winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 31日

3ET PWK28 そろそろ打ち止め?

 午後から雨だって。さっさとやらなきゃ。


と、言っても、これより下はもう#130しか手持ちがありません。


いつもの写真。
ブタ鼻はずしでメインは良い。
ただし、鼻を外すと開け始めのレスポンスが悪い。
PJを上げるべきか?外して燃調は合わせられるけど、(外した)独特のボコ付き感を消すのは難しい。。。。CVKは楽だなあ、と思う今日この頃。←最近、多い。

あ、ロード用だと極下は使わないように出来る(し、使わない)ので、関係ないですが
オフだと急勾配のリスタートなんかで重要な域だと思っております。
c0009160_15211893.jpg




ノーマルエアクリに固執しないで、
「エアクリ上部全開口で、メインを決める。しかる後にパイロット系を合わせていく」
てのはどーなの? んん? どーなの?
(#150で、ボックス横のフタを全部外していれば、メイン(全開)は合う)


・・・・・・・・・どーなんでしょ。


個人な意見
(ちょっと絡む与件が複雑で、少し簡略化しましたが、読みやすく書けませんでした。
  簡略した部分は、自分で埋めてください)

1)
メーカーが設定する燃焼室の温度、てーのがあるんですよ。
ファクターとしては、ピストン/シリンダー廻りのコストと耐久性とエンジンフィール。(オーバーラン特性や圧縮比、なんかですね。26PSを設定とするのか32PSなのか、とか。それとメーカー独自の安全率)

2)
騒音規制があるから、チャンバー&サイレンサーはほとんどケツかっちんだと思ってください(排気スピードがほぼ決まってる、と言う意味)。


で、排気スピード(チャンバー)を変えるわけです(早くする方向に)。
(排気脈動を利用する排気系は、スピードの上限(というか、良い所)がありますが、ピークが上に行ったと考えてください)
2stだと構造上、吸気も、排気のスピードに引っ張られるわけです。

 吸い込む空気のスピードは上がろうとしますが、
3)ガソリンの方はキャブのジェットで決まっているので、
4)空気は取り入れ口の大きさで
結局、混合気もケツかっちんです。空気の口(ボックスの容量)が余裕があるので、「薄い方」にシフトします。


 で、
A)排気スピードピークに合わせるように混合気もたくさん入れ込む
B)排気スピードピークに合わせるのではなく、吸気スピード限界に合わせる
という二つの方向性が出てきます。

A)はレーサーや直キャブ、ですかね。社外チャンバーの特性を最大限に生かす方向です。
メインで合わせていくので、ピークパワーは出るでしょう。ピストンスピードも上がるでしょう。
 でも、最初の1)という与件があります。

(*説明が足りないみたいなので、4月1日以下を加筆

 で、エンジンの広義の耐久性、てーのがあるんですよ。
TM28で正規MJ#150なら、#200(を要求する状態)は間違いなく危ないだろう、みたいな。
ようするに、#200で安全に回る設計ではないだろう、と言う意味です。
「#200が危ないだろう」は「経験的なカン」に近いです。 

 そう考えて、TM28のMJ#180でブタ鼻付きは、安全率ギリの(あくまでもギリ、ね)良いところではないか、と。 

                         以上、加筆部分)



長々と説明したなぁ〜。
(ここからが本題)
そんなわけで、耐久性と安全性と安定性を取ってワタシは、B)。
特に、へたくそなワタシにとってアクセル開度0〜1/8までは重要。
この域は、流速が低い方が扱いやすいんです。なので、ブタ鼻は付けときたいなあ、と。
(*加筆:「流速が低い方が」という書き方は違う。「流量が少ない方が」が適切か?)

とは言っても、せっかくチャンバー替えて排気スピード(レスポンス)も上がっているので、それに見合う混合気にもしたい、てーのもあります。

何を言ってるのでしょう・・・・?
 よーするに、社外チャンバーを、低速のフィーリング向上を主眼にしてセッティングしている、て事です。 
最終的にはプラグを見て、確認のつもりですが。
(#140も余裕のチャンバーだと感じるので、#120前後だとマズイかもしれません)


「これが正論だ!」てことじゃなくて、

自分が今、持ってる知識・経験を脈絡のない思考のままにしておくのではなくて、
他人に説明するつもりで理路整然と思考を通しで書き出す事によって、間違いと穴を探してみよう


という作業なわけです。読んでみると、穴は確かにあるようです。
「経験ありき」で理屈を引っ張ってきた文と
「理論から考えると多分こうであろう」の文が混ざっているために、不安定な文章になっています。

空燃比の問題とか燃焼室温の問題とか書いてないよね?上の説明に挿入できませんでした。



おまけ。
またまたリアブレーキパッドの交換。無くなるの早えーよ!
車重あるからねえ、走りのパターンがアメリカンみたいになってるからでしょう。
(アメリカン乗ったこと無いけど)
c0009160_15212968.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2007-03-31 17:34 | DT200R(3ET) | Comments(4)
2007年 03月 31日

参考までの話

 G-Mailの話。

いまいち、SMTP/POPの発生経緯が判っていなんだが、わざわざメールのためにメールサーバーを立ててるのはいかがなものか、と。
いわゆる「メーラー(メールソフト)」を必要とするのもいかがなものか、と。

まあ、なんかそんな、ぼんやりした素人理由でそろそろ「メールもHTTPでやり取りできる環境になったんじゃねーの?」

でまあ、メールサーバーを設定しないといけないし、立ち上げないと受信確認できないめんどい普通のメーラー(アウトルック)にプチきれて、ヤフのメール機能をとりあえず使っていたんですが、コレはコレでオークションの連絡に使えないし(ヤフで禁止されている)、ヤフメアドからヤフの取引履歴を調べられる事も(個人的に)問題だなあ、と思っていたんですよ。

どうやらG-Mail(グーグルさんのメールシステム)がかなり評判良いらしいので、試しに使うことにしました。
私はブラウザのホームをグーグルにしているので、まあ、環境はシンプルになりますわな。

た だ し、グーさんのトコに私が調べたワードが筒抜けになります(確かオプションで切れると思うが)。無料で2G近い容量をくれてやるわけだから、ソレくらいはしょうがないか。



 ココに書けば、ちょっとは調べるだろ、ぐらいのつもりのエントリー、で、し、た。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-31 01:13 | 雑記 | Comments(3)
2007年 03月 30日

KLX300SR シート表皮張り替え

 心地よい雨音と、心地よくない雨音があって、今日は心地よくない方でした。
「不安な感じで目が覚める」、と言うのか・・・。


3ETキャブの件、ココに書き連ねてたら、なんとなく吹っ切れたような気がする。
「#130以下はないだろう」
と思ってましたが、KDX200SRが#122、TMキャブとの比較はあまり意味ナシ、で。
(100番は言い過ぎかも)



 #130下のジェットの持ち合わせもないし、雨も降ってるんで、KLXのシート張り替え。


生地が厚くて伸びないんで、ちょっとすったもんだ。
c0009160_11534958.jpg






初期型KLX、あるいはKDX125系の青。
ああ、鬱だ・・・・・。
c0009160_11551886.jpg






結局、3台((KLX、KLE、DT)とも完調ではないです。
やはり一台は完調車を確保しとかないと、と思う今日この頃・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-30 12:02 | KLX-SR | Comments(0)
2007年 03月 29日

3ET PWK キャブセッティング そのいくつだ?

 さて、やりますか、お日柄もよろしいので。


3ET、PWK28キャブセッティングの話。
PJはこれでOK。あとはMJ。

======これまでのあらすじ========

純正キャブはTM28SSでMJ正規#150。
実車はチャンバーをプロスキルに変更してある。
前のオーナーがMJ#180でセッティングを出していた。
が、下(PJ)が合ってない。
TM28はPAスクリュウはなく、PAJを変更して合わせるタイプ。
TM系(ミクニ)のPJは手に入るが、PAJの番手は手に入りにくい。

で、ワタシがケイヒンPWK28に変更。
とりあえずMJ#180から始めるが、合わず。
#170でも合わず。

と、ここまでがあらすじ。


#185。だめだ。
なら#150。だめだ。
う〜〜〜ん。
#150でエアクリボックスの蓋を外す。
ボコついて下は嫌だが、上は上手く回るようだ。
c0009160_11355146.jpg




 



何度試行しただろう・・・・・座り込んで、ふとバイクを見ると・・・
うほっ
ハンガーボルトがない。落ちたか、付け忘れたか。
c0009160_1136263.jpg




ブタ鼻を取るか。その程度ではだめだ。エアクリボックス横の蓋を外さないと合わない。
#138。ブタ鼻を取っていれば、そこそこ。
このままPJを上げて下を合わせるか?それで鼻外し独特の開け始めのボコ付きは
消えるのか?

う〜〜ん、、、これ以上絞るのは怖いなあ。

テンパって悩んで座り込んでいる所に郵便。
?差出人を見ると
「○○市 吉田 恵」(あ、仮名ね)
?。○○市に引っ越したおねーちゃんなんかいたっけ?
いたような気がする。あれ恵だっけ?えーと、えーと・・
キャブの事で頭一杯で、頭が切り替わらない。
「びりっ」
あ。らいおんさんからでした。自分のボケに半笑い。

下のブツはスピードメーターケーブルを撤去した後に
ホイールのメーターギア穴を塞ぐ「安定した」「なにか」、です。
とりあえず、流れでこっちで報告。夜にでもBBSに顔出します。
c0009160_1213930.jpg





 
 ちょっと気分転換できたかな。
根本的にミクニとケイヒンでは違うのかもしれない。
あまりにもエアが足りなすぎる。
純正#150にこだわりすぎたか。



ここはひとつKDX220のサービスデータでも見てみよう。
KDX220SRならPE28の同径、MJは#122だ。(KDX-RだとPWK33)
「220で#122なら、200だと#120前後でもいいのか?」
まあ、クランクケースリードとピストンリードの違いがあるので、一概には比較できないが。

もう少し絞ってみるか、#135。ブタ鼻はずしでそこそこ。
テことは#132か?。
・・・・・・・・
少し不満はあるが、#132のブタ鼻カットで良いような気がする。



結局、なんだか昔乗っていたフィーリングに近くなってしまった。
最初に現車に乗った下の太そうな良い感じは、もう、ない。
純正TM28に戻るか?まだ行けるか?





ふう、疲れた。独特の閉塞感。
文章はかなり、はしょっていて、もっと色々考えてますし、やってます。
まだ満足した訳ではありません。
c0009160_11361338.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2007-03-29 12:34 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2007年 03月 29日

3ET まだまだPWKセッテイング

 調子の悪〜いKLE400でナプスへ。
KLEのブレーキパッドとジェットを買いに。
c0009160_23314596.jpg



さすが不人気車、銘柄を選べない。
リアはベスラ3564円、フロントはプロミュー2520円。
ネットで買えば良かった・・・・。

PWKメインジェット #175、#180、#185。@300円。
ミクニのスローも売っていたので、ついでに。#27.5、#30。@550円。
パイロットエアジェットは?ない?、あ、そう・・・・・・。


wreさん、まだココ見てるかなあ。ソレはKLX-SR用じゃなくて、初期D-虎の
ジェットを替えただけ、だと思うんだが・・・・。
細いニードル=N5AVなのは、D-虎純正MJが#120だから(KLXは#130以上)。
ま、使ってみるのも手かもしれませんね。

そういえば、D-虎のダイヤフラムの感想、書いてなかったですな。
軽い方が、フィーリングとしては若干、ぼんやりするようです。
好みとクセと走る場所が人によるんで、参考までに。




で、おまけ(でもない)。

チロルチョコ新味「青梅」
緑色です。ほのかに梅の匂いとすっぱさ。中は堅めの白いあんこ。
「抹茶味」とも違って、ウマーでした。
c0009160_23524699.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2007-03-29 00:00 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2007年 03月 27日

3ET PWK28 キャブセッティング

 MJ#170ではだめでした。
PJ守備範囲まではとても良いのだけど、スロットルを1/2以上開けると
「ぐぼぼぼぼ・・・・」
となります。わ、わかりやすー。
ニードルがほとんど荷担しない全開付近でも合わないので、クリップ段数ではないです。


そんじゃ、#160に。
タンク乗せたままでは出来ません。ワイヤーが邪魔をする。
c0009160_11242873.jpg






ありゃ、こりゃまただめだ。下の方も若干フィーリングが悪くなったので、
#170上ってことか。


ゆっくりアクセルを開けると、若干1/2上までついてくる感じがあります、良くはないけど。
ので、
フロートチャンバーの容量と、タンクからの経路径が小さくて、ガソリン流量が付いてきてない、と言う可能性もあるんですが、コレばっかしはどーにもできないんで、#180上げでだめなら(まだ買ってないけど)、ちょっと(PWK導入は)考えましょうかね。


まあ、ドコにもデータはないので、#180とかでもアリなのかも。
(チャンバー、サイレンサーは社外品です) 

素直に純正TM28のPJとPAJを手に入れてちまちまやった方が良かったか?
PWKだからといって、特に、どう、というフィーリングの変化はないです。
PASが外からいじれるから換えてみただけ。

「ナニヲヤッテルンダ同盟」戦闘員もこうやって、地道に活動してるわけです。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-27 11:54 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2007年 03月 26日

3ET PWK28 キャブ 換装

 てなわけで、東洋自動車さんにキャブケーブルを取りに。

内部。
ふつー、注文すると、注文書(名前、連絡先、依頼内容)を書くんですが、
「別に書かなくても分かるから、い〜よ〜」と、言われたんで、帰ったんですが、
おっちゃん、完全に何をするのか忘れて、まだ造ってないそうで。
c0009160_15201883.jpg





え〜、、、インナーケーブルを差し替えるだけで「3000円は高いなあ」
と、書きましたが、新規製作でした。
さらに、貴重な製作過程も見せてくれて、質問に答えてくれたので、
今度は「3000円は安い」に変更させていただきます。
ガスコンロのるつぼに溶かしたハンダが用意されていて、ソコにタイコを何度か漬け込んで、止めていました。
口金のカシメはプライヤーでも良いそうです。
インナーはステンレスで造ってくれました。ちゃんとテフロンチューブも付けてくれて。
さらに、まさに見たかったノウハウを見せてくれて、感謝。
パーツだけ揃えて想像で不安なまま製作するのと、誰かの製作過程を見て製作するのでは、段違いです。
c0009160_15203071.jpg






PWKと純正は、エアクリ側の口径が違うので、インシュレータを削るのですが、
stardustさんから「カッターはやめとけ」と言われたので、これで気長に削ります。
c0009160_15204047.jpg





計算上は2mmですが、ゴムなので、1mmぐらい削ります・・・・・ってほんとに気長に削らないとだめでした。
もっと強烈に削れそうなブツもありましたが、ささくれるのもヤなので。
c0009160_15205147.jpg





ワイヤーは15mm延長でぴったり。キャブトップのアジャスターがこれくらい調整範囲があります。
c0009160_1521076.jpg






フルオープンでここまで。
フルクローズ(っては言わないが)でスロットルバルブが全部下に落ちるのを
確認&調整してくださいね。
c0009160_15211045.jpg





削ったインシュレーターを付けてみます。きつきつ。
c0009160_15212177.jpg





バンド。例によって「手持ちの何か適当なモノ」でした。
「89」とか刻印が見えます。
c0009160_15213189.jpg






強引にやっても良いのですが、ワタシのいつもの考え方で、エアクリを外して、インシュレーター交換。
白いモノは液体ガスケット。前になんかあったのかも。
何をこの写真で説明したいかと言うと、ラジエーターのリカバリタンクに繋がるホース。エアクリハウジングから外すことは出来ません。
まあ、このワッカに切り欠きはないよ、てこと。
エアクリ外すなら、リカバリータンクも一緒に外しましょう。
c0009160_15214146.jpg






画面真ん中下。インシュレーターからエアクリとの接続部の下部。
位置合わせのベロがあるんで、注意してください。
c0009160_15215222.jpg






まあ、こんなもんかな。さて、ガソリン入れて、エンジンを掛けてみます。
c0009160_1522380.jpg






「簡単にかかんないだろう」
と思ったら、あっさり2、3回のキックで。アイドリングも安定。
ブリップするとキレイにフケ上がります。
「あれ?」
このブログ的にちょっと悲しいような嬉しいような・・・・・。
c0009160_15221436.jpg






試乗、感想はまた明日。
買ってしまったアクセルワイヤーアッシは無駄でした。2730円也。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-26 16:01 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2007年 03月 24日

KLX300SR シート表皮

 「雨降ってたら、遊びに行こ〜っと」←雨の山(風景)好き
と、思っていたら、なんだか晴れ。


 注文していたシートが来たそうで、新宿東急ハンズに取りに。
c0009160_16355843.jpg





 あ、関係ないけど、中国で売られている塩の90%が亜硝酸塩(塩に似た毒)
だったそうで。3%で致死だそうで。
よくそれで生きてるよなあ、中国人。
 つか、この比率で行くと、輸入された中国産のブツの90%にも、塩分には亜硝酸塩が使われているんでしょうね。直接中国産でなくても、ペットフードみたいに、廻り廻ってアメリカ産のなんとか、もそうなのかも。
ググれば出ると思いますよ。



 と、全く関係ない時事放談。
サンゲツ UP4688 1m/1700円。
これで全く問題ないと思います。いわゆる「純正同等品」。
カーテンを扱うお店なら、取り寄せ可能だと思います。
間違えたのは色。
3ETにぴったりだった(苦笑。写真とは色味が違っていて、ロイヤルブルーに近い。
c0009160_1636880.jpg





 肝心のKLXには?
・・・・・・・・
だめじゃん。初期型の色をイメージしてたが、金ホイールのこいつはもっと紫に近い。
c0009160_16361962.jpg






ま、しゃーない。ぶつぶつ言いながら作業。
c0009160_16363027.jpg






こっちもだめじゃん。水洗いせねば。
c0009160_16364183.jpg






スポンジから茶色い水が出るわ出るわ・・・・・。
一日じゃ乾きそうもありませんだすです。
c0009160_16365120.jpg





ついでなんで、昨日乗り損ねたリアサスのコメントに乗っかって、軽い補足。
アッパースタックシム。
径が二次曲線的に重ねているのがわかるでしょーか?
c0009160_1637341.jpg





メインの上部(伸び/テンション時にオイルが出てくる部分)
c0009160_16371365.jpg




メインの下部(圧/コンプレッション)
穴径とシムに当たるオイルの面積/形状が違うのが判りますね。
この形状とスタックシムの重ね方で、特性を造りだしているのだと思います。
c0009160_16373356.jpg




 
 と、後は各自、勝手に妄想してください。私も妄想します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



妄想終了。




 ちょっとシアワセな気分に浸った所で、フロントホイールベアリングの交換。
KLX-Rだから、メーターギアはないと思って、ふつーに見てましたが、
P/Lで確認したら、メーターギアは付いてます。
てことは、このカラーは何?
c0009160_16375551.jpg






例によって
「何か適当な都合の良かったモノ」
なんでしょう。
KLXのフロントは片側サークリップで止まっております。
c0009160_1638614.jpg






この径に合うプーラーは壊してしまったので、久しぶりにカラーをよけて打ち出してみますか。
あたしが使っているスナップリングプライヤー。
取り付け場所を変えると
「締め」にも「開き」にも使えます。
結構、使い勝手はよいです。
c0009160_16381961.jpg






やっぱ無理でした。若さと無知に任せて無茶苦茶やってた頃が懐かしい。
つか最近のバイクはホントにカラーの逃げが少ない。


メーターギア側のオイルシールも購入失敗したし(ブレーキ側と同じものが付くだろう、と安易に考えていた)、失意の中で今日はこれまで。



KLXもDTも動かせなくなってしまった。あとはバッテリーが弱って危ないKLEがかろうじて動くのみ。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-24 17:51 | KLX-SR | Comments(0)
2007年 03月 24日

3ET  パーツの話

 サスの話が↓の方で進んでいて、今日はちょっと乗ろうと思ったんですが、
会社で、今後のウチのセンターの行く末について相談を延々と受けてました・・・・。
(バイトに話する事かとも思うぞ)
なので、ちょっとだけ。



 え〜、3ETのアクセルワイヤー、注文してきました。
アッシでしか注文できません。やられた、ヤマハ。
マジで造れば良かった、と後悔。

と、ガソリンコック、受注生産になっていると話を聞いたのですが、
なぜか、O-リングパーツ単体でふつーに注文を受け付けられました。
その後、パーツ屋から電話もないんで、アレ?って感じです。
 

そんなトコかな。

ヤフオクで、KLX250SRの車体にKLX300Rを組んだ、(程度を除くと)全く同じものが、あたしの住む地域から出品されていたんですよ。なんで見かけたこと無いんだろ?  

 ま、訳あって覗いてたんですが(苦。


h50282457
c0009160_1332365.jpg



質問が
「混合ですか?」
って・・・・・・・・・・・・・・・・。こんな人に買われたくないなあ、と。
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-24 01:37 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2007年 03月 21日

KLX250SR  リアサスユニット分解

(*3/22 リアサス構造をコメント欄にて指摘を受け、修正) 

 悲しい事その1
 部品を注文しにパーツ屋へ。休み。あれ?平日休日とは珍しい。首をひねりながら帰宅。んで、世の中調べてみると、今日は休日らしい・・・・。ああそうですか、誰も教えてくれないですか、のけ者ですか、そうですか・・・・・。

 悲しい事その2
 DT200R(3ET)のBBSに、3ET+PWKをやった人を知らないか聞いてみたんですよ。そしたら紹介されたのが、このブログ・・・・・。循環理論?入れ子構造?。バイク関係で調べものをググると、自ブログが先頭に来たりしてがっかりすることもあります。まあ、親切に調べてくれる人がいただけでも有り難かったりするんですが。



 KLXのリアサスユニット、やり残してることがあって木になる。ので、バラします。

 まずはバネを。ロックナットを叩いて緩めます。
本体のネジ山は清掃してCRCを塗っておいてください。
c0009160_1231035.jpg





ロックナットが緩めば、KLXの本番ナットはフックレンチで緩みます。
フックレンチは、確か37Fの車載工具だったと思う。
c0009160_12311177.jpg






サブタンクのお尻からエアを抜きます。ビビリながらやってください(笑。
だいたい「なあんだ」となることが多いです(新品だと10kなんで、それなりなんですが)
c0009160_1231313.jpg






んで、パンの上でオイル抜きボルトを緩めて、オイルを抜きます。
c0009160_12312126.jpg






オイルの状態。まだましな方か。街乗りオンリーだとこんなもんかもね。
c0009160_12314317.jpg






サブタンクのお尻に適当なソケットを当てて、軽く叩いて固着を外します。
後は手で押し込めば奥に行くと思います。
この辺の噛み合う所は、パーツクリーナーで清掃してからやってくださいね。
c0009160_12315468.jpg





見えてくるCリング。細いマイナスでこじって外します。
「細いマイナス」の代用品は思いつきません。千枚通しはちょっとやりにくい。
c0009160_12321719.jpg





Cリングを外したら、空気入れ口金に、タイヤの口金に付いているナットをはめます。同じ規格なので、入るはずです。
c0009160_12322864.jpg






ナットをプライヤーで掴んで、抜きます。
c0009160_12324245.jpg






今度は本体ユニットのCリング。カバープレートは圧入です。小さな穴が2カ所あるんで、そこに適当な棒(細い六角かなあ?アタシはここは千枚通しの先の折れた奴)を
両方に差し込んで、ぐにっと。交互にちょっとづつでも良いんですけどね。
この作業をやると、必ずここに傷が付きます(プロの腕の見せ所かも)。ので、前オーナーがココをバラしたかどうかは、だいたいココで判断できます。
c0009160_1232532.jpg







そしてまたCリング。やり方は同じ。黒い方を押し込んで・・・・です。
c0009160_1233320.jpg






(ヤラせな写真)
c0009160_12331388.jpg





 と、ここまでは書くまでもなくマニュアル通り。実車(走り込んだ車体)で必要なtipsを付け足したぐらい。
マニュアル読んでもピンと来ない人は、この辺の作業はしない方が吉。
ネットでは、はしょった説明が多いように感じたので、書いたまでですよん。




ま、このナットが私の心残りだったんですよ。ほんとはここから本エントリーは始めたかったんですが。
c0009160_12332515.jpg




ここの構造。ナット上部のメクラ蓋は圧入。
※「圧入」ではないそうです。とゆー事は、やはりかっとばすしかないようです)
c0009160_1338817.jpg





と、その前に。真ん中の黒いブツがオイルシール。
上下動させて、動く感触をチェック。ロッドのよく使う部分のメッキが痩せて、
一部だけ動きがかなりすかすかになってるようなら、交換(再メッキ)になります。
c0009160_12333696.jpg





メクラ蓋を薄く削ればイケるはず。戦績、0勝1敗・・・・・・。
c0009160_12334698.jpg





どうだ?
c0009160_12335884.jpg





だめだ。・・・・・・・・・・・戦績、0勝2敗。
かなりの圧入圧で細いマイナスを当てる隙間もないので、これしかないのかなあ。
ナットを炙って、ドリル(正確にはリーマー)を当てても良かったかなあ。

山を修正して、ナットがスムーズに入るようにして終了。
c0009160_12341084.jpg





本体。
上から
ふつーのワッシャ(向きがあります)
トップスタックシム(うすーい弾力性のある径の違うワッシャを重ねたモノ)
ショックバルブ。バルブ本体。有名なtechnix(MX-TECH)
アンダースタックシム
ふつーのワッシャ(向きがあります)
と言う構成。ふつーのワッシャには、向き(裏表)があります。ばらす時(ばらす人はいないと思うが)は向きに注意。
c0009160_12342121.jpg






スタックシムの詳細。
径サイズの違いと順番がキモ。つーか特性の大部分を決定する所、のはず(若干自信なし)。
c0009160_12343437.jpg





※この図解と文は間違いです。加筆分が正しい・・・・はず。

こんな感じの構造です。バルブがしなってオイル流量を調節してます。
c0009160_14111623.jpg







※ここから加筆

オイルの流れはこんな感じです。
「ロッドに空いてる穴は伸びの時だけじゃなくて、両方に効くじゃん」
縮む時は、メインの方にオイルがほとんど行くように穴径を設定してると思います。
もちろん、若干は影響するとは思いますが。
c0009160_10541085.jpg





絵的な説明。
c0009160_115837.jpg





判っている人には無駄な説明でした。
    ※つか、知らない人には無駄な説明でもありました。
     詰まる所、無駄に間違いを書いて、無駄に恥をかいた私、て事で。
     良く見りゃ判るだろ!と自分にツッコミ。




まあ、ここまでの作業と、ここから戻る作業(完全な清掃、オイル注入込み)を考えると、サス屋さんに出して相場1万円前後がいかに安いか判ると思います。


結局やるんなら、Rのサスをバラせば良かった・・・・・・。
プレビューで確認しながら、
「もしかして、メクラ蓋の構造を勘違いしてるのかしら」
と思いました。本当はぽろっと残骸が外れるはずなんだが・・・・。



   ※まあ、ココは自分に一言。

ググれカス!
[PR]

by 3et3xp | 2007-03-21 14:30 | KLX-SR | Comments(8)