STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

まだ

すいません
もうすこし
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-30 08:35 | Comments(0)
2005年 04月 24日

うーん、Macで棋譜を画像ファイルに書き出すソフトが調子悪い。
MacGNUGoのSGF書き出しがローカルなのか、「碁視」がβ版だからなのか不明。

 あまりこの辺に時間を使ってもアレなので、ここで終了。引き際大切(早えーよ)。

 
 TT-Rのハンドル交換、ハンドルガード取り付け。
 TT-Rのオイル交換。NUTEC NC-50へ。
 マジェのフロントベアリング型番 O/S 22-42-7-8
                 ベア 6302RS
 
ブログはセラピーとしては機能しない。ネットワークに接続し続ける負荷の方が大きい。

 ミッフィー(ディック・ブルーナ)の展覧会があるらしい。アニメーションがあるらしい。え?あの絵は配色バランスが命でしょ?動いたら空色の大きさとか狂うんじゃないか?どうやってるのだろう?銀座かよ!行くのめんどくせーよー。 
c0009160_22183713.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2005-04-24 22:18 | 雑記 | Comments(0)
2005年 04月 24日

だめだす

まあ、結構、自分的には、粘ったんですが、残念ながら、棋譜を、うまく、時系列に沿って、再現するというのが、どうも、むじかしいです。

 だいたいよく考えると、自分の棋譜なんて自分で見ても「ばっかじゃねーの、こいつ」みたいな・・・。

 kkm3さん(小桜さんの所から飛ばしてもらいました。ありやとやんした)ぐらい力があれば人に見せても大丈夫なんだけど。
 
 kkm3さんの棋譜を見ると、「やっぱ本読んで手筋のバリエーションを増やさないとダメだなあ」と思いまたし。 

 プロの棋譜を自分とこで再生してる方が楽くて、楽ですわい。
c0009160_3284226.jpg

今回は広めに受けていこうと考えました。その為、ばらつき気味。いつのまにか左辺には踏み込めなくなりました。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-24 03:33 | 囲碁 | Comments(0)
2005年 04月 22日

ああ

この写真がこの大きさで撮れる、と言うことは・・・
c0009160_22422957.jpg

冷却水がカラッカラ。どこに消えてるんでしょう?。泣。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-22 22:45 | バイク | Comments(3)
2005年 04月 21日

ブログ文体

今までの反省と今後の展開

 木曜日は何を書いてもいい日ー!!ってゆーわけで、トラバさせてもらって、ちょっと見てもらいたいブログがあります。

 ブログが他の媒体と違うのは、縦にスクロールさせながら文章を綴ること。今までは、現行の本をシミュレーションさせるのにどのアプリも躍起になってましたが(エキスパンドブック、とかペーパーCRTとか)、個人的には、640*480の画面サイズとめくる感覚にはちょっと、と思っていました。
 で、最近(と言うわけでもないけどね)真鍋かをりを筆頭に、ブログの縦スクロールとML(メタランゲージ、XMLとかHTMLとかね)の特性を最大限に生かした文の作り方が目に付くようになりました。

 この縦スクロールは、著者が行間を自由に設定することによって、読む時間をコントロールできます。紙媒体だと、枚数と紙の大きさが決まっているので5行も10行も空白を設定できませんよね。無限の容量(設定で決まってますけども)を無意識に使った手法でしょう。
 この自由にコントロール出来た読み時間を使って、タイミング(空白行の長さ)を見計らってうまく落とせたり、強調できたりします。

 kobushiさんと真鍋かをりは顕著な例でしょうね。(kobushiさんはこの回で長いのを気にしてるようですが、そのままやっちゃってくださいね)

 30代は、PCのメモリやHD容量が(フロッピーなんて1MBだぜ)限られていたので、自然にそんなことをいつも気にしてるんです。そういうことを知らない今の世代だからこそ出来る究極の無駄使い、と言うべきか。

 あいかわらず言いたいことの1/2も言えてませんが、この文体(真鍋文体)は、今後何らかの形でメインストリームに出るんじゃないか、と思います。読んでて楽しいですもの。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-21 22:50 | ブログ | Comments(0)
2005年 04月 20日

こんなもんだす

とりあえず、gogo囲碁さんのブログの通り、なにがしら打とうと思い、PC相手(途中で止めても怒らないからね)に30分だけでも寝る前に打つようにしてるんですが。

 で、参考までに今日の分を。
c0009160_18534944.jpg

ま、俺の実力なんてこんなもんさ(自嘲気味)。

22手目のコウは、右下の大切なところなのでコウ立てを使って手を入れてたら、右上をいいようにやられました(コウの表示が判りにくい)。
 右下白を殺そうとしたんだけど、ダメでした。その左、2目の黒も生きてるか自信がないです(生きてるよなあ)あ、だめだ。死んでるや泣。9−14を早く打ちたい。黒65と71が繋げきれればいいんだけど・・・とかやってると全部打ちきって寝不足になるので、30分で切り上げ。GCヒカルの碁のソフトだと、(現在の)死活を表示してくれるから、わかりやすいんですが、SGFでは書き出せないんで(ソフトももうないし)。


 ・・・・で、ここからが本題。(長い前フリだなー)
 囲碁のブログは結構いろいろ見さしてもらっているのですが、判らない人でも「面白い!」っていうのがなかなか無いように思いました。知ってる人には楽しいんですけどね。
 go!go!囲碁ブログは読んで楽しいです。技術論ではなく、リアルなジャーナルとして読めるからです。サッカーをやらなくてもNumberの記事が楽しいのと同じです。その辺がヒントになるかなーとか考えてます。
 
 今のところ、知らない人でも興味を持って読んでもらえるようには書けないので、書くのを控えてたんです。ま、戦略を練ってた、というか。ソフトを何とかしたかった。アイデアはあるんだけど、手持ちのソフトでは上の画像をアップするのが精一杯。

 katazuさんや小桜さんのように、棋譜をアップしていただく方が、ウェブの性質上(知識共有)、好ましいあり方なんですが、私は別のアプローチで。個人的な目標は、例の高木ぶーと荒井注が「面白そうダナ、俺もやってみるか」とか思わせる事です。

 今週土日は、TTのオーナーが来なければゆっくり出来るはずなので(パーツも来ないし。KDXのクラッチとFフォークシールがとうとういっちまいました)、ちょっと凝った事(暖めていた事)をあれこれやってみようと思います(土日アクセスが減ったら笑う)。

 いや、だから囲碁は面白いんだって! 
 

 
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-20 19:32 | 囲碁 | Comments(0)
2005年 04月 19日

えっえっ??

自意識過剰な私。

 katazu通信社を怒らせたのはきっと僕です。ああ、どうしよう。「健康上の理由」とかじゃなかったんですね。今、見て真っ青。ごめんなさい。怖くて聞けない・・・。

 もういっこのほうは僕の事じゃないよねえ?。今、見て真っ青。なんかブログ辞める様なトーンで書かれると誰じゃなくても焦るじゃないかぁ!・・・きっとfor_seasonsさん・・・かな。読んだみんな(てゆーか一部?)「ぎくぅっ汗汗!!」ってしてるぞぉ。


 自意識過剰な私がとりこし過剰なことを祈りつつ・・・。
 (別にそうじゃなくても明日は囲碁のこと書くつもりでしたよん。私はだいじょうび)

 

 
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-19 21:31 | 囲碁 | Comments(2)
2005年 04月 19日

怒濤のトレックツーリング(後半)

てなわけで後半戦。しかし写真の張り位置がむずい。ウィンドウの大きさが違うと崩れてしまいますね。すみません。どーしよーもねーや(笑)。

今度は、金沢林道の入り口を左に曲がった名無し林道。
下の方はまとも。てゆーか、ちょっとくらい普通の林道でも走りますか。

c0009160_19494635.jpg
高木ぶー。以前は、私が分岐で「止まって、エンジンを切って、やってくる音が聞こえないのを確かめてから、スタンドをかけて、カメラを取り出す」までやってこなかったのが、今回は急いでカメラを取り出すくらいに。おかげで指が写ってます。









c0009160_1950665.jpg
荒井注。普通の林道なら、走れるようです。これくらいなら、「普通の」人と行く「普通の」林道は大丈夫でしょう。












そして今回の目玉。2人がクリアーできなかった大坂(仮)
写真ではいまいち角度が解りずらい。普通に立つのがやっと、です。
c0009160_19504815.jpg

後ろ姿が泣いてます。登れずに私と2人で押して上がりました。


その横を上がろうとする高木ぶー。いや、クリアーにならないと無理だろ?
c0009160_1951110.jpg
これは一回目のアタック。荒井注をどかしてから、2度目はクリアーまであと少しの所まで登りました。残り少しを彼は一人で押し上げました。えらい!
こんなセクションが3つ。荒井注はどれもクリアできず三戦全敗。
高木ぶーは1勝1敗1分、かな。
 路面が柔らかく、かつ石がごろごろしてて、難しいですね。一瞬のライン判断のちゅうちょが命取り、かな。とにかくスピードを上げないと。つじつまが合わなくなったらボディアクションで修正を。




汗だくでやっと3つクリアーしたら、残雪が。
c0009160_19513134.jpg
高木ぶーのは予告編の写真。いやいや、雪の状態を下見するかわだちを行くかしろよ。そんなラインを行ってもスタックしますよ。雪が堅ければクリアーですけど。もがいてました・・・。

この写真は荒井注。注はわだちをぺたぺた足を付きながらゆっくりとクリアー。










そして頂上。荒井注の絶望した顔。高木ぶーは汗だくだく。冬だと頭から湯気が出てるのが見られたりするんですが。展望はありません。はっはっはっ。そんなの目的じゃないモン!
c0009160_19515195.jpg















あの坂は下りたくない、てゆーか下れない、と荒井注がゴネるので、別のルートを探索
c0009160_19521465.jpg
腰まで笹の生える廃道状態を行くと、倒木5本。仲本工事と高木ぶーは越えて奥まで行きましたが、まずそうだったので引き返すと、荒井注は2本目のところで立ち往生。
写真は解りずらいですが、崖側はかなりふかふかで余裕がありません。

 教科書のような倒木はないですよ。極低速から、直角気味に入ります。フロントタイヤはホイップして乗り越えさせます。リアは乗り越えきれずに(抜重すれば乗り越えるんだけどね)ふられるので、適当に対処しましょう。林道ですから、足付いても減点にはなりません。






てなわけで、例の坂を下るハメに。といってもいやがってるのは約1名。
高木ぶー余裕の待ち。
c0009160_19524272.jpg
この後、いくつかを荒井注はバイクから降りて下ってきました。ただの下山?

 こんな下りはフロントブレーキをかけないこと。エンジン切って降りてもよい、かな。










で、終了。
c0009160_195326.jpg

バラエティーに富んでて面白かった。川がでかけりゃ大満足だったが。

いやー写真はやっぱ撮れませんねー。こけたシーンはもっといっぱいあったのですが、
狡猾(こうかつ)なことに高木ぶーは撮る間もなく急いで起こしてしまいます。
荒井注は、撮ってる場合じゃなくヘルプしなけりゃならないんで。


 こんなのが私の林道ツーリング(?)です。御参考に。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-19 20:51 | ツーリング | Comments(3)
2005年 04月 18日

怒濤のトレックツーリング(前半)

朝09:00藤野SA集合。良い天気。
左の青いWR250Fに乗るのが高木ぶー(仮称)
右の白いシェルパに乗る○○○た方が荒井注(仮称)
緑のバイクが私、仲本工事(仮称)ドリフターズ脇役3人集(仮)
c0009160_20304354.jpg
東京から集合地藤野PAまで30Km、次の休憩地、双葉SAまで60KM、目的地諏訪南まで60Km。計150Km。これくらいがオフ車には無理のない距離だと思うんです。全開に近い走行をバイクにあまりさせたくないんで。がまんくらべでもないし。もっと早い時間から動くのが理想ですが、今回は事情あり、で。集合地はなるべくひと気ないPAを選びます、私は。毒々しい色の人達がブーツ履いてガチャンガチャンはちょっと。





 久しぶりの仲本工事趣味のツーリングですので、諏訪南で降りたら、20号を北上しつつ、左手に見える山(南アルプスの東翼)に登れそうな道に適当に入っていきます。


一発目。ま、道はないですな。春だから出来る遊び。
c0009160_20431967.jpg

道の途中の雑木林(かな?)。ここの中を、自由気ままに走ります。
写真じゃ判らない(判るはずもない)んですが、倒木や切り株がごろごろ。瞬間のライン取りと切り株にフラれたときのコントロールが試されます。全体を見ながら、登れそうなラインを選んで、滑る路面をうまく御しながら、そこに車体を向けるマネージメント。



c0009160_2058948.jpg
高木ぶーは何回か経験あり、で、うまく遊んでます。














c0009160_20522033.jpg
荒井注は・・・・・あれ?何回かオフは経験済みでオン歴も長いので、そこそこ走るだろうと思ったのですが・・・・















 あれ?荒井注、と、ちょっと疑問抱きつつ移動。次は落石でした。まあ、落石と言ってもかわいいもんですが。
c0009160_2134983.jpg
















c0009160_2142935.jpg
仲本工事と行き止ま林道ばっか走ってるので落石は当たり前。向こうは崖ですけど、高木ぶーは当たり前のように走ってクリア。てゆーか「どうかしました?」ぐらいの程度で。











c0009160_218911.jpg
どうやら連れてくるのを間違えた。というか、今回はかわいそうかも。荒井注、ぱたぱた足をつきながらクリア。足の付くバイクに乗ると、車体コントロールしないからうまくなんないんです。落っこちても死にはしねーよ、がーんといったれぃ!!(多分・・・)。













次は河原。早春なので、まだ水が少ない。白く見えるのは雪ではなくて砂。
c0009160_2115269.jpg
石がごろごろしてますが、荒井注はここは楽しく走っておりました。でも殿様座り。車体が小さくて、スタンディングが取れない、とのこと。それは・・・・・まあいいや。








小川下り(ごっこ)
c0009160_21214199.jpg















c0009160_21282862.jpg
いやー高木ぶーは安定してますね。いろんなシチュエーションに慣れたのか、あまり躊躇しないです。さすが。













c0009160_21325693.jpg
てなわけで、休憩。ここまで遊んだり押したり倒したりしたのでのどカラカラ。いきなり山に入ったんで、食料等なにもなく、買いに下山します。
長いので、このブログも前半終了。明日、後半アップします。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-18 21:43 | ツーリング | Comments(0)
2005年 04月 17日

トレックツーリング

帰ってきて、やっと一段落。
とりあえず今日は予告編、てことで。明日をお楽しみニー(誰に言ってるのかしら?)
c0009160_23185723.jpg

「なごり雪」というとロマンチックだけど、彼はくたくたになりながらそうは思ってない。
[PR]

by 3et3xp | 2005-04-17 23:19 | ツーリング | Comments(0)