winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

なるほどね

原画の髪の毛の表現に、ここ2日ほど悩んでおりました。

原画はあまりにも他の部分に比べて、線が多すぎてバランスが悪い。
彩色もしづらい。


そんなわけで、今風の描き方に変えてみたり、単純化したりあれやこれやと。
根本的に、彼の線を追うと、破綻するのが問題。
髪が自然に流れてなく、てきとーに雰囲気でラインを描いているから。

かといって、アレンジすると、彼の画風ではなくなる。
「弱ったなあ・・・」などとあがいておりました、が、

SAIの使えるコマンド発見。

ペン入れの「鉛筆」を使うのではなく、「曲線」を使います。
いわゆるベジェ。

イラストレーター、、、というか今まで触ってきたベジェコマンドはどれも作法が同じで
使い勝手が悪かったので、このソフトも無視してましたが、
こいつは使いやすい。
線の調子を手作業で変極点ごとに太くしたり細くしたりして、「手書き風」にできます。

c0009160_0221560.jpg






一件落着。線の太さをMacで描いてるほうに合わせて髪の毛だけSAIで描いて、
PSD形式(フォトショ形式)でMacにコンバート。
大きさだけ調節すればおk。


こりゃ最初からこっちでやった方が楽だったかも。
作業は完全にポスターみたくなっちゃいますし、仕上がりはかなり機械的。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-30 00:32 | 雑記 | Comments(0)
2010年 06月 26日

ああ、めんどくさい2

Win機の画面、せせこましいのが本当なのか確認。
左右幅は確認するまでもなく広いのだけれど。
上下がね。



こっちはMacね。
c0009160_1812545.jpg



で、Win。ん?画面そのものはWinの方が広いのか?
Winはフォントが細いから、見づらくて小さく感じるのか?
カレンダーの文字なんて豆粒にしか見えない。同じサイトなんだけれども。
フォント設定を変えてみるか(osakaなんてないだろうなあ)
c0009160_1813665.jpg






Windowsって良くわかならい。
Linuxの方が分かりやすい。

Win7もログインで入るのだけれども、それはSUなのかユーザーなのかはっきりしない。
右クリックで「管理者権限でソフトを起動(だっけ?)」みたいなコマンドがあって、
強固に管理者権限を設定してるわけでもない。
使用者に断りなく勝手にUpdateし始めるし、何を入れてるのかも教えない。
よっぽどやましいもんを入れてるんだろ。

ファイルの落とし先も謎。
行儀良く強制的に¥user下に行かせるのかと思いきや、どーでもいいらしい。
じゃあ、いちいちダイアログでdosのフルパス見せるなよ、とも思う。


デバイスのマウント/アンマウントもWin7ははっきりしない。
オートマウントだが、ファイルを閉じると見えなくなる。



設定でなんとかなるものだろうか?勘違いなのだろうか?まだよくわからない。





G3、良いデザインでした。でも液晶の発色は悪かった。
内部空間に1mmの無駄な隙間があってはならない、みたいな風潮は誰がつくり出した?
所有欲求、という言葉はそこにはナイ、と思います。
c0009160_1815890.jpg








そんでいつもの病気。
「いやになった」と言った次の日に、しつこくSAI。
タブレットの調整が上手くいかずに投げてました。
デバイス設定のプロパティあたりにあるもんだと思ってたら、ソフト内でやるようです。

「手ぶれ補正」に期待しすぎた。使える紙サイズに限界があって、その辺もすったもんだ。
フォトショでやってもあまり変わらん悲しい線の調子。
c0009160_1814694.jpg





インターフェースデザインはフォトショクローンですね。
フォトショがひと通り使えれば、一見でもさくさく使えます。

手ぶれ補正は描き方によっては、はまる人もいると思います。
探りながら描くタイプの私にはあまり恩恵がなかった。
「マンガ描いてる人」向きなのかな。



うちのフォトショは5.5なので、よく分かりませんが、
下のレイヤ参照でコマンドが利くのはありがたい。

ああ、ファイル(紙サイズ)がdpi管理なのも面白い。が、おれにはわからん。
A4、350dpiとか分かりやすいのかもね。

塗りはまだ試してませんが、フォトショ形式で吐き出せるようなので、
あまり気にしてません。



スキャンして取り込んだ画像に直に流し込みをかけるとこうなります。
このノイズを消す作業は手作業で根気もいるし、背景合成も出来ないので、
結局、取り込んだ画像は、ただの下絵と化します。
c0009160_1822031.jpg




ペン入れ?した絵になら、流し込んでもこれくらい行きます。ノイズはリファインの範疇。
線の調子も出るし、やっぱこれ(フォトショ)でいいのかな、と思っております。
c0009160_1822958.jpg





飽きたんで、ちょっと休憩がてら。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-26 19:11 | Comments(0)
2010年 06月 25日

ああ、めんどくさい

いまどきのPCって買ったらすぐ使えるのね。

c0009160_23283633.jpg



シールが貼ってあって(うぜえ・・・)MSIのCR500と書いてある。
G4Macと同じ15インチのはずなのに、画面が狭い。意味わからん。
次から次に、なんかの窓が開いて確認取り来るし、ファンは回るし、
キー配置がなじめなくて何度+キーを叩いた事か。



amazonで42800円。メモリ買ったんで、+5000円。
石(いまどき石って言わないか、CPU)はCore2Duoのはず。シールはcelelonになってる。
もはやどうでもいい。
ま、Win7が付いてるからいいや、それで。
今調べたら、Dual coreとかなんとか。そんな統一性のない表記にもムカッとし始めた。
intel dualcore と celelon dualcoreでいいじゃんかよ!
 

ああ、お気に入りがすべて白紙なんで、ついでがあれば持ってくる事にします。
なにはともあれ、SAIとメモリをやらないと。



確かにスタイルとか崩れなくていいですけどね。



そんな感じです。こっちは。
若干、イラついてることが文面から伝われば幸いです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-25 23:43 | 雑記 | Comments(0)
2010年 06月 25日

どうしたもんか

彼の原稿が届いたので、ぐだぐだといじっておりまする。



打ち合わせで、色々な資料を見せてもらいました。
彼の好みの塗りの表紙のヤツ、ってまあ、いわゆるエロ同人誌ですけどね。
サイトも教えてもらいました。とらのあな・・・そういえば聞いたことはある。
それを見て思ったのは
「この辺のヤツをちょっとパクっ、て食べちゃえばいいんじゃね」
・・・・もうめんどくさいんだもん。

かといって、本人がPCで彩色する気はないようです。・・・・困った弱った。
アメコミが大好物の彼は、おいらをインカーみたいな立ち位置に考えてるのかしらん。



____________以下、不愉快な画像があります。_______________
            見たくない人は閉じてください。 


まあ、そんなこんだで、要するに「もっとエロさを感じさせるような表紙が良い表紙」
と言う事ら・し・い。


ペンシラーとインカーってさぁ、絵柄が近くないと良い関係にはならんのじゃね?と思うよ。

右が原画にそのまま着彩。白のノイズが多くて、フィニッシュまでは相当に手間がかかる  
中は原画を下敷きにPCで線をトレース気味にリファイン。まだ原画イメージはある、と思う。
  トレースさえすれば、着彩に時間をかけられて楽。 
  ちなみに肌の着彩はここまで15分位で行けます。PCは楽なもんだ。
左が彼の原画の気に入らない部分を直したもの。オリジナルイメージのままのつもりだけれども。
c0009160_14543192.jpg





大きな声では言わないけど、彼のその奇形じみた巨乳とか肥大した乳首とかナスのような形の頭とか
末端が異常に小さい人体デッサンとか、あまり”好み”じゃないんだよねぇ。
もちろん、彼の絵が大好きな人もいるでしょう。人の性的嗜好はそれぞれなんで。
それもまた”お仕事”。


左で上げたら彼的によく思わなそうだし、冊子の中身はまるっきり右なので(当然)、
真ん中位をやはり着地点にして進めましょうかねえ。


と書いてたら、またふんどし運送さんが来て、PC置いていった。
今日の夜は、移行作業になります。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-25 15:58 | 雑記 | Comments(2)
2010年 06月 25日

う〜ん

昨日のエントリーを書いて、寝ようと歯磨きしながら自問自答しておりました。


あ、無駄な独り言です、駄文。




買いたくない、というのは「怯え」だな、と。

割と長年つきあってきて、当たり前のように身近にあったAppleプロダクトを捨てる事。
高い買い物に失敗するかもしれない事。


あましほめられた姿勢じゃねえなあ。
自分が他人なら間違いなく
「ばかじゃねえの? なにをぐだぐだと5万くらいで。やってみらんとわからんじゃないか」、
と言ってますな。


幸い、SAIというソフトはロースペックでも動くので、ATOMだろうがPen4だろうが良いらしい。
後は、自分がいつまでそれを使う気なのか、だけだな。

せっかく買ったのに、やっぱいやになってMacに戻るのもぶざまなんで、
出来ればMacは捨てて退路を断ちたいとも思ってるんだけどもね。

ベアボーン買ってもミニタワー買ってもBook買っても結局総額5万はかかるんで、
あきらめた。

顔洗って、再度PC立ち上げてamazonでポチっと。



もうどうにでもなぁ〜〜れ
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-25 01:42 | 雑記 | Comments(0)
2010年 06月 24日

めんどくさ

月曜深夜に、例の件でうち合わせ@ファミレス←定番

まあ、本人の熱意にちょっと引き気味。
売る事に対してかなり真剣でした。
う、う〜ん、それならもうちょっとコッチもちゃんとやらねばまずいぞ、と。



ソフトはSAI、とゆーやつで良さそうだ。
で、Winマシンの件・・・・・。

2日ほどPen IIから止まった知識をネットでかき集めたりしておりました。

何度かWinの世界に戻ったりしましたが、情報を始めるのはいつもソケットからですね、わたしは。
一番汎用性の高いソケットが分かれば、その中で一番下位のグレードのCPUを狙って・・・

と、思ったら、(PC界的に)長い年月の中、ものすごい派生が出てるようで、
とても追いつけません。

Core2duo(or Quad)かCore i3あたりがわりかしわかりやすい型番か。
今どきなら2仮想(って言ったっけ?)以上じゃないとダメっぽい(雰囲気の話ね)。

同じくらいでPen4なんちゃらとかCeleなんちゃらなど後ろ付きであるようですが、
キリないので無視。  覚えきれんわ!!!


OSも悩み。
Win7対応機をXPで動かすのがベストのようだけれども、XPで良いのか?と聞かれても
使ったことがないので、なんとも。
OS Xの時のように、動画系で引っかかるような気もしている。XPは終わったOSなんで。

素直にその辺を満たす機体は5万から。いや〜そこまで出す気はぁ・・・・・・。
それ以前で、どれもなんかカッコ悪くてやる気が失せる。

じゃあ、自作か、とヤフのケースを全部見たけど、全滅。

これが、「お、わりかしいいじゃん」と思ったヤツ。
35000円位。ただ、スペックがかなり怪しい。
・・・いや、ばちモンとか廉価版とかそーゆー意味じゃないんです。
セカンドとか録画マシンとかそんな用途らしい。
c0009160_1331588.jpg





なんだか、一生懸命フロントデザインにがんばったケースが売ってたりするけど
そこじゃない、と思ってるんだよねえ。
アスペクト比(縦と横の比率)なんだよねえ。
MacⅡsi。
c0009160_137985.jpg



Win機はその辺がなんだかどれも気に入らないアスペクト。
なんつーか、曲解されたモジュロール。



右は確かQuadra、か8500?。”曲解されたモジュロール”の例で出しても良い一番悪い頃のMac。
それでもアスペクトに気を使って左側の面を落としている、よね。
Mac miniは左のヤツの縮小コピーのような寸法比だとおもう。
Appleのデザイン部もその辺は分かってるんだろうねえ。
c0009160_137469.jpg





ああ、良いなあ、、、、、、、、、、。
なんだろうねえ、(陳腐な)黄金比とかじゃないと思うんだけどなあ。

c0009160_138235.jpg





意匠登録されなければ、この寸でも出せるんだろうけどねえ。
形が大好きだったLC。
c0009160_24922.jpg



とはいえ、ClassicもLCも、その頃の漢字Talkは使い物にならなくて、大嫌いでした。



現実逃避して、全く進まないまま。
ATOM230がグラフィックの仕事で使い物になるのか未知なんで。
あの小ささと構成は好みなんですけど、買うには怖い。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-24 02:50 | 雑記 | Comments(0)
2010年 06月 21日

こらこら

今日は雨降る話だったので、惰眠をむさぼってました。

しょうがないんで、奇しくも映画を観てました。レンタルDVDですけど。
バイクの駐輪が厳しくなった昨今、都内だと映画館で映画を観るのはもう不可能に近い。


ランド オブ プレンティ  ヴィム・ヴェンダース
c0009160_0383627.jpg






こっちはいいから「アメリカ、家族のいる風景」が借りたかった。
TUTAYAも店舗によって品揃えが違うからなあ。



感想は一言、 
   わかりずれえよ

この主題で、もっと分かりやすいのは他にもあったと思った。
もっと痛いのもあったと思った。
監督のコメンタリーを観て、「え?結局やっぱりそれが主題なの?」と。

「まさかそんなありきたりのが主題じゃないはず、きっともっと・・・・」
と思ってたら終劇。

う、うん、、、、ヴェンダースらしい表現ではあるけれども・・・・・。
彼らしい表現であるとは思うけれども・・・・・。
と、直後の感想を書き連ねながら推敲してるうちに、「あれ?良くできてるんじゃあね?」と。






 以下、ネタばれ

パケ写右上のオヤジは悪くなかった。彼はアメリカの痛い部分としてプロット。
初見で「もっと痛い人として描写しないと伝わりにくいんじゃね?」と思ったが、
彼に感情移入できないほど病的な人にしちゃうと、中立性が消えることに気付いた。
彼の感覚はしごく当然である、という事を肯定出来るか出来ないかのぎりぎりのラインでの
プロット/表現であって、それが(彼の行動が)中途半端で伝わりにくい。


左上の女性は世界の代表としてのプロット。
初見は「もっすごいかわいい」「グローバル、を表現するにはあまりにもイノセンス」。
それはコレを書いてる今も変わらない。
コスモポリタンの立ち位置を伝えたいのなら、
少なくとも(彼女の経歴を口頭で説明するだけじゃなく)3カ国語を話すシーンは必要だったと思っている。
おそらく、ヴェンダースは「世界は優しい目でアメリカを見ている」と伝えたかった為に
彼女の性格をあのようなイノセンス/マリア的、に、肉付けしたのだと思うけれども
あたしには少し楽観しすぎのように感じた。



けれど、どちらの登場人物にもそこまで(代弁者としての立ち位置を)与えずに、
低いエネルギーのまま、最終的に、彼女の「優しさ」で〆てしまうのは、
それこそがヴェンダースのモチーフである「家族愛」なのだろうなあ、と。

個を国家にたとえて始まったストーリーは、最終的に個に戻って終わる、という構成かな。


映画を観て、コメンタリーを観て、「珍しく政治色の強い映画を撮ったんだなあ」
と思ったが、こうやって振り返ってみると、それはそれはヴェンダースらしい作品であったのでした。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-21 01:53 | 雑記 | Comments(0)
2010年 06月 19日

じゃあ、やるか・・・・

ブログ開始当初は、個人的な整備のやり方などを解説してたりしましたが、
今やめんどくさいというか重複するというか・・・・。


上がYZ、下がDT。何でこんなびみょーな事を・・・・などと。
まあ、その辺がヤマハさんらしい良心だなあ、と思いますが。
全てのパーツに対して手を抜かずきちんと吟味するその姿勢、好きですけどね。
c0009160_17283992.jpg







行った道を戻って、また行きます。
ゲーム的に言うと「2周目」。1周目のアイテムは引き継ぎなので楽。
c0009160_17285148.jpg







2mmほど変な隙間が出来ると書いたトップキャップボルト。
よく見るとYZは逃げがあった。解決。3ETの方にはありません。
そんでもステムナットの寸法違いはダメなんで、例の水道管用ナットを買ってきて
かさ上げしました。
面で当たる分、安心。
c0009160_17285972.jpg








前回、取り付けずに「まあ、大丈夫だろう」とほおっておいた部分。

マスターからのホースの取り出しがちょっと特殊な位置。
大丈夫ではなかった。

YZはホースの取り回しがライトカウルの中を通るタイプ(セローと同じような取り回し)なので
そのまま使うにはホースの長さも少し足りない。

ブレーキスイッチの件もある。

あわせ技でマスターからホースまで昔買ったランツァのマスターを使う事に。
あ、レバーはランツァ、DT、YZと同じでした。
c0009160_17291173.jpg







と、思ったらこれだよ・・・・・・・。
こんな時に限ってインパクトドライバーは貸し出し中。
しょーがないんで急遽1000円の安い奴を購入。でもダメ。
タガネで回しました。サンダーで、はつっちゃうのは最後の手段。
c0009160_17291933.jpg







開いた、と思ったらこれだよ・・・・・・・。
ゼリー状になってた。実はこんなの初めて見ました。
何回かストロークさせちまったよ。
(これ以降、こんなの見ても驚かなくなるんだろうなあ・・)
エア抜き作業でタッチがやって来たので良しとするか。
雨降りそうで怖かったよパパン・・・。
c0009160_17293064.jpg








後は電装。ラック風にして引き上げときます。
昔いっぱいあった手持ちのカプラ群がほとんどなくなっていた。
キースイッチはマニュアルを見て短絡。赤=茶(書いて良いのか?)。
ハーネスはいつか整理したいねぇ。
c0009160_17294283.jpg







ミラーがハンドルに付いてなくて外せない、とか、ブレーキガイドが足りなくて手持ちを探した、
とかポンチで回したマスターのビスの手持ちを探しまくった、とか
マイナートラブルに合いつつも終了。
ぱっと見、ノーマルと変わらない←コレ重要。
ちょっとその辺を走ってきます。
c0009160_17295491.jpg








ん?んん?・・・・良くないですな、ハハハ・・・・。
リアのアジャスターを確認しようとしたら、クリック感がなくなっていた。
んああ・・・・。
(クリック感があるタイプは止まる位置じゃないと最強になったりします。書かないけど)

まあ、ブレーキは良くなりましたけどねえ。
ただし、かちっとしたタッチじゃなくて、あたし好みのぬるっとした(笑)タッチ。
ローターとかフルードとかホースとかマスターとか、まだまだ変える手はあるので、これはコレまで。
マスター径は合ってる模様。昔のレーサーなんで多分、そこまでシビアじゃないと思われ。



フロントが重い感じがするのが一番。
パッドの当たりが悪く、ブレーキが引きずり気味なのが理由かもしんない。
実際重いせいかもしれんし、まだわからん。

キャスターが寝たのはそんなに気ならなかったです。不思議な事にかなり自然な感じ。
またサグ取るの忘れてますた。もういいや(笑。


なんかね、「踏ん張りすぎ」って感じ。あ、伸びアジャスターは最弱です。
街乗りのフルブレーキングでストロークの20%ぐらい行って欲しい。
まあ、そりゃYZのサスだからねえ、そんなもんといえばそんなもんか。
低レートのスプリングは買う気なし。つかもう廃番だろうよ。


車体が大きく動く方が好みなんで、その辺は人によるかも。
明日は・・・・雨だよなあ。。。。。。。。。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-19 18:41 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2010年 06月 19日

まあ、、、うん、、そんなもんだ

2HGのFホイール落札。
タイヤからローターまでのセット。
3000円+送料1630円=4630円。 




うん。出品写真で分かっていたけど酷いね。ワイヤーブラシで一皮むいてます。
昔のレーサーなんで、鋳鉄ディスクです。今どきはレーサーもステン、、、かな?多分?。
厚さもだめかもしれん。
寸法もらう為に5000円かあ・・・・・・・・・。
c0009160_0112091.jpg





あ、サイズはOKのようです。外径220mm、内径86mmでした。
ボルト穴位置に特徴があるのでわかりやすいと思います。


素直?にフォークとホイール、ブレーキはTT-Rで揃えた方が良かったのかもしれません。
ま、その辺はまだ高値ですけど、パッドは手に入りやすく、YAMUSIDAなら安いし、
フォークについても、TTの内部構造は安定したカートリッジで、作動性も悪くない。
程度の悪いのはないと思うので、シール交換は必要ないだろうから、結局安上がり
(部品代だけで1万かかりました)かもね。

私の場合、
1)ホイールセンター&アクスルシャフト製作の話がめんどくさい。
2)初期投資が安い。
3)公道車TTフォークよりレーサーYZフォークの方がいーんじゃない。

みたいな判断だったんですが、2)と3)はみごとに目論見が外れましたな。
ま、3)はびみょーかもね。


今、すごいこと考えた。
3ETのブレーキローターをサンダーで削る、ってのは・・・・・・・・・・?。
そんなに精度いらない・・・かな?。
熱を逃がしながらゆっくり削れば・・・・どう?


前代未聞、、、、だなあ。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-19 00:50 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2010年 06月 16日

なんだかなあ

右目のまぶた痙攣を修復する為に、塗れタオルを当てて寝たり、
ブルーベリーを食べまくっておりました。
ずいぶん収まりましたが、結局の所、医薬品の点眼薬で違和感がほぼ消えました。
ものすごい即効性。

まあ、それはどうでもいい。



DTの件。
結局、ローターまで行ってみることにしました。
毒皿。
前エントリーの比較写真、興味ない人にはなんにも変わってないように見えるけど
個人的には
「うほっ!さらにYZっぽいじゃん。」
てな感じで、見るたびにちょっとテンションが上がったり(恥。
子供っぽいなあ・・・・。



今セットしてる3ET/DTはアタックにはあまり向いてないと思います。
街乗り〜林道キャンプツーリングまでこなせれば十分。
88年製のバイクに多くは望みませんよ。

軽くて粘るPWKキャブの恩恵でアタックが”悪くない”程度ですね。
なにもかも上のレベルでこなせるバイクは存在しないんじゃないか、と思っております。
つかアタックに関してはKDX220Rを知ってるので、それと比べると2段ぐらい落ちるかな。

250ならどうなの?って思いますけど、そこは趣味の領域、200にこだわるのも悪くないでしょ。
軽いバイクが好きなんです。


ま、うちのKDX220にバランサーが付いてれば、とか、前のKLX300SRの始動性が良ければ・・・・
みたいな事は考えますけどね。


目が治って、ようやくPCの前に座れるようになったので、肩慣らし代わりの雑記、でした。
[PR]

by 3et3xp | 2010-06-16 00:13 | 雑記 | Comments(0)