STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 28日

バイクリフター 撃沈

程度の良さげなYZ外装セット落札。

全く、最近、二度手間三度手間を繰り返している。
焦り過ぎだ。


大した話ではござんせん。

前のエントリーの写真でチラチラ写っていたリフターの件でございます。
ご縁があってウチにやってきたわけですが。
c0009160_23412566.jpg



ちなみに、DTはびみょ~に浮く程度でした。
c0009160_23415584.jpg



レバーに前体重乗せるもびくともせず、引っ張りあげたりしてようやく。。。。。。。
で、コレ・・・・・・。
c0009160_23423823.jpg




で、コレ・・・・・・。
c0009160_23421886.jpg




ス、スマヌ・・・・。
つかどうすんべ。リアスプロケを替えたいのだけれども・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-28 23:48 | WR400F | Comments(0)
2013年 05月 28日

バッテリーカバー 製作

またワタシはよそ様のバイクに対して、なんやらいらん事をぬかしていた模様。
ほぼほぼ憶えておりませぬ(汗。
「太った太った」と悩んでいる割に、そんなでもなかったことの方は強烈に覚えているのだが。


それはそうと、色々と事情があるんだから、黙っときゃいーのに・・・。
口は災いのもと。


ちなみに昨日の作業、
「ノーマルのカウルに穴あけりゃ済む話でね~の?」
と、オレが他人だったら言うね、絶対。

そりゃ成り行きの話でねぇ、タンク狙いだと、カウルセットのほうが安いのよ。
現状で、シートとカウルの合わなさも気になってたし。
それとデザインの問題。それも「見た目なんてど~でもい~よぉ~」とか言ってるくせに
穴なしですっきりデザインされたDTのと、穴ありまくりで無骨にデザインされたYZのなら、
YZの方が自然でしょ?とか思っちゃう男心・・・・。

などと、その人なりの理由があったりするんだから、あんま余計なことは言っちゃダメなのよ。
反省しろ、反省。

閑話休題


DTのバッテリーカバー製作。
展開図載せても参考にならないので、使った道具なぞ。

こういうののやり方はワタシはいつも同じ。

まずはコピー用紙やダンボールで模型を作ります。
ここで方向性を決めていく、みたいな。
この写真だと、パイプを出すつもりでやってみたけど、その他の取り合いが上手くいかないのが
分かった、という状態。
c0009160_0291156.jpg



次は模型を展開して型紙にして、切削性がよく、剛性のある0.2mmのアルミ板でさらに検討。
0.2だと、ハサミでさくさく切れます。現物あわせにはちょうど良い塩梅。
でも固いので、留め方と留める時のスペースや、外し方とかも検討できます。
カバー右上の形状が良くないのと、下の形状がよろしくないのが判明。
c0009160_0362052.jpg





ホンチャンの型紙を作ったら、今度は0.5mmのアルミ板を鉄定規とカッターを使って切り出します。
c0009160_0405893.jpg





切ったら、最近のお気に入り、黒セルスポンジをMOS7という、2液性の万能に近いボンドで
接着します。
c0009160_0441470.jpg

c0009160_0464666.jpg




あとは曲げる所を曲げて、フィッティング。失敗した所は切ったりして調整。
で、完成。
c0009160_050076.jpg




柔らかい感じとか、塗装と違って、擦れても剥げないとか、ムラにならないとか。
仕上がりは好みだけど、黒セルスポンジは切削性が悪いので、その辺がちょっと困りモノです。

ま、どっちみちハーネスが仕上がるまでの繋ぎですけどね。


セッティングの方は苦悩しております。そのままポン付け状態のほうがマシだった。
これは、ランツァのインマニを手に入れるまでペンディングにしちゃおうかね、などと考えております。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-28 01:05 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2013年 05月 26日

3ET YZ外装 取り付け

自分で過去ログを検索しやすいように、タイトルを考えるが、いまいち。


よくかかる病気:

「重い重い病」
レーサーに乗っちゃうと、市販車が重く感じます。で、いつも市販車に不満を言います。
「コレ欲しいけどなぁ~・・・でも重いんだよねぇ・・・・」と。


「ぐるぐる病」
色んなバイクを乗り回してきた人が発病しやすいです。
「アレ欲しいけどなあ・・・・でもアレはコレがダメだからなあ・・・コレがいいのはソレだけどソレは
乗っててドレが不満だったからなあ・・・・ドレがいいのはアレなんだよなあ・・・・あれっ?」

ちなみにワタシは、KDX200SRの時に
「いやもう絶対、バランサー付きじゃないとダメだダメだ!」
と思って、3XPへ向かいましたが、そのうち「重い重い病」を発症し、
すっかりバランサーのことを忘れてKDX220Rを手に入れたりしました。

それは「健忘症」。





「3ET YZ外装 取り付け」 サイドカバー/サイドカウル/ゼッケンプレート 編、です。

YZは、2VMから3SR(’90or'91)あたりのモデルになります。
この作業は、「レーサーのカウルだからかっこいいゼェ~」とかじゃなく、
シートの脱着(タンクの脱着)をボルト二本で出来るようにするためです。
それ以外のメリットはないと思います。
逆にエアクリ、冷却水リカバリーへのアクセスは、一手間かかるようになります。
熟慮ください。

右から。

見た目を綺麗にすることに情熱のないアタシです。
これくらいでユルシテクダサイ。
c0009160_20561393.jpg



シート留め覗き穴の裏側。シート側の留めステーが当たるので、カット。
c0009160_20562564.jpg



本来、きっちりシート後端とカウル後端はハマるものですが、
DT用にシート留めステーを移動させているので、そうもいきません。
後端部を少しカット。
c0009160_2056292.jpg




その後端部のボルト留め位置。
DT既存の穴が使えます(アシストグリップ、かなあ)
ただ、高さが合わないので、30mmほどスリーブで嵩上げします。
c0009160_20565289.jpg



クリアランス的にはこれくらい。
c0009160_20571644.jpg



これはネジ径6mm→8mm変更の高ナット。こちらの方がシンプルで整備性は高い。
が、高さが25mmのものしかなく、さらに変更後の8mmだと、ここ以外の全てのボルトも
8mmで合わせなくてはいけない為、断念。
c0009160_20573336.jpg



これは、おそらくノーマルサイレンサーのステーだと思われる。
アタシの車体は使ってないので、コレを使います。
高さは25mm、芯芯で5~6mmのズレがあります。
ステーは固く留めて、カウルとの取り付けを蝶ナットで行います。
余計な長さ分は、サンダーでカット。
c0009160_20574424.jpg






左はちょっとめんどい。リカバリータンクがあるから。


左前は既存のグロメット穴、後ろは本来の止めボルトを使います。
左前は直線で65mmですが、みっともないので、L型で見えないように処理。
後ろは25mm前後。
c0009160_20572893.jpg



カットするのは右と同じく後端と
c0009160_20575562.jpg



やはりリカバリータンクが当たるリブ。
c0009160_20575944.jpg




左前は普通にステーを留めると、リカバリータンクに当たります。
なので、15mmほど浮かせて装着。
c0009160_20575464.jpg




普通に表から留めると、ナットがタンクに当たって、いつか穴が開くと思われます。
仕方ないので、裏から平の+で留めます。
まあ、このカウルの外し方は、このボルトは完全固定で構わないので、見た目だけ。
c0009160_20584489.jpg



こっちのステーの角度は現物合わせ。
幸い、両方共スパナが入るスペースはあります。
カウル留めボルトは蝶ナットを使います。
c0009160_20583181.jpg



終了です。

こんな感じ。おまけでYZのシュラウドと一緒に。
DTに比べて、かなり小ぶり。
c0009160_21495191.jpg




簡単に色を落とせるだろうと思ってましたが、簡単ではありませんでした。無駄。
c0009160_20584169.jpg





そういやちゃんと写真を撮ってないなあ、と気づき、パチリ、と。
c0009160_21551014.jpg


c0009160_2156942.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2013-05-26 21:32 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 05月 25日

dt200r 外装 YZへ

良いバイクなのだけれども、手放すことがある(あった)。
その時はその時で、色々と考えることがあって手放すのだろけれども、
ずっと先になって、「アレ?なんで手放したんだろ?」
とか思う時がある。

いや、自分の話なんですけどね。
ま、セカンドやサードバイクは、その時々の目的の為にたぐり寄せるようなものだから、
来た時と同じように、簡単に去らせてあげるほうが、きっと良い判断なんだろう、と思う。



さて、予告通り、YZカウルのフィッティング。
死にそうになりながら持ってきてくれたカンガルーのおっちゃん、ありがとう。


バッテリーカバー一体型のDTのサイドカウルと違って、YZのサイドカウルは、本当にサイドのみ。
なので、YZのサイドカウルを付けようと思ったら、バッテリーカバーは別個に考えなければなりません。
コピー用紙を使って、形状の検討。
c0009160_2113794.jpg



バッテリーカバーは、サイドカウルのツラよりかなり落とす方向で考えてましたが、
CDIのハーネスやら、リアブレーキリザーブタンクやら固定方法やらのしがらみで、
DT既存のバッテリーカバー部の形状のまま行くことに決めました。
これは薄手のアルミプレートで型紙作り。
c0009160_2114058.jpg



CDIの渡りのぶっといハーネスは置いておいて、まあ、形状としてはこんな感じかな。
これで、リアサスサブタンク放熱の件も解決に向かえそう、だ。
c0009160_211504.jpg




プラの上に青を塗って、さらにその上にクリーム色が塗ってあるサイドカウル。
画像ではワカランね。
300円×4+送料なので、付かなくても切り刻んでも気は楽、と、思い込みたい。。。。
c0009160_2121761.jpg




邪魔になる裏の色んなリブを現物カットしつつ、位置を検討します。
DTノーマルより大きい。いや、分かっていましたけど、最終的にはタンクが来てから考えます。
c0009160_2121065.jpg




サイレンサーの逃げも、予想よりも上手くDTに合っている。
しかし、3ETそのままなのは、もはやラジエーターとエアクリボックスとスイングアームくらいしかない。
そのラジエーターとスイングアームも、機会があれば変わる可能性もあるという・・・。
c0009160_2123563.jpg




今回の作業の最大の目的。
画面真ん中のシート止めボルト、これが位置的に絶対になります。
逆に、ココで残り2つのカウル止めボルトは決まるわけです。
幸いなことに、左のボルトは、高さは違いますが、既存のサブフレーム(か、アシストグリップ)止めボルト位置
でほぼぴったりでした。
ホントはシート後端と位置を合わせたかったのですが、そうは問屋さんが卸してくれませんでしたね。
c0009160_2123842.jpg



左カウル。
上:YZ
下:DT
DTはグロメットで留まっているので、ちょっとやっかい。
やっぱデカイな。
c0009160_2124122.jpg





途中、別作業があったり、雲行きが怪しくなったりで、疲れたのでこれまで。

仮止めが決まったので、ステーの採寸をして、ホムセンにその辺りのものを買いに出て本日は終了。
何をどうしたか、誰も必要とはしないと思うが、明日は少しその辺を詳しく写真に撮っておくかな。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-25 21:49 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 05月 24日

GO_PRO風デジカメケース

電装やろうと思ったら、思いの外、手持ちのカプラがなく、手配中。
どこかには原価に近い値で売ってるのだろうけど、いやはや、ワカランね。

YZタンクは、みょ~に値が上がったので終了。
まあ、ポリタンを2重に塗ったくったシロモノだったので、止めて正解か。
シュラウドとサイドカバーは落とせたので(これも塗ったくってるのだけど)
サイドカバーのフィッティングは多分、土日に出来る。
ガンバレ福通!




ふと思いついて、800円のウエストバッグを購入。

ちょろっと切ったり縫ったりして改造。
本来腰に巻くベルトの位置を、脇の下で止めて
もう一本の輪っかを首に巻いてずり落ち防止にします。
GO_PRO的な?アレです。
右下の白い四角がカメラレンズ穴。
c0009160_1113237.jpg



で、テスト。
高さ的にはもうちょい上の方が、路面の状態が分かりやすいような気もする。
でもこの高さから感じられるスピード感は、観ててダレないくらいの速さに見えるんで
それはそれで良いのかな、とも思う。
ただ、ブレーキホースはアレだな(笑。
いつものyoutube


音が、スピードを上げるとミュートがかかるのが謎。
臨場感はなくなるけど、風切り音はキライだし、バイクがウルサイのがバレるのもアレなんで
このままにしとくか。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-24 01:24 | 整備 | Comments(0)
2013年 05月 16日

3ET 電装系 セッティング変更

2007年1月10日

「かなり血を流すことになるだろう」
と書いていた。
予想通り、6年ほど血を流し続けたわけだが。
c0009160_1234976.jpg




2007年頃は、最後のバイクを探していたような気がする。
37F、3ET、3XP、4TPと乗って来て、3ETを選んだのは正しい選択だったのか?
未だにワカラン・・・・・。


さて、3ET、ハーネスと左スイッチを購入。
2つ合わせて計3500円。また変に競っちゃった。

と、その前に。
混合にしたわけだが、既存のオイルタンクは予備の2stオイルタンクにしたくて
こんなちょっと不思議で間に合わせな端末処理をしていた。
c0009160_12404475.jpg



が、銅ワッシャを使いまわしていたため、オイルお漏らし。
新品を買ってきてちゃんと処理。
c0009160_12405261.jpg




左スイッチ、3XPのモノに変更。(リレーは交換済み)
3XPは省電力化の為、前と後ろを交互に点滅させるのだけれども、
その為、左ウインカースイッチがなんだかめんどくさい経路になっていて、
追いかけるのも面倒になったので(3ET用に組み替える手間がめんどい)、
あきらめて買ってしまったわけさ。
笑うがいいよハハ・・・・。



ハーネスを買ったので、経路の検討。
そのメモ写真。
c0009160_1241675.jpg




ヤマハさんは伝統的に左スイッチのコネクターをココ(写真の前の方)に置くことが多い。
2stオイル警告灯とか、スタンドスイッチとか、〇〇ー○スイッチとかイラネ。
とにかく、(やるかどうかはワカランが)YZタンクの為、ココはスッキリさせておきたいのでありますよ。
c0009160_1241918.jpg




CDIの渡りの線が気に入らなくて、ココを通せるんじゃないか、とも考え・・・・・・・・。
c0009160_12411762.jpg




ビニール紐で、当たりを付けます。
コレに従って、プチプチ買ったハーネスを組み替えるだけ。
c0009160_12412453.jpg




と、写真なしでPJ#65→#70へ変更。
ガムテで少し塞いでいたエアクリ口もフルオープンへ。
吸気音は減ったね。

上(MJ)はどうなんだろ?プラグチョップなんてそうそう出来ないしなぁ・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-16 13:12 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 05月 12日

備忘録

3ET、心残り?の作業をいくつかメモっておきます。
写真は使いまわし&無許可転載です。
ダメだったらゴメンナサイします。


●アクセルワイヤー

混合化は、アレだ、こっちのフィーリングに慣れたら、もう戻れない、って奴だ。
そんな訳で、一本引きのKX85(だろうな)のモノに替えたのだが、
かなりロースロットル(って言わないけど)なのと、短いのが気に入らない。
c0009160_17331683.jpg


とは言っても、こっちのロースロを試してみると、「やっぱYZはやりすぎだろう、な」、とも思う。
3XPあたりがお似合いかもね。

そんな話もあり~ので、PWK38あたりを使っているであろうYZのアクセルケーブルを
購入予定。詰める方の作業をどうすっべかなあ・・・・。
3JD-26311-01   ¥1,796






●レクチファイヤーレギュレーター

今回の作業で、簡単に触れる場所に取り付けたので、走って触ってみたが、かなり熱い(笑。
3XPのレクチ自体は対策品番なので、それはそれで心配はしていないが、
この熱さを考えると、それはそれで不安でもある。
純正新品は高くて鼻血も出ないが、こんなコピー品に手を出すのは、それはそれで不安でもある。

ランツァ用ではあるが(3XP用もある)、多分、問題ない、、、、、、、、と、思う。
こっちの方が、放熱対策されているので。付かなくても3280円。
c0009160_17412890.jpg






●電装ハーネス

いつもの禁断のハーネス単純化は、もう一つのやりたい作業を睨んでのもの。
100円~
c0009160_17542788.jpg






●外装

タンクは軽量化の為、サイドカバーは整備性向上の為&リアサスサブタンク放熱問題の為。
調べりゃやってる人がいた。
3ETのタンク取り付けボスは切り取ることになるが、
このフレームも、検体として十分な役目を果たしたようにも思えるので、切っても良いような気がする。
c0009160_17574775.jpg



でもね、WR250のタンクは高いのよ。YZのタンク、容量8Lでは流石に走り回るのにはキツイ。
14000円くらい。シュラウドも必要。
c0009160_1831037.jpg




お試しでコレに手を出すのもありかも、などと考えている。
しっかし、コレ、色おとせるのかぁ?まあ、3000円ではあるけど。
c0009160_1871027.jpg



この写真の4DBサイドカバーは、シート止めボルトとサイドカバーが共締めになって整備性が上がり、
かつ、取っ手らしきものが出来るかもしれない、というシロモノ。
ただし、3ETらしさは崩れるでしょうね。型番4DBは3XPレプリカ(ん?)。


こっちの3JDだと、サイドカバーを外さなくてもシートが外せる、というタイプ。
3ETのフォルムは保たれる、が、出物なし。
c0009160_18132959.jpg






●ラジエーター問題

水温センサーがハブられてしまっていて、なんとかしたいな、とは考えている。
せっかく綺麗なランツァ用のラジエーターを持っているので、活用してあげたいが、
コレにも水温センサーはついてない、という・・・・・・。






とまあ、今日、羅列したものは、やってもやらなくてもどうでもいいという話。
2013年時点で、アタシが何を考えていたのかメモがわりみたいなもの。
ヤフなんてミズモノだしね。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-12 18:34 | DT200R(3ET) | Comments(2)
2013年 05月 09日

キャブセッティング 変更

土日は雨予報が出ているので、色々と出来る事をやっておきます。


これはなんという名前のパーツだろう?
チェーンガードローラー?
3XP-18179-00 ガイド ¥798
2HH-22178-00 テンシヨナ ¥1,061
プラス、裏のワッシャ(適当に代用)
c0009160_2318497.jpg




ちなみにコレは3ETのエンジン。チェーンでシフトシャフトが削れている。
面白いことに、このパーツ、3ETにはなくて、3XPで付いて、4TPでまたなくなっている。
ま、サスをよく動かすような乗り方をするなら、必要なんじゃないかな、と思って購入。
でも、結構、抵抗と音が出ます。
c0009160_23243427.jpg




作業中に、郵便屋さんが来て、3XPのウインカーリレーを持ってきてくれた。
なので、装着。とりあえず前だけはウインカーは付点くようになった。
1400円也。
3XPの左スイッチを手に入れれば、後ろも点くようになるのだが。



3XPエンジンになって、水経路は安定しているようだ。
とりあえずメモ代わりの水位の証拠写真。
と、ドレンを正規のルートに戻します。
ヤフで買った4TPのラジエーターは処遇が宙に浮いておりまする。
ほんとはコッチを付けておきたいのだけれども・・・・・。
c0009160_23184762.jpg




キャブやっておくか。
始動性が悪いので、PJを#35から#38へ変更。
始動性は上がった。が、中間域でパワーもトルクもフラットになる場所が出る。
ま、それは相対的に下が底上げされた、てことだと思うんだけど。
ニードル上げてみるかなあ。
c0009160_2319378.jpg




勢いで、アクセルワイヤーを一本引きに変更。
と、思ったら、どうもこれはKX85辺りらしく、ちょっと長さが足りなかった。
ハンドル切ると、回転数が上がるので、スロットルホルダーを少し内側にセットして対処。
c0009160_23191920.jpg




NTBのクラッチケーブルがその辺(ネット)に売ってるかと思いきや、売ってなかった。

クラッチケーブル
プラグ
WR400F用のオイルフィルター
は、実店舗にでも足を運ばなきゃダメみたい。

キャブのセッティングは難しいなあ。
エアクリボックスが3ETと共通のランツァは
キャブジョイントとインマニにYEISを設置して対処してるようだけど
そう都合よくヤフに出てたりはしないんだなあ、コレが。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-09 23:52 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 05月 09日

アクセルワイヤ交換

WR400F作業メモメモ

アクセルワイヤー交換でございます。
c0009160_0164027.jpg




4stの押し引きのあるワイヤー交換は、バイクによって色々で少し難しい。
WR400Fはキャブ側を先に組んでから、ホルダー側を組むタイプ。
張り具合は少々適当でも構わない。
c0009160_0162287.jpg



逆に異常なほど張り具合がシビアなバイクもあったし、取り回しがシビアなのもあった。
「なんでこんなに・・・・」と思うことしばしば。

なんなんだろうね?
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-09 00:36 | WR400F | Comments(0)
2013年 05月 07日

エンジン換装 雑感

写真なしです。

半日乗って、気づいた事メモ。



エンジン音に「ペチペチ」みたいな音がある。
マフラーG/Kが抜けた時のような音だが、排ガスが漏れてはいないようなので、何かは不明。
火花リークしたような音にも聞こえる。

で、その流れで、リードバルブの事を思い出した。
チェックした時は、特に問題なかった。
またボイセンに変えてみたいような気もするが、これほど軽く回るなら、特に必要無いようにも思える。

プラグも手持ちの予備落としのBR8ESを付けただけなので、EIXあたりに変更したい所。


アイドリング~開け始めが、あまりよろしくない。
エンジンの掛かりも少し良くない。
アイドリングでカブり気味みたいな感じ。

全体的にトルクもパワーも線が細い。
エアを絞っていた時の3ETエンジンに似ている。
ただ、全くセッティングせずに3ETのままにもかかわらず、綺麗に上まで回るのには驚いた。
エンジン音はトルクがありそうな音なんだけどな。

この状態だとオフでは辛いだろう。

PWK30(おそらく正規品ではなく、台湾製OKOの現地ボーリング品だと思うが)
で決めて進んでみるのも悪くなさそうだが、問題なのは絶対的にエアクリ容量が足りないので、
下でトルクが出るかどうか。

そんな話もWR400Fがあるからの感想のような気がしないでもない。



クラッチはやはり滑り気味。まあ、プレートの状態を見ちゃってるからねえ。

ラジエーターオーバーフローは直ったようだ。と言うことは、3ETのエンジンに問題があったのだろうか?
リカバリーの水位が上昇してるようには、今の所、見えない。


そうそう、灯火がめっちゃ安定してる。流石だ。

このバイクのポジションがますますわからなくなってきた。
ひとつスッキリするかなあ、などと思っていたのだけれども・・・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-05-07 00:18 | DT200R(3ET) | Comments(0)