STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

やっぱり1月はなにかある

毎年毎年、1月は体調を崩してる。

ノロでした。


土曜日は会社的な用事で品川へ。
会社的な用事なのに、会社からは一銭も出ない、という。

c0009160_16541593.jpg



帰ってから、マニュアル通り、嘔吐、下痢、悪寒のコンボ。
最初、食中毒かと思い、梅干しを買ってきて3つほど食べるも、消化されることなくリバース。
病院行って診断されても、治療はないそうなんで、行っても無駄&行く気力なしで、
お布団の中でじっと耐えるのみ、でございました。

三日間、延々とポカリスエットorソルティライチのみ。

なかなかいいデザインしてるね、ノロウイルス。



体力戻ったので、3ET。


クーラントの減りが早い。
おそらくラジエーターキャップの劣化と思われる。
安い車用の汎用品でおkなんだけれども、通販では写真しかないのでなかなか手が出せない。

割りと昔から不思議に思っている、3ETのリカバリータンクのブリーザーホースの処理。
フレーム通されると、中の錆とかどうなるんだろ?
c0009160_1792043.jpg




とまあ、確認のため、ホースを外に出して、色々と部品を買いに行ってきます。
c0009160_179085.jpg




う~ん、やっぱりか。
年代的にサーモの劣化&経路の水垢による詰まりの合わせ技の可能性もあるが、
いずれにせよラジエーターキャップは交換時期なんで、手に入れないと、な。
c0009160_1795741.jpg




むか~し昔、GPX250は、ラジエーターの内部が水のミネラル分と思われる
白い析出物で詰まっていたりしてました。
そんな事もありましたなぁ。


ちなみに、うちの3ET、水も漏れてるし、2stオイルも漏れてるし、Mオイルも漏れております。
そのための部品注文なんですけどね。
自分もそうだけども、おじいちゃんのメンテナンスは大変だあぁね。
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-27 17:31 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 01月 18日

3ET リンク廻り

最近、3ET関連が加速しております。

なんでだろう?


これなぁ~んだ
3XJと刻印されている。
c0009160_032162.jpg




ヤフの画像では、なんか書いてある、位にしか、この刻印は見えなかった。
YZ125。3XP系のYZ、とも言う。
c0009160_063940.jpg



そんな話なら、付くわけもない・・・・・・・。
計2210円。
写真で見ると、かなり小ぶりに見えたのだが、現物はデカかった。
あ、私の話は長さ問題です。
c0009160_033230.jpg





そんなわけでこの話は、これで終わり。
さっさと捨ててしまいましょう。
あるかもしれなかった作業写真もないので、ボツにした写真をバックに書き連ねます。
穴さえ合えば外周のRなんてどうでもいいや、と思いましたが、
わりかしクリアランスはシビアでしたね。
アルミで鉄なみの強度を出そうとしてるから、ごつい事ゴツい事。
リンク製作はやってらっしゃる方が多いようですが、
多分、問題はこの穴径のドリルが使える環境にあるかどうかじゃないかな?
まあ、この厚さの部材を切り出すのもそれはそれで大変ではあるのだけれども。
c0009160_035233.jpg





しょうがない、とりあえず、プリロードを多めにかけておくか。





そしてハンガー実測。

   ハンガー巾  実測(3ETは車載状態のため、誤差あり)                        

              エンジン           →F
 3ET  75       60      100    
 3XP  70       50       95


ケースは見た感じ同寸と思っていたが、実際は3XPの方が小ぶりだった。
グラム単位で軽量化を頑張ったのかしら?
間違い無く言えるのは、3ETのエンジンは3XPのフレームには載らない、てこと。
(やる意味もワカランが)
逆の、でかいフレームに小さいエンジンを載せる分には問題なかろう。
ワッシャで調整すれば良いだけ。



それで、だ。ココからが謎。

4TPは3XPから排気量アップのため、最新の3XPを下敷きにしてエンジン設計をしてる、と思っていた、いや、いる。
実際、リードバルブ廻りやクラッチ廻りは3XPと4TPは同じ。

ならば、3XPのフレームに4TPのエンジンは加工なしで載るはず、である。

が、「載らなかった」という報告があるわけで、そうすると4TPのエンジンは3ETベースなのか?

古いエンジンをベースに?わざわざ?



不思議だね。

だんだんと全容がはっきりしていく。
載せてみないとわからないのは、エンジントップハンガーの形状と、チャンバーとエンジンの位置関係。
まあ、3XPのYPVS補助チャンバーが3ETのフレームに当たってアウト、
みたいな結末もありっちゃありか。

ぶっちゃけ欲しいのは電装系とクラッチとアルミシリンダー。

あ、そういやyzでは、またピストンリードバルブに戻ったようですね。
死にゆく2stのポート再設計とか、メーカーさんはほんと偉いなあ、と思います。

  
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-18 01:18 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 01月 16日

3ET 互換性、色々メモ

う”~400Fかぁ~。
思いは千々に乱れて、何も答えは出ない。

今思うに、[KLX300R、なんで手放したんだろ?」と言うことくらい。


それは置いておいて。

こっちはリアアームのYZ125(YZ250)との互換性についてのメモ。
赤印、ナットが共通なので、ピポットシャフト径はおそらく一緒だと思われ。
スリーブの型番違いは、YZのみ付いているスラストベアリング分の厚みだと思われ。
c0009160_14534876.jpg




こっちは3ETと4TP、3XPとの吸気廻りの互換性
赤印、リードバルブアッシが4TPと3XPが共通なので、インマニの固有型番は
YDISのありなしの違いと思われるが、G/Kの型番違いの理由がわからない。
エアクリボックスは3ETと4TPで共通。
c0009160_14523791.jpg



余談ですが、3ETのG/Kは1KT/TZR250と共通ですね。
3BNは確かDT125(初期型)だと思ったが、未確認。


そうそう、リアブレーキがらみで、4TP-2型固有のホイールカラー
4TP-25383-10
は生産中止となっておりました。





面白いのは、リードバルブアッシが3XP&4TPは1LXというYZのパーツになってる事。
こうやって書き出しても、紙をなくしてしまうので、ブログでメモメモ。

ちなみに、らいおんさんの過去ログで、3XPと4TPエンジンは下側ハンガーの幅が違うらしいとの
情報があった。
フレームハンガー溶接はしたくないので、これが駄目なら、全てダメになる段取りになっております。
採寸は後日。
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-16 15:25 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 01月 14日

あかん

さすがに雑記。


これくらい平気か、と思ったが、公道タイヤでは手も足もでませんでした。
平日なら車のワダチで何とかなってましたが、今日は休日、なんともなりませんでした。
c0009160_15542668.jpg



坂の上(画面奥)まで汗だくで15分くらいかかって行った所でギブ。
チャリも出しましたが、雪にフロントを食われて前に進まずやっぱりギブ。
会社に休みの電話を入れました。


悔しいのう、悔しいのう、あんちゃん、わしゃ悔しいよ・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-14 16:10 | 雑記 | Comments(0)
2013年 01月 12日

DT200R DT200WR エンジン換装 下調べ

タイトルはついでで、本題はキャブの清掃&セッティング替えです。


こりゃな~んだ?
左:3XPマニホールド  右:3ETマニホールド。
なんだか変にせっちゃって、計3260円。
エンジン、ハーネスは既に用意してあるんですが、このパーツは持ってなかった。
c0009160_16483260.jpg




うーん、かなり大きい。
YDISと2stオイルデリパイプは3XPでは別の場所にあります。
c0009160_16484757.jpg



リードバルブアッシのみの換装は無理なので、その証拠写真でも。
この微妙さ(笑。
c0009160_173208.jpg




サイズが違うので、リードバルブアッシは付きません。
リードバルブアッシの厚み分浮かせて、3XPマニホールドを仮にねじ込みます。
角度そのものが違うな、こりゃ。
c0009160_16491128.jpg




こっちの方が分かりやすいか?
c0009160_16493334.jpg





3ETだとこんなもんだ。
c0009160_16494433.jpg






寸法を当たっておきましょう。
3ETだと、およそ60mm
c0009160_16502044.jpg



3XPは角度が違うので当てるのが難しいが、センターで50mmくらいか。
c0009160_16502949.jpg






マニホールド側は厚み的にほぼ固定になるので、寄せるとしたら、エアクリ側からか。
ちなみに、この画面中央付近に3XPも4TPもYDISが付いております。
こっちから寄せるのも難しいなあ。
c0009160_16511514.jpg



こっちはランツァ。 エアクリ、3ETと共通だっけかなあ。
ストレート形状ですね。
c0009160_17123583.jpg



こっちは3XP。エアクリに取り付く形状が違う。
c0009160_1714505.jpg




う~ん・・・・・・・。
3XPエンジンには、台湾製のPWK30をセットしようと考えてた。
(TM系列はPJが市場に出回っていないから)
PWK30はデリパイプ穴が塞がれてるから、それも問題。
YDISはいずれにせよオミットせざるを得ないか。
c0009160_17181485.jpg




ランツァのエアダクトならいけそうかなあ?
ちょっとまだわからんね。








もいっこ検討中の件のメモ写真。
タンクの裏。
c0009160_16512480.jpg






カウルステーの位置。
c0009160_17305898.jpg



メインフレーム辺り
c0009160_1731636.jpg



CDIの移設位置は悩むなあ。
最近ではヘッドパイプ付近に固定してるのをよく見る。
c0009160_17311648.jpg



混合仕様にしろ、ってことかね。
c0009160_17313243.jpg





学生時代に新車で買った3ETは、ヤフオクも経済力も経験も知識もなく、
乗った距離は結構なもんだったけれど、ほぼノーマルのまま終わらせてしまった。

2013年の今なら、当時、心残りだったことをやってあげれるような気がするが、
残念、当時あった情熱、というものが、2013年には減ってしまっていた。

ああ、時間とはなんと無情なことよ・・・・・・・。

(ま、もちょっと続くんだけどね)
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-12 17:59 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 01月 09日

リアブレーキ廻り 3ET 4TP 検討

毎年のことですが、あたしには盆も正月もありません。
まあ、学生の頃からずっ~とそんな感じ。


さ、、て。
c0009160_13501236.jpg



DT200R(3ET)。リアブレーキ廻りの話。
スライドロッドもサビサビで、ブリーダーボルトも折れてしまっております。
それでブレーキ効かないのか?と聞かれれば、そうでもない、という・・・・・。
c0009160_13502636.jpg




で、これはランツァ(4TP-1)のリアブレーキ。
ヤフオクにて、計2100円。正月だったので、手数料が420円になってた。。。。。

サポートが3ETより小さく(軽く)なって(目分量)、ブレーキピストンが樹脂コーティングされております。
そのかわり、パッド交換はめんどくさくなりますが。
c0009160_13502989.jpg




先行者:さとやん(さん)。顔も名前も知らないが、割りとデータとしてお世話になっているという。
と、いってもさとやんさんは逆で、鉄スイングアームのランツァに3ETのアルミスイングアームを
つけた方です。

上:ランツァ
下:3ET
書いてある通り、多分、本体はいけそう。
c0009160_1350366.jpg



で、問題の部分。3ETは26mm
c0009160_13505013.jpg




ランツァ、画像はヤラセで、実際は24mm
c0009160_13505132.jpg



3ETは2mmの取り外し不可のカラーが入っております。
c0009160_1352967.jpg




サポートガイドも同寸でした。
c0009160_13511458.jpg



さとやんさんブログで、ガードステーが当たるのは了承済み。
とりあえず、避けて仮組みしてみます。
c0009160_13515693.jpg




これは予想していた部分。
3ETのブレーキロータ止めボルトは頭が高い、ので干渉する。
止めボルトだけの交換にはなりませんよ、ローターからの換装になります。
c0009160_13514171.jpg




う~ん、アームとサポートのすきま。
c0009160_13512781.jpg




およそ6mm。
c0009160_13513586.jpg




ちなみにこれは、らいおんさんからいただいた19inchリアをとりつけた写真。
ブレーキローターはランツァのものなので、クリアしてます。
すきまもやはり同じく6mm。
ま、ローター廻りは金の力でどうにでもな、り、ま、す(金があればね^^)。
c0009160_13514821.jpg






ちなみにこれが正規。それでも2mmほどすきまがあります。
これが工業製品としての逃げなのか、何かが間違ってるのかが不明。
c0009160_13523527.jpg




う~ん、なんか計算が合わないゾ、と。

ここから先は写真なしのテクニカル。

ランツァ ホイールカラー 1型 4TP-25383-00
                 2型 4TP-25383-10


ランツァ2型と3ETのスイングアームは同じ、と言われております。
が、ランツァは、クイックリリース機構と呼ばれるモノついてまして(クイックリリースそのものはちょっと違うが)、
それは、ホイールシャフトを外しても、ブレーキはアームに付いたままになる仕組みの事だったと思います。
具体的には、問題になっているカラーが、スイングアーム側に引っかかっている構造になります。

と、すれば、ランツァ2型のエンド側の形状は3ETと違うのではないかな、と思うわけであります。

さとやんさんはこの辺のことはぼかして
「カラーを2,3個買ってみた」としか書いてないようです。

う~ん、見当違いかなあ?

まあ、2~4mmのカラーを探せばおkなんですけどね。



ローターは買わないといけないわ、ブレーキガードステーは削らないといけないわ
カラーを探さないといけないわ、パッドも買わないといけないわで、
割りと換装にはお金がかかることが分かりました。
金をかけてすんばらしく良くなるかというと、そうでもない、、、、ですね。


いろんな意味で、もうこのスイングアーム、駄目かもしれない。
c0009160_13521668.jpg

c0009160_13522278.jpg

c0009160_13522948.jpg



計測ミスだろうか?
それにしても2mmほど計算が合わないのが謎だ・・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-01-09 15:12 | DT200R(3ET) | Comments(5)