないか。
右の旧ポンプは、A1、左にはA2と刻印されております。 
c0009160_23345929.jpg




これで見えるか、な?。
ヤフではこの辺の写真を撮った出品物は一個しかなく(回転すし状態)、
ようやく適正価格のものが出たので、今の今まで掛かったわけです。
c0009160_2334312.jpg




で、A2なら改善されたかというと、なんかネットで見るとA2もダメみたい。
どゆことなんでしょうね?
てゆうか、ルネッサポンプとSRVポンプの見分け方はネットには転がってなくて
この刻印に、はたと気付いて確信を持ったわけですが、どうもそれもアヤシイのかな。




ビラーゴも同じエンジンなので、仮オーナーにビラーゴ用を落札して(安かったので)取り付けてもらっていたのですが、
「高回転が回るようになった」とか言っていたので、
”ありゃシングルキャブなんで、もしや送り量が少ないんじゃ・・・・・・・”などと少し不安になったのです。
で、ビラーゴガソリンポンプの裏側。
A2でした。ま、良しとしますかね。
c0009160_23352813.jpg





後はキャブの清掃と、金のかかるRタイヤを交換するかどうか、割れかけているナンバープレートの対策、
ぐらいか。
ステムはもう少し締めたほうが良いかな。

この年代のエンジンだと、良いオイルはわりかし効くみたい。
ミッションタッチはすこぶる良くなった。


ルネッサはひと通り終わったので、やっとWR400Fにかかれるかと思いきや
雨続きの予報。。。。。。まあ、梅雨ですから。
[PR]

by 3et3xp | 2014-06-19 00:03 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 06月 15日

ルネッサ Fタイヤ交換 ステムグリスアップ

ワールドカップ初戦。

残念でした。朝から整備していたので観れませんでしたが、向かいん家の少年が、ブルーのシャツを着て
とぼとぼ帰ってきたので、「ああ、負けたんだなぁ、]と。



ルネッサ  Fタイヤ交換 ステムベアリンググリスアップ

文章で書けばそんだけだが、面白おかしく書かないといけないのが辛い所・・・・・ウソです


最近、頑張って朝から(と言っても10:00位だけど)起きるようにしてるので、涼しいうちに作業。
タイヤは予定では今日来るらしいので、準備で旧タイヤを外しておきます。
c0009160_2091721.jpg




以前もすったもんだして、結局スタンドに負荷のかかる形でフロントをリフトさせた。
今回もう少し頑張ってみた。が、どうしてもリフターには載らない。木をかませたりしたのだけれど。
結局、前回のスタンドに負担がかかる形に。バイク屋さんはどうしてるのだろう?
c0009160_2091546.jpg




タイヤが来ないので、先にステムをやります。
多分、ここを見る人はワタシが最初でしょう、きっと。コワイコワイ。

ライト&メーター周りをトップブリッジから切り離そうとすると、ほぼ分解状態になるので、あきらめて、
トップブリッジに付けたまま作業したのだが、めちゃくちゃやりにくかった。
c0009160_209193.jpg




ルネッサのくせに上下アンギュラベアリングだよ!まじかよ!
c0009160_2093399.jpg





アンダーの上レース。
すこ~し縦キズが入っているが、まあ許さるるレベルか。
c0009160_2095387.jpg




アンダーの下レースとボール。
上レースとだいたい同じコンディションか。ボールの方は赤錆がひどかったが、
サビを落とすぐらいで何とか大丈夫だろう、という感じ。
c0009160_2095913.jpg





トップ側。
上レースとボール。
c0009160_20101828.jpg




アカン・・・・。これはアカンよ・・・・。
c0009160_20102448.jpg





下レース。
アカン・・・。これもアカンよ・・・・。
ま、新品買ってるわけではないので、キレイに清掃して終了。ふう。
c0009160_20103535.jpg






ステムが終わったので、自販機でジュースを買って帰ってきたら、ちょうど不在票を書いている所だった。
IRC RS-310 90/90-18   送料込み5652円。
TT100ほどクラシックパターンもヤだし、GT501ほど普通でもない、なんとなくその中間のパタ-ン。
この直線基調のパターンは大丈夫なのかね?
c0009160_2010549.jpg




スチールリムを見るのはいつ以来だろう?
そういえばオンバイクでスポークタイプの所有はこれが初めてか。
とにかくサビがヒドい。車検とか目とか耳とかで財布がすっからかん。
SRVのアルミリムを手に入れることは出来なかった。程度悪いのしか出てないけどね。
c0009160_20433242.jpg





ステムは規定トルクで締めればほぼ問題はないが、問題があるとちょっと厄介だ。
ま、それは乗ってみてから。
[PR]

by 3et3xp | 2014-06-15 21:03 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 06月 14日

ルネッサ オイル交換 ガソリンコック などチェック

う~ん、WR400Fが作業できない。
一番宿題が溜まっているのだけれども・・・。


ルネッサ  オイル交換 と、燃料系

事の発端は何日か前。雨天の間隙を縫っての作業のため写真はないです。



雨続きで久しぶりにルネッサで帰ろうと走りだして、2km程行った所でエンジンストップ。

トリップメーターは200km。リザーブにしてもセルは回れどウントもスンとも。
仕方なく押して帰りました。

以前から、ルネッサに近寄ると、プン、とガソリンの臭いがしておりました。
ガソリンが落ちてる(負圧系が逝かれた)か、オーバーフローしているか・・・・・・
ギアの入りが悪いので、もしや・・・などと考えながら・・・・・・・。



晴れ間を見計らってキャブ清掃の作業。

タンクを外すと・・・・・・・あれ?カランカラン音がしている。。。。。。
タンクがカラでした。
ガス欠。。。。。。。。か。



タンクコック(ルネッサでは、いわゆる燃料コックと、リザーブを振り分けるコック?は別になっている)
をタンクから外してみる。

これは他所様の写真ですが、コレです。古いバイクでよく見るやつ(笑。
カランカラン音がしてたのは、これが外れていた為でしょう、取れませんでしたけど・・・。
c0009160_1942944.jpg



       
実はこのパーツはやっかいで、ルネッサはタンクを外す時には、コレと負圧バルブが付いている本当の
燃料コックを繋げたまま取り外さないと、ガソリンがダダ漏れになるのです。
燃料コックは大きく、そのままではフレームとエンジンヘッドの隙間からは抜けません。
なので、後ろシリンダーのヘッドカバーを外して作業する、ひと手間が必要になります。
これは燃料コック。燃料コックの左についてるのが負圧バルブ。左にタンクコックがあります。
(写真で見るとサビてんなぁ~)
c0009160_1995438.jpg




ちなみに、この燃料コックの負圧バルブが壊れてると、大抵の場合、4stだとケースまでガソリンが落ちて
エンジンは掛からないし、ミッションオイルとガソリンが混ざって、エンジンが掛かってもギアタッチが酷くなります。
排気ガスもガソリン臭いし、エンジン掛かってマフラーが暖まるような事があれば、バックファイヤも酷いでしょうね。


これまた他所様の写真。
SRVのタンクコックはオンオフがあります。なので、SRVならここからパイプを外しても大丈夫です。
が、個人的に、ルネッサにコレが付くスペースがあるのか、とかどのみちキャブやるなら
燃料コックとの切り離し作業をするので、あまし意味は無いかなあ、などと思っております。
つかSRVは真鍮製の対策部品になってやがる・・・・。
c0009160_2012894.jpg

 




また雨が振りそうだったので、これはあきらめて戻します。
ま、トリップが200km超えたらスタンドにGO、ということにしときますか。


て事は、ミッションのタッチの件はオイルか。
前回の交換は2012年7月で23221km(あってよかったブログ笑)
c0009160_19243353.jpg





実は前のルネッサエントリーで書いた、ナメたドレンボルトの交換があるので、
オイルは交換するつもりで用意をしておりました。
つか晴れた日がやっと来た、てな話ですな。
c0009160_19295463.jpg





右がルネッサ純正。左がマジェと共用になった新品パーツ。
新品パーツはタガネが入りやすいようにフィンが切ってある(笑。
c0009160_19364922.jpg




使うオイルは鬼のブレンド。
どうしても長期保管状態になってるnutecを使い切りたいので、こうなった。
ちなみに、この量調整のため、WR400Fも次回モトレックスになります。
ま~同じフルシンセなので、まだましかと。ルネッサにはもったいない、と言えばもったいない。
モトレックス 4T アマゾンストアにて 2082円。
c0009160_19392213.jpg





オイルは特にガソリン臭いわけでもなく、ただ真っ黒なだけ?で異常なし。
タッチはシフトの角度か?
ついでにこの辺もチェック。
シフトシャフトから若干・・・・かなあ。写真はフラッシュの為テロテロ気味に写る。
スプロケは異常なし。防音カバーのゴムがすっ転んでチェーンに当っていた。
c0009160_19435673.jpg





こんなもんかな。
古いバイク(!)なので、ゴム類はどれも寿命に近い。
燃料ポンプは事情があって、落札済み。その話はその時にでも。
その前にFタイヤが発送になったので、その辺の作業もあります。


立て込む時は立て込むもんだ。
[PR]

by 3et3xp | 2014-06-14 20:11 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 05月 31日

久しぶりのやっちまった

YAMAHA YZF R25 が正式名称でしょうかね?
つべで検索でもしてみてください。

低回転時のもろツイン音にちょっと笑ってしまった。



4日くらい前の話。
よせばいいのに
「オイル交換ぐらいなら片目でも出来るさ」
などと・・・・・・。



ドレンボルトをナメました。
ソケットが入りにくい所に片目で無理くり回した天罰。
ようやく両目使えるようになったので、バイクを倒して作業です。
バイクの腹にソケットが見えますかね?作業中倒してしまったのでありません。
c0009160_20463186.jpg




角をびみょ~ナメたので使うのはコレ。
screw grab。3年に一度くらい某かの用事で使うような感じ。
とっくに生産終了だと思ってぐぐったら、まだ売ってた。隠れた逸品か?
スピナーハンドルでちゃんと作業。
c0009160_2052176.jpg




なんだろうね、コレ?
買った時はネットなどなくて(いや、あったことはあったけど)、
ただのイロモノかと思って冷やかしで買ったんだけどね。
今ググったら、割りと真面目な文章が出てきた(笑。

初期(?)のナメには割りと効きますよ。



あ、ちなみにタガネは入りません。
フレームとパイプが邪魔して、刃先が良い角度で当たらないのです。



ナメたドレンボルトを使うわけにはいかないので、YSP高井戸さんに電話で注文した所、
「それってドレンボルトですよね?ちょっと待って、在庫探してみるから」
と言われ待っていると
「あ、ありましたよ。取りに来ます?」

取りに行きました。Oリング込み1150円。

さすがだなあ、型番だけでピンときて在庫を持ってるとか。
ワタシがバイク屋で絶大な信頼を置いているお店であります。

お金持ちだったら新車の一つでもポンと買うんだが、
いかんせん、・・・・なあ・・・・。



頭番30Xがロケ変で2HCなので、XT250の頃から初期型マジェまでも使われてるシロモノか。
確か、TWかなんかはよく舐めるので、対策されたマジェに交換した方がいいとか何とか
ネットで読んだ記憶がある。が、記憶がテレコになってるやもしれん
[PR]

by 3et3xp | 2014-05-31 21:25 | ルネッサ 4DN | Comments(2)
2014年 05月 10日

なぜかルネッサ軽整備

3XPのスイングアームを安く買ったのは良いんだが、
結局、チェーンガードとかチェーンスネイルとかホイールカラーとか、
業者が狙って高値付けてるパーツが必要になって、逆にめんどくさい話になってもーた。

まあ、あの時はタダの実験くんで気楽にポチっただけだっからねえ。
のんびりやります。ウチの3ETは完成までまだまだ遠い。



ルネッサ 軽整備


なくすには惜しいバイク。かといって、活用してるわけでもない。
TDRとかKLXとかシェルパとかTZRとかFZ400とか色々、全く同じ理由で
「じゃ、いらねえ」とか言って3年後ぐらいに後悔するパティーン。

DUROタイヤを試してみたくて、ルネッサのFを探したのだが、国内ではHF918の18インチは
流通してないっぽい。

クラッチワイヤーとブレーキホースが長いのの話。
c0009160_15432630.jpg





今は引っ張りあげているが、実はワイヤーがフェンダーとタイヤの間に挟まって死ぬ思いをした笑。
低速で広い場所だったので事なきを得たのだが。。。。
c0009160_15461119.jpg




その前に、またメーター周りからビビリ音。持病かね?
いつものようにウラを開けて更にゴム板を押し込んで、終了。
c0009160_15481853.jpg




クラッチワイヤーの交換。現状はおそらくビラーゴ用。SRV用に替えます。
その為にはマフラーを外すのですが、めんどくさい。
「めんどくさい」と言って、横着して狭い所を無理くりにこねくり回してると、結局作業時間とか労力とか
余計にかかったりする。ナメたり落としたりナナメに嵌めたり・・・・。
c0009160_15515686.jpg




ボルトが、ががが。ボルトを手持ちのステンに交換して終了。
c0009160_1549598.jpg




ま、そんだけ。ルネッサ、もう少しだけ付き合ってみようかなあ・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2014-05-10 16:12 | ルネッサ 4DN | Comments(0)