winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 25日

ラジエーター屋さん

無けりゃ無いで不便な自転車。

「ママチャリでも買うか」
と思い、Amazonさんにお願いしてみましたが、
ママチャリだからといって5000円くらいで買えるはずもなく(相場知らず)
ママチャリが買える値段だと、もちょっと違う種類も選べそう。

そんで調べた。



ワカラン。

以上!
マウンテンバイクなのかクロスバイクなのか?
かご付きなのか、26インチなのか27インチなのか?
c0009160_23261536.jpg

c0009160_23262438.jpg

c0009160_23263592.jpg




さて。

教えてもらった鈴木ラジエーターさん。
外観でちょっと引いたけれど、中に入ると近藤内燃機屋さんなみの町工場状態で、ちょっと安心。
c0009160_2362740.jpg





バイクのアルミラジエーターだと、分解不可だそうで、切って洗浄して、再溶接するしかないそうです。
さらにそんな簡単な話ではなく、古いと色々問題が出る場合もあるそうで、2つで15000円くらい、だと。

それよりもランツァのラジエーターのステーやパイプを移設した案の方が安上がりだろう、
と言われた。

うん、なんか道が見えた気がしたよ。



ランツァラジエーター移設で問題になるかな、と思ってるのは一つ。
右ラジエーターは3ETのほうが薄いのだ。
c0009160_239177.jpg




経路下の接続の金属パイプは発注済み。
これの交換の時にもちょっとしっかり見てみよう。

まずは交換して、だめならランツァラジエータを付けてみて、それで良ければ
鈴木ラジエーターさんにお願いする、という段取りにする事に。

ちなみに、アルミ溶接中のトップ部を見せてもらったが、
技術的にはどうなんだろうね、まあ、全く出来ないアタシが言うのも何だけどな。
まあ、言うてもプロだし・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-25 23:33 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 19日

作業検討 メモ

3ETに関する今後の作業についての検討メモです。

他人には一切意味がありませんし、参考にもなりません。
書きながら吟味してるようなもんです。



さ、て。

結局オーバーフローは治らない。
それが出発点なわけだ。

どれかが正解になるわけだが、現時点ではわからない。

1)下のパイプをとりあえず新品にしてみる。
2)YSPさんに教えてもらった鈴木ラジエーターさんにラジエーターを綺麗にしてもらう。
そして
3)ほんとにラジエーターかどうか不明なので、程度の良いランツァのラジエーターに交換してみる。

スタートはこの3択。

3)はかなりややこしくて遠回りなのだが、3ETのラジエーターがアウトだった場合、
もうランツァのラジエーターしかないわけで、
なんとなくいつかは通る道のような気もしていて
それならば、ここで足跡をつけても良いのかな?などと思ってはいる。


ランツァラジエーター
経路は同じなのだが、パイプの角度がビミョーに違う。
もちろん、フレームへの取り付きも違う。
が、右のラジエーターが3ETより容量が大きくなる。現在2000円。
高年式だけあって、程度はかなり良い。
c0009160_235842.jpg




取り付きはなんとなく何とかなりそうな気がしている。
パイプの出る角度が違うのは、ランツァの方がラジエータが前に出ているからだ。
3ETで検討してみると、ハンドルが当たらない50mmは前に出せそうだ。

どの道、取り付きは素直には行きそうもないので、その時50mm前に出すようにしても構わない。
問題なのはシュラウドとの取り付きとか、はみ出るかも、ぐらいのもんだ。

で、50mm前に出すのには実は大きな意味がある。
ランツァが3ETよりラジエーターを前に出してる理由は多分、これ。
c0009160_2133356.jpg



細々とした補機類をラジエーター取り付けステ-兼用のラックに載せてる。
確か右にはレクチがあるはずだ。
ランツァでは、ラジエーターを前に出して、ホイ-ルベースを上げつつ
補機類のスペースを確保したのではないか、と。


ここに3XPのCDIを置いて良いのか?と聞かれても、「熱的にあんまし良くないかもね]
ぐらいにしか答えられない。が、少なくともレクチはここに移せるわけだ。

でまあ、そんなことを考えているウチに、ふと


「ランツァのフレームに全部移植すればよくね?」
みたいな事がチラと頭をよぎるわけだ。
書付き 1800円。
c0009160_224150.jpg



例によってさとやんさんによると、YZリアサスユニットだとフレームの補強のガセットプレートを
削らないとダメだそうだが、その他フロントからリアからエアボックスからエンジンまでおそらく3ETが使えるはず。

タンクはどうなんだろうねえ?フレームへの取り付きは3ETと同じ。
フレーム側も、場所も似たような所に付いている。
ランツァのキーボックスの部分はかっ飛ばすにしろ、みょーな間が出来るかもしれない。

チャンバーはまだ何も調べていない。

前代未聞、ランツァをわざわざ200ccにしようというわけだ。
そんなら3XPのエンジンを載せるか。

・・・・・・・・・・・?
なんだか一つのウソをごまかすために、大きなウソをついてるような気がしないでもない。

フレームまで思考が行っちゃったのは、実は3ETのフレームを探していたから。
フレームを見るたびに「かなりくたびれてるなあ」と思ったのと、
「フレーム買っちゃえば、部屋の中で3XP乗るか簡単に実験できんじゃね?」と思ったから。
アイラブで20000円。程度は最終型のようなので、良さげ。



と、ここまで書いたら、なんとなくスッキリした。
とりあえず、鈴木ラジエーターさんに話を聞きに行くのが先決だ。

ちなみにそこは、YSP高井戸さんに、「コレコレこういう症状で、YSPさんに出したらいくらぐらい掛かりますか?」
と聞いたら(いつもお世話になってるので、こんな時くらいお願いしてもいいかな、と思ったのだが)
「わかってるとは思うけど、ウチもラジエーター屋さんに出すだけだからなあ。教えてあげるよ」
と言われて、教えていただいた店。
このご時世、店に出してもらったほうが儲かるはずなのに、あえて教えていただいた事に
心の中で少しうるっと来てしまった。
(もしかしたらめんどくさかっただけかもしんないケド(笑  )


苦闘は続く・・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-19 03:14 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 16日

ラジエーターオーバーフロー Fパッド交換

昨日の調べ事の続き。


何のことはない、SDRにはYPVSコントロールユニットなるものが付いていた。
さらにSDRのYPVSモーターは、ステーが違かった。
c0009160_15224197.jpg



37F(リアドラムのDT200)だっけかなあ、オイルポンプ引用のワイヤーが付いていたのは。
こいつは電源渡して、押し引きだけのコントロールです。
3XP以降は押し引きが細かくコントロールされてるのかね?調べていた人がいたなあ・・・。
結論としては、3XPのエンジンを使うなら、YPVSモーターは3XPか4TPを探さなければなりません。
c0009160_15224642.jpg




じゃあコントロールユニットは?てなわけで、ついでで引っ張り出して来ました。
で、でかいな・・・・。
c0009160_1522917.jpg





どっかスペースぐらいあるだろう、などと高をくくっていたワタシ。
3XPではここに置いてありますが、3ETだとシートのツメに当たるようなクリアランスです。
c0009160_1522459.jpg




本来の場所だと?
タンクに当たります。
c0009160_15221777.jpg





ここか?
コンデンサーを動かしてギリか。
それよりハーネスがサスユニットを渡るのが気に入らない。
c0009160_15222652.jpg



う~ん、弱ったぞ。ヘッドパイプ付近は整備性が悪くなるから嫌なんだが。
なんだか要検討箇所ばっかでヤになるなあ。








ラジエーターオーバーフロー

ラジエーター屋さん、YSPは最後の手段として、出来る事をやっておきます。

元々の原因はワタシが悪い。うっかりしていたのだ。
c0009160_15215618.jpg




ちなみに、ヤフオクの出品者に、内部の様子を質問しましたが
無視されました。都合が悪かったのでしょうかね(笑。



希釈したサンポールも考えましたが、どうやらリン酸化皮膜なるものを攻撃するため
あまりよろしくない、との事。


出来る事はこれくらい。
水圧掛けて、3分ほど放置。
c0009160_15225310.jpg





ちなみに、古いラジエーターキャップを付けると、少し水の出口を塞いだだけで
ココから水が出てくるので、新しいキャップは機能してることになる。
c0009160_152333.jpg





コッチも。
さらにちなみに、DT125Rのラジエーターはこちら側だけですが、それは使えません。
もう片側に渡る経路がありませんでした。当然か。
c0009160_152396.jpg





ついで。

ブレーキピストン交換時に、パッドがそろそろなのに気づいたので交換。
Amazonマーケットプレイスにて、計4589円。ま、本社に買いに行く手間賃かな。
c0009160_15231640.jpg




ココ何日か、喜んだりがっかりしたりで、なかなか喜怒哀楽に富んだ精神状態になっております。

これがSDRのローター。無断転載すんません。多分3ETもこんなもんだろう
c0009160_167253.jpg



こっちは3XPのローター
c0009160_1682981.jpg



軽そうだねえ・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-16 16:12 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 16日

下調べ つーか前調べ

ずっと言い続けている、3XPエンジンに換装する利点3つ

メッキシリンダー
アウタプルクラッチ
電装系


●で、クラッチの話は、実はメドは付いている。
カバー側のウォーターポンプギアを入れ替えればいいだけ。

問題3つ
・多分、3XP用に流速が上がると思われるが、3ETと3XPの容量の違うラジエーターはどうなの?
     ちなみに、3XPのラジエーターはフレーム溶接でもしないと付かない。
・実は買った3XPエンジンはオイルポンプがない。オイルポンプ付け替えはどうなの?混合か?
・既存のクラッチカムの穴をどうやって塞ぐの?


●メッキシリンダーの話は大きい。

・3XPのYPVSは補助排気ポートが付いている。
・ボアストは全く互換性がない。
で、全く無理なことが分かる。


●で、電装系。
コイルのマウントは同じなのは知っている。

・が、フライホイールが全く謎。こっちはクランクシャフトに付くので、寸法を変えてきてる可能性がある。
・YPVSコントロールのマッチングが不明。

この2点は調べる前からわかっていたし、シリンダーの件もあるから
「ま、エンジン換装すれば問題ないね」(当時、エンジン換装はポンポンで行くと思っていた)
などと調べる前に思考は停止していた。
だがしかし、とある所からDC-CDI化なる単語を教えていただいて、少し動いた本日この頃・・・。


     上記の補助排気ポートなしで3倍速とは一体どうなることか?
     YPVSユニットとCDIの接続は
http://airplants0.exblog.jp/15469662/
     この方のブログによれば、(SDR)4線ー4線(3XP)なのだが、
     3ETはマニュアルでは1線しかない。???。

     ヤフでSDRのYPVSモーターの出品物を見ると、1線のものと4線のモノがあってよくわからん。
     3ETと3XPの出品はなかったので不明。

んん?SDRのモーターを使え、って事か?
兄弟じゃなかったのかよSDR!

ちなみに上記ブログ主のコスゲ様(場所的に小菅エンジニアリング/サス屋の小菅さんだと思うんだが、
業種が違うんだよなあ)、3倍速も補助ポートも問題にしてないようなので、
あたしの杞憂はおそらくクリアされると思われます。


ま、現時点での前調べはこんな所。
ぶっちゃけメモ書きです。

そんな事よりラジエーターだ・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-16 03:19 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 13日

進展なし


久しぶりに枕でも。




エロ劇画なるジャンルがなくなり、
谷口ジローはグルメ漫画を描き、
c0009160_0305985.jpg

c0009160_0311677.jpg

松森正は温泉マンガを描き
c0009160_0315775.jpg

c0009160_0314364.jpg

いましろたかしは釣りマンガを描く時代
c0009160_0334149.jpg

c0009160_0331523.jpg



別にジャンルにこだわるわけではないのだけれども、
自分が一番エロ劇画に夢中になっていた中学生時代、
ほとばしるリビドーをケント紙に彫り込んでた作家さん達が、
時を経るにつれて丸くなって行き、そして自分自身も年老いてゆく。



よつばと!あずまきよひこ
アスキーとかスクエニの出す漫画雑誌は、あまりにもワタシとかけ離れていて、読むことはナイです。
が、ポツリポツリではありますが、やはり琴線に触れるような作品はあるようです。
おもわず5巻まで買ってしまいました。
c0009160_0205086.jpg



昔はほのぼのしたマンガはへどが出るくらいキライだったのになあ(ぼのぼの、とかね)。
自分もまた老いたのか?いや、純粋に面白いと思いますよ。

日常 あらゐけいいち  (角川系)とかも面白い。
c0009160_0511869.jpg

だからといって、少年エースとかウルトラジャンプとかを読もうとは思いませんけどね。


あ。枕だけでお腹いっぱいになってしまった。

ラジエーター修理工場の事を書こうと思ったんだけどね、
なかなか良さげな店が見つからん。

「小林ラヂエーター工場」 修理・販売
みたいなのが好みなんだが、やはりありそうなのは足立区とか川崎市だなあ。

「レース用ワンオフラジエーター製作出来ます」
みたいな気合の入ったオーバークオリティーなお店はちょっとカンベン、などと思っておる所ですが。。。。。。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-13 01:07 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 12日

だめだ

画像なし。

結果、何も変わらず。
エンジンの回転数を上げると、リカバリータンクの水位がジリジリと上昇する。
う~ん、ラジエーター本体かなあ。
ダメ元で中古品買って、少し実験くんでもやってみるかな。
ラジエータ屋さんが見つからない。
そもそもバイクも分解ができるものなのか知らない。


帰ったら、チャリが盗まれてた。
あんなチャリでもちょっとした足には便利だったんだが。


ヤフオクで中古のディスクローターを入札するも、3件とも撃沈。
3件ともほぼ2100円。
中古のローターに合計3000円は出さんよ・・・・・。


なんだか今年は流れが悪い。
つかアタシはバイクの調子が悪いと、気分が沈んじゃって、ちょっとしたうつ状態になります。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-12 01:05 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2013年 02月 10日

ラジエーター オーバーフロー その2

ラジエーターオーバーフロー。
ラジエーターと、サーモスタットは多分問題ない。


あとはエンジン内部経路。

これでダメなら、中古ラジエーターでも買うしか。


失意の内に作業開始

ちょっと別の作業の都合でMオイル抜き&クーラント抜き。
c0009160_1522443.jpg



クランクケースとケース・カバーの合面でG/Kが悪さしてるかと思ったが、そんなこともない。
インペラもキックすると普通に動く。
c0009160_15221467.jpg




しゃあねえ。ヘッドから押し流してみるか。
c0009160_15224495.jpg




うん、特に詰まったような感じではないなあ。水圧に普通に付いてくる。
c0009160_1522577.jpg





ここかなあ?確かに少し錆が盛り上がっていたが、除去。
c0009160_152381.jpg






個人的に本題。
ケースカバーを外して、3XPのクラッチに変更できるかどうかの検討作業。
c0009160_15231770.jpg




3XPのケースカバーが入らない。
どうもウォーターポンプギアが咬み合わないっぽい。
こっちは3ET。歯数17
c0009160_15231995.jpg



サイズは同じのようだが、歯数が違う。18。
残念。てことはクラッチバスケットのギアも違う可能性があるわけだ。
オイルポンプギアもなんとなくびみょーに違う感じ。
c0009160_15233812.jpg



はい、この作業終了。3XPエンジンは3XPのまま使え、って事ね。




ま、それはいいや。
自分の作業を信用してないんで、外で暖気。
だだ漏れしたら大変な事になるからね。
c0009160_15234910.jpg






これは作業ついでのおまけ。
多分、本物のリンクはただの鉄とは思えないが、
FB32(平鋼)だと500円/mくらいなんで、特に損はない。(カット売りしてくれるところがあればの話)
ちなみに、セロー250のリンクは85mmだった。ちょっと短すぎ。
c0009160_15393414.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2013-02-10 16:03 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 09日

ラジエーター オーバーフロー

広瀬さんの動画はニコニコ動画だったんで、一般の人は観れない模様。
だいたいyoutubeにミラーがうpされるんだけど、この動画は上がってませんでした。



3ET オーバーフロー修理

色々、いっぺんにやりたい所だけど、段取りとか考えると、なんだか腰が重くなっちゃうんで、
(二度手間にはなるけれども)とりあえず一つづつやっていく事にします。
c0009160_1944057.jpg





3ETの宿命。2stオイルが垂れて垂れて・・・・・・。
c0009160_19441516.jpg





サーモスタットを外します。だいたいこの手のボルトは固着してて、
だいたいインパクトドライバーを使うんですが、
奥のボルトが無理かもしれない→そうなったらヘッドだけ外すか、などと考えておりました。
c0009160_19442325.jpg




ぎりインパクトドライバーが入ったんで、なんとか外せました。
これはサーモスタットを撤去した所。
c0009160_19443111.jpg




注意してください
左は3XP、右は3ET。
3ETのココのガスケットをP/Lで見ると
3BN-12414-00(2013年、00は01に変更)と、34X-12414-00 の2つが出ます。
おそらく、3ETはどこかのタイミングでこのパーツ、3XPのに変更になったんじゃないでしょうか?  
c0009160_194450100.jpg



キャブウォーマー経路を潰すのなら問題ないですが、キャブウォーマー経路を生かしたままなら
このガスケットは車台番号に合ったガスケットでないといけません。
右上の穴がキャブウォーマー経路です。3XP用はありません。
c0009160_19454675.jpg





そんなわけで、私は3XP用のに変更しました。
手が入りにくい場所なので、今後の作業性を考えてボルトも8mmに変更しておきます。
(多分、+のままだとココを外す時、ラジエーターも外さないといけなくなる)
c0009160_19451579.jpg




そしてラジエーター本体のチェック。
朝から起きて、ナップスまで行って買って来ました
WAKO'S ラジエーターフラッシュ。 1300円。
c0009160_20121789.jpg




ウチに来てから見てなかったけど、結構コアの状態は酷い。
c0009160_19453588.jpg




ホントはエンジンを掛けて使うんだけれども、わたしゃラジエーター単体でシェイクシェイク。
口からホースを突っ込こんでみましたが、経路、詰まってるような水の出方ではなかった。
つか、このラジエーターフラッシュ、効いてるようには・・・・・・。まあいっか・・・・・。
c0009160_1945267.jpg





さて。

ダメでした。オーバーフロー変わらず。
前回の動画との合わせ技で、ダブルで凹んでおります。
エンジン側かなあ?

あ~あ・・・・・・・なんか・・・・・なんかさぁ・・・・・・・・・・。





あ、ちなみに3ETのラジエーター、生産終了でございます。ま、買っても5万なんで買えないんですけどね。


あ~あ
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-09 20:24 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2013年 02月 07日

テスト

dt200r 広瀬達也
見れるかな?
この動画を見て、凹んでおります。
うちの3ET、道を間違えた。。。。。。。。。。。。。。。。。。
たしかにこんな走り方をしていたんだ。。。。。。。。。。。。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-07 14:01 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 02月 05日

クーラント オーバーフロー

ラジエーターキャップを交換して、オイルポンプドレンからエアも出なくなったので、
少し負荷をかけてみました。


ありゃりゃあ・・・・・・
c0009160_2339180.jpg




コリャ困った。
こうなりゃサーモスタットを外してみるか・・・・・。
とはいえ、ラジエーター本体も怪しいし、怪しいといえばウォーターポンプも怪しい・・・・。


問題なのは作業段取り。
クーラント抜くんなら、Mオイル抜いて、エンジン&クラッチ換装実験まで行きたいが、
Mオイルは替えたばっかで綺麗なんだよなあ・・・・。
換装まで行くんなら、まとまった時間が欲しいが、土日はあんま天気良くなさそうだし・・・・・・。


そうそう、セッティングは良くなった。冬場だけど。
「良くなった」つーのは一般的な意味。
下から上まで結構ノーマルより(といっても記憶は遥か彼方だが)力感があってスムーズに伸びてゆく。

が、個人的にはちょっとエンジンに頑張らせすぎな感がして、嫌な予感もしている。
下のトルクは細くて良いから、中速域のレスポンスとパワーの方が欲しい。
遅いスピードでもいいから、アクセルをラフに開けて無駄に空回りして蛇行してる方が楽しいのよ。
このバイクは軽くて車体バランスがいいから、ソッチのほうが向いてると思うの、ワタシ。

ま、そんなセッティング能力はないんですけどね。



FZR250のカウルもようやく仕上がったんで、取り付けもやりたいんだよなあ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-02-05 23:52 | DT200R(3ET) | Comments(0)