STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 20日

3ET 備忘録

燃え尽き症候群、とかではないです。
派手にお金を使ったので(?)、ちょっと自粛中なだけ。

来月辺りから、また色々と。


それまでの備忘録。

3ETとWR込みで。

タイヤ。
WR400Fの車検時には、現在3ETに履かせているD605をホイール込みで交換の予定。
で、19インチホイールは3ETとWR-F共用にして、DUROを試し履きしようと思っていた。

が、WR-F、扁平率(とは言わんが)110以上が良さげなんだが、3ETはそこまでいらない。
弱った・・・・

DURO


スタンドとウインカー。
WR-F、スタンド立ちすぎ。37Fあたりのが安くで出るまで待ち。
ウインカーはフロントもちぎれた。



3ET、またしてもオイル漏れ。
クランクシャフトシール?
c0009160_0511144.jpg



YPVS?YPVSのシールだけ逝かれた事はあんま経験ない。
c0009160_0515833.jpg




アイドリングがオカシイので、どっかが逝ってるのは間違いなさそうなんだが。。。。。
c0009160_0513040.jpg




モノは黒いタール状なので、排気関係だと思うが、いまいち自信がない。
チャンバーG/Kも大いに使いまわしてるし。
c0009160_0514787.jpg





そうそう、ハーネスが止まってるのはレクチのせい。
例の中華(?)互換の4TP用を買う予定。電装系は痛い目みるか?どうか?



3ETはどうもやっぱりサスのセッティングに不満がある。
特にフロント。
WR-Fに乗るとなおさら感じる。


あ、書き始めると結構キリがないや。

久しぶりにルネッサにも乗りたくなったな。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-20 01:06 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2013年 09月 10日

オイル交換

3400km。

オイル交換です。
WR250F、乗せてもらって良いバイクだとは思いましたが、1000kmでオイル交換だそうで、
それが気に入らなくて、ちょっと避けておりました。

そんでもあれから何年、色々と情報が出てきて、街乗りならそんなシビアでもない、などという
話もちらほら。

そんで少し安心して、WR400Fなのですが。。。。。。


今回のツーリングで使ったのが、モトレックス POWER 4T。
500km前後でのフィーリングは良かったが、1000km超えたあたりで、メカノイズが多めで
粘度が低くなるような感じを受けた。
「熱でタレる」といった感は一切なかったが。
c0009160_013760.jpg




次回はMOTULの300Vに戻す予定。

クーラントリカバリーがカラッカラだったので、補充。本体の方もほんの少し補充。



そ、ん、な、事よりタンク容量。
マニュアルで12Lと記載されていたので、丸飲みで信じていたが、
どうもよく見るノーマルのWR400Fとシルエットが違う(のは薄々気付いていた)。
多分、12L、と言うのはこの初年式?の容量のようだ。
うちのはどうやら8Lかもしれない。いや、それもはっきりしないのだが。
(YZ400Fにブルータンクがあるのかないのか不明・仕向地の問題?)
c0009160_025458.jpg





おそろしい・・・・・。出先では12Lを信じて、余裕ぶっこいてたぜ・・・・。
いつかちゃんと調べないと、悲しい事に出会うかもしれない。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-10 00:42 | WR400F | Comments(5)
2013年 09月 07日

雑記 写真なし

あ~走り足りねえ・・・・・・・・。

走り足りなくて、ルーティングについては色々思うことがあるが、
天気図を見るとあれやこれや後悔しそうなので、
帰ってから一切見てない。

もう、「今週は多分、どうあがいても雨で無理だったに違いない」と、思い込むことにしましたからっ!。


 大学出てから、ずぅ~と毎年のように行っているような気になっていたが、
このブログでは2005年のTT-Rがソロでは最後だったようで、なんと8年もやってなかったことになる!。
その間、例の奴らとの野宿だったり、友人との林道野宿だったり、なんだか忙しくてだめだったり・・・。

 まあ、ここ2,3年は3ETの素のエンジンが長丁場には耐えられそうもなかったので、
どのみち無理ではあったのだけれども。
来年、3ETならオイルポンプは付けないとダメだろうな。
付けないなら3ETはないだろうな。2Lの混合オイルを持って走るつもりはない。


 モヤっとしてて、はっきりとはしないんだが、このスタイルに少し疑問も持ち始めた。
前にも書いたが、元来、このスタイルは、
「朝から晩まで林道を走っていたい」と言うのが目的だった。

が、昔のように未舗装路は少なくなったし、通行止めも多くなった。
アウトドアブームでキャンプ場は増えたが、逆に監視の目が厳しくなって世知辛くもなった。
ルートもほぼ行き尽くして、北に行っても西に行ってもマンネリ感が強くなってきた。

自分の中でも、野宿は手段ではなく目的と化してきたような感もある。

行きたくはあるのだけれども、用意はめんどくさいし、昔のように上手く行くことがないのも分かっているから、
億劫な気分になるのも確かなのだ。

それ以上に、「惰性の義務感」というのが一番嫌いで、
その一番嫌いな所に片足突っ込んでるのを何となく感じる。
何とかしたいと思うが、もやっとしてなんとも出来ない。

ベストなのは、自分の変化に任せて、肩の力を抜いて自分が楽しいように変えれば良いのだけれども、
それが簡単にできるほど、ワタシは人間ができてないですよ。



ああ、一体、私はドコヘユク?
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-07 00:43 | ツーリング | Comments(0)
2013年 09月 05日

今回の装備品についての雑感

今回の装備品についての雑感。

最初の一歩を踏み出そうと、ググってやってくるかもしれない、誰かのお役に立てれば。

と、言っても今回新調した装備がメインですが。




今回の行程、雨は分かっていたので、レインウェアを新調しました。
現行のは(レインウェア寿命からすると)古くて、滲みてきてたし、裏メッシュは快適だがコンパクトではない。

で、透湿防水で、コンパクトになるやつ。裏メッシュはない。
ラフ&ロード デュアルテックス コンパクト レインスーツ  ¥7307。
2日めで太ももから滲みてきました。それ以外は問題ないんだけど、よろしくなかった。
c0009160_18441112.jpg



デュアルテックス2なり3なりなら良いんだろうけど、お値段がそれなりでさ・・・。

表記で”ナイロンPVC”は安くて、擦れない限り防水は問題ないが、シームの処理が甘いのが多く
(いや、伸びやすい素材のせいだろうと思うが)、だいたいは股下から滲みることが多いです。

夏場は透湿防水の方がよろしいか、と。








割とどうでも良いクリタンカプセルハミガキ。

ハミガキ&石けんは、単体で取り出しやすいポケットに入れておいた方が、使い勝手が良いんですが、
一般的なトラベルセットは柄がそのまま長くて、ちょっとしたポケットには入らず、探してコレをチョイスしました。
が、一日でブラシが開いてしまい、歯磨き粉は3日で半分くらいなくなってしまった。 
大きさはいいんだけどなあ。
c0009160_18442418.jpg







やっぱりサイレン機能は欲しかった。いつも手元にあるのはこっちなんで。
あと、スイッチ類のロック機構がないのは残念だ。防水でないのも残念だけれども、今回は大丈夫だった。
大きさ重さとランタン部分は問題ないだけに残念だ、ああ残念だ。
c0009160_18443798.jpg







いつもは防水バッグに、工具、テント、予備燃料等、をつっ込んでいました。
使い勝手はかなり悪いし、シートとの座りも悪く、パッキングは最低の部類ですが、
バッグ単体が軽くてシンプルなのと、防水の気を使わずに済むからと、割りと我慢して使っておりました。
こんなやつね。
c0009160_19185143.jpg









結局ワタシ的には、防水はゴミ袋を使ったインナードラえもんタイプ(外防水ではなく、パーツ防水)
に落ち着いたわけです。
なので、今回はポケットがいっぱい付いたコレを。
左がテント設営後の使用品、右はエイドキット。真ん中が工具とテントと水とその他、を入れてます。
メッシュのポケットが付いてて、それがスリッパを入れるのにちょうどよい。
c0009160_1844528.jpg






コレの良い所は、口が大きいので、ブツが取り出しやすいのと、シートへの座りが抜群に良いことです。
重量バランスもいい感じになって、林道走ってると、左や右にずり落ちそうになることありません。
大きさもあつらえたようにちょうどよく、コレはなかなか重宝しました。

こういう、「いかにも!」ってーのはなんとなく向きじゃないんだよなぁ・・・・。
外防水で生地が厚めなんで、単体で重いのが多い。
c0009160_19333071.jpg







ブルーシートという名のグランドシート。
今回、1.8×3.6をチョイスしてみました。
いつもは、3.6×3.6を買ってきて、テントより少し大きめの3.6×2.1に切るのですが(図左下)、
今回はつるしのまま、テントより小さめ(図右下)で試験運用。

大きめだと、地面からの雨は止めますが、フライから伝う雨は、逆に受ける形になる部分が出てきて、
雨が降ると、なんだか心配で精神衛生上、よろしくない場合が多い。
小さめだと、ただただ染みてこないことを祈るだけですね。滲みる場所がわかってるだけ気は楽。
c0009160_1947742.jpg




矢印部分ベース生地。
長く使ってると、よく擦れる部分なので、穴が開いたり薄くなったりで、色々問題が出てきます。
うちのフライは丈はこれくらいですが、スカート状に地面まで落ちてるタイプのもありますし、
ベース生地が分厚いのもあります。
それは収納サイズや値段や重さと相談してください。アタシ的にはこれが我慢の限界サイズ。
c0009160_2024623.jpg






実は帰ってきてからが大変なのですよ。
装備品を収納する為に、色々とやることがあってさ。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-05 20:41 | ツーリング | Comments(2)
2013年 09月 04日

金沢行 五日目




なんだよぉ~結局、雨は降らなかったじゃんか。
ま、用心に越したことはないから仕方ない。
テントのグランド部の止水性能に不安がありまくりなんだよな。
c0009160_20452749.jpg





ぱっと見、良い場所なんだが、小さく見ると色々あって………。
c0009160_20471015.jpg







浅いけど、川を渡らないと来れないから、奴らのバイクは無理かもね。
バイク置いて、テントなら大丈夫だが、アブが多いのがダメだろう。
アブは汗クサイのをめがけてくるからね。
鹿が出るだけでもビビるかも。
c0009160_20473263.jpg







あとは入笠山登って諏訪南側に降りて帰るだけ。
この座布団、椅子用にヒモがついてるのだが、それを荷掛けフックに結べば、かなり良い位置に来る。
クッションが良く効いていて、おかげさまで130kmくらいは平気でした。
c0009160_20483427.jpg






帰宅。
2100から始まって3411。
1311kmでガソリンが54.47L。平均燃費は24km/Lでした。
トリップがないから、メモしてたのよ。ガソリン代だけで1万ほど。
c0009160_20492566.jpg




オイルは最後の方は怪しい感じがした。なので、帰りの高速は80km/h弱で恐る恐る。
もし能登半島まで行っていたら、最後はどうだったろう?
途中でバイク屋を探すはめになったかもね。



雑感とか色々書きたいが、ここまで書いて疲れたので、その辺は後日。



正直疲れましたわ。
「能登半島を目指せツーリング」、これにて終了でございまする。
おやすみなさい・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-04 21:08 | ツーリング | Comments(2)
2013年 09月 04日

金沢行 4日目

4日目。






夜は小ぶりのまま、朝も降ったり止んだり状態。
さて、出発しましょう。6:30。
361を東行、木曽福島に向かいます。
c0009160_1923829.jpg






野麦峠から月夜沢FRは、入り口を見つけるのに難儀したが、逆はどうだろう?と
361折戸からアプローチしてみます。
ん?結局、入れなかった。
c0009160_1927498.jpg





361から19に入って北上、今度もまた、昔行った所を確認しに行きます。
19沿いの7-11にて休憩。8:30。
西の雨雲はやってきそうだが・・・・。
c0009160_1930256.jpg





北の方は、雲の切れ目がある。一抹の期待を胸に。
c0009160_1935154.jpg





361から19へ分岐して北上、奈良井から橋戸FRへ。
奥まで行ったゲート手前が以前、奴らと行った場所。
変わらずありました。
今日はココでも良いのかもしれませんが、新しい所を試したかったので、コレはコレで確認して終了。
c0009160_1938781.jpg




青空がかいま見えます。
全行程、この天気ならもっと楽しめたのになあ。
c0009160_19413974.jpg







昨日、高山市で買い出しに出た時にホムセンで買った座布団をさらに敷いてみてます。
これはなかなか良い。
c0009160_19461965.jpg




実は、行きの時に目をつけてた場所があって、そこに向かってみよう、てな算段です。
19南下して361へ入り、権兵衛トンネル抜けて伊那市から高遠町へ。
c0009160_19475281.jpg





県道211、芝平高遠線の入笠山付近にある場所です。
右手の川を渡るのですが、増水もないだろうし、あってもココは水没しなさそう。
天気も回復したし、下は芝生だしで今夜はここにします。決定。
12:00
c0009160_1953537.jpg




偶蹄類、鹿でしょうか。まあ、鹿ぐらいなら。
気にする人は野宿サイトに砂場があればチェックしてみてください。
大きめのアレらしき足跡とかあったら、ま、そこは辞めといたほうが無難でしょうね。
c0009160_19574226.jpg




ルール通り、県道209沿いのスーパーで買い出し。
c0009160_2023749.jpg





時間があるので、温泉にでも行きますか。152南下して入野谷温泉に行ってみます。

・・・・なんか観光客ずれしてる外観で、ちょっと気に入らなかったので中止。




そのまま黒川内FRを登って入笠山に入ってから、今日のキャンプサイトに降りていこうと思いましたが、
なんと黒川内FRはがけ崩れにより通行止め。
戻って、町道高領線(FR)からのアプローチに変更。
入笠山らしく、赤土系なのですが、雨で滑りやすく、かなり難しい。
c0009160_2041660.jpg




入笠山山頂付近。13:30。
随分と天気が回復して、ほんっとに全行程、これくらいの天気だったらなあ、と悔やまれる所。
まあ、休みを入れるのに、天気のことは先すぎて分かりませんからねえ。
c0009160_2013484.jpg





少し降りて本日のサイトに。
カッパを脱いで、荷降ろしに掛かった途端、豪雨。
やばい!と思った時は既に遅し、びしょ濡れになりながら、なんとかこんな状態にするので手一杯。
c0009160_20173891.jpg



ブルーシートをタープにした場所はあまり下が良くなく、
ちょっと晴れ間が出たので、大急ぎで大樹の下に設営しなおし。
そんなしてる間にまた狙ったように大雨。
なんでこんなについてないんだぁ?
だいたいがツイてない人生だが、泣きたくなるわな。
ホントは画面中央の陽のあたってる所に設営したかったんだわ。
c0009160_20214166.jpg





良い場所だと思ったが、雨で台無し。で、アブが多い。コオロギとかクモも多いけど
アブは食事中とかヤダ。羽音がデカイし、こっち向かってくるし。
タープを外してグランドシートにしたかったが、また突然の雨が怖かったので
グランドシート分ブルーシートを切って、3/4をタープのまま。
下からの浸水も嫌だが、まあ、下が草地なので、一枚でなんとかなるだろう。


夜になって、星が見えたが、樹の下なので、タープに雫がボタボタ落ちてうるさくて眠れなかった。
飯も食わずに酒をかっくらって寝たんですけどね。


普段の生活をしてると、いかに無駄に食っているかがわかるが、それはきっとストレスのせい。
どうりで太るわけだ。



おやすみなさい。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-04 20:42 | ツーリング | Comments(0)
2013年 09月 04日

金沢行 三日目







よし、戻ろう。
広々とした場所で野宿がしたい、ただそれだけだ。



高山なら、今日の夜は1mm程度の雨で済む。
またあの場所なら、雨も心配ない。
今回は運がなかった。     ま、いつも運はないんだけどね。
6:00チェックアウト。
c0009160_18212121.jpg




目的地がはっきりしてるから、今回は早いぞ。
雨は酷いもんだけどな。
東海北陸自動車道、福光IC。7:00。
c0009160_18231621.jpg





ダイソーで買った、タイルカーペットをシートに巻いてます。
あまり変わらん・・・・・。
3ETのYZシートもたいがい硬いが、それよりはるかに硬かった。形状がね・・・。
c0009160_18265627.jpg





東海北陸自動車道、飛騨清見JCTから中部縦貫自動車道を通って高山市まで一直線。
8:30高山市。およそ70km。
雨ではあるが、強い雨ではない。
もうすでに何度来たことか、ひだ朝日村の道の駅にて休憩。
テント張るにはかなり早すぎる。
c0009160_1839084.jpg




そこで361を東行、秋神ダムにて県道435に入ってみる。
大間違い。
これが県道か、というほどの狭道、曲道、つづら道。雨の中、荷物背負っていくらアタシでもこれは疲れた。
もう二度と通らないぜ。
それでも、少し晴れ間があったりして、色々と気分的には楽だ。
c0009160_1830224.jpg





またしても薄い自画撮り。
c0009160_18464617.jpg




これで今回のだいたいの行程がわかる。
と、思ったが、写真ではわからんかった。
c0009160_18503861.jpg




戻って361。
廃屋となったGSの屋根の下で休憩。
この辺の道はほとんど遅い車がないので走りやすい。
c0009160_18525044.jpg






てなわけで戻ってきました、13:30。
雨の中、この辺りでコレ以上の場所を見つけるのは難しいと思う。
c0009160_18591893.jpg





雨はずいぶん小降りだ。なので今日はそんなに心配する必要はなさそうだ。
ゆっくり水遊びなぞを。あ、裸になって、水浴びはしませんよ。
c0009160_1921322.jpg





またお世話になります。
c0009160_1952153.jpg






山の中で食うラーメンは美味しいと聞いた。試してみるべ。
・・・・・そんなにでは。
c0009160_1983947.jpg





晩飯はブナシメジとソーセージの炒めもの。豚肉にすればよかった。
ついでに濡れた靴下をストーブの熱で乾かしております。
c0009160_191249.jpg





そんな三日目。    おやすみなさい。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-04 19:19 | ツーリング | Comments(0)
2013年 09月 04日

金沢行 二日目

「金沢行き」と、タイトルを付けたが、そりゃ結果論だ。



さて二日目。薄い記憶を頼りにがんばりますか。


全景。右に登る道がすぐ361。
自分の所から水場には降りれず、左のほうまでトコトコ歩いて水場に降りて顔を洗ったりします。
この橋は工事中だが、地図で見てもどこにつながろうとしてるのかさっぱり。
c0009160_16133787.jpg




雨は小降りになっていた。
それでもカッパ必須だが。
びしょ濡れのブーツに足を通して、さて、今日も出発しますか。
ありがとうございました。
c0009160_16153778.jpg





実は高山市は通り抜けるのはガンです。市内での国道は曲がりくねり、小道&観光客で、
通り抜けるだけの人には迷惑この上ない。
なので、361を西行、ひだ朝日村からカクレハ高原方向へ向かい、駄吉青屋FRを通って
さらに駄吉FR(舗装済み)を北上して158に入り、県道を越えて41に入ります。
c0009160_16184459.jpg





雨雲は眼下に低く、遠くを見ても雲の切れ間などない。
c0009160_16274938.jpg





41を北上、472に分岐して360を西行。天生峠を超えます。
天生峠10:20。
ひと気のない雨。さすがにね。トイレタイム。
c0009160_16303118.jpg




さてどうしたもんか、今日の宿。
富山の南側には、ダムがいっぱいあって、なんとかなりそうな気もするな、、、、と。
とりあえず牛首FRを抜けて、そっちエリアにアプローチするか。
c0009160_16423678.jpg




白川郷でガソリンを入れようとしたが、地図上では156を10kmほど南の平瀬まで下りるしか。
しょうがなく行くも、閉店&ハイオクなし。
更に南下して荘川まで。往復計60km。
白川郷に戻って、少し156を北上したら、すぐそこにGS。くそぅくそぅ。
これは途中の鳩谷ダム。こっそりテント張るなら良さそうかな。
c0009160_16462793.jpg




白川郷から牛首FRへ入ろうとすると・・・。
憎きゲート12:30。
c0009160_16494947.jpg




仕方ない、156を北上して、東赤尾から県道54を使ってブナオ峠を越えて、刀利ダムへ・・・・・・・。
と思ったら、ブナオ峠にて通行止め。13:30。
どすんの?どすんの?
c0009160_16525837.jpg





刀利ダム、その東の臼中ダム、城端ダム、のどれかには場所があるだろう、と目論んでいたわけだが。
雨はどんどん強くなってゆく。
希望はどんどん薄れてゆく。
意思はどんどん弱まってゆく。。。。。。。。
c0009160_16581243.jpg





ふと見ると、なにやら怪しいオイルの吹き痕。
これは長丁場持つのだろうか、と、一抹の不安もよぎる。。。
c0009160_16595316.jpg





若い頃、何かにつけて体良く逃げ出す自分に薄々気付いていて、
こうやって、一人ぼっちで追い込まれれば、やな事も逃げ出さずになるだろう、と思っていた。

どうかな?


結局、体良くまた逃げるわけだ。


金沢のビジネスホテル。16:00。
「逃げ込んだ」という表現がピッタリな状況。
c0009160_1742389.jpg





4900円+駐車代1290円。
ルートは先の東赤尾まで戻って、そこから東海北陸自動車道、五箇山ICより福光ICで降り、
304から県道27を使って、金沢市内。
c0009160_1765261.jpg





装備品を乾かしつつ、ルートを検討し、テレビのデータ放送で近隣の天気予報とずっ~とにらめっこ。
c0009160_17231772.jpg





検討した行き先の市の天気予報を延々と調べます。延べ8箇所。
石川以北はどこも明日明後日とかなり強い雨になりそうだ。
逆に松本方面は弱い雨でなんとか越すようだ。
c0009160_17324258.jpg




地元の観光名所や名物など全く興味がございません、一人の時は。
SUBWAYが近くにあったので、メシ買いついでに色々と雨に備えて装備品の買い足しに。
いつでも美味しいターキーブレスト。


幸いな事に、ここは金沢の中心地。
ユニクロとダイソーを見つけることが出来ました。

バスタオル
長袖Tシャツ

靴下
シートに敷くクッション(この2日で、かなり尻が痛かった)
ポンチョ

スウェットパンツを買おうか悩んだが、あまりにも装備が膨らみそうだったので断念。
後に後悔することとなる。







「能登半島」
というのは行ったことがなく(金沢までは来た事がある)、いつかはなんとかして走ってみたい、と思い、
今回、一週間の休みを取って、気合を入れて出発したわけだが。

いつもの感覚の雨予想程度なら躊躇はしない。
が、このレーダー図は豪雨タイプ。前線も東西に伸びて居座るようだ。

いままで頑なに守ってきた掟?を破って、今回ビジネスホテルに泊まってしまったのだから、
八尾市まで走って、またビジネスホテル、という手もある。
天気が止みそうな三日後までこうやってビジネスホテルで繋いで、能登半島を制覇する、という手も考えた。

それでいいのか?と。
c0009160_17444160.jpg




もし、ホテル泊で繋いだとしても、結局、再戦に挑むような気がする、アタシの性格からして。
人生の悔い、と言うほど大げさなもんじゃないし、何かこんな場所があった方が、
逆にモチベーションがあって、良いのかもしれない。
東京から遠くて一番、行きにくい場所なのかもしれない。

もうすでに、起きてから寝るまで林道を走れる、と言った目的は昨今の道路状況から難しくなり、
荷物を積んでの林道も、だいぶ辛いものになってきたのも事実。

少しづつかけちがい始めた目的も、ここらで(金沢のビジネスホテルで)見直すのもいい機会かもしれない。
もちろんそれで、ピカピカのレーレプに乗って旅館に泊まる、という方向にはもちろんならないけれども。


野宿地を探すための時間や地図読みのマネージメントを組み立てる時、
自分の能力を最大限に使い、物凄い緊張感を生み出し、それが苦しくも楽しいのだけれども、
その為のエネルギーもまた、ものすごく大きなものであって、
もうそんな大きなエネルギーを出せるほどは若くはなくなってしまった。

すごく良さげな野営地があればテントを張り、なければないでホテルに泊まる、
それくらいのユルさを、自分は許すのだろうか?





二日目 終わり
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-04 18:19 | ツーリング | Comments(2)
2013年 09月 04日

金沢行

ああ、疲れた。
なんだかなあ、罪悪感。

2100スタートで3411エンドなので、1300kmほどか。
c0009160_143102.jpg


画像アップしたら、ほぼほぼワイドで撮っていて、アップロードに時間がかかるので
小さくリサイズしました。


2013年8月31日

さて。

5:00起床という名の仮眠明け。
6:30永福乗り。


8:00頃か。
この時は、とりあえず晴れてるようだ。覚えておりませぬ。
どこのSAかも覚えておりませぬ。
とりあえずいつもの中央道諏訪南ICで降りまする。
c0009160_14353838.jpg



どこのコンビニだろう?
ガラス越しにうっすらと自分撮り。ただそれだけ。あんまやらないしね。
まだカッパ着てない(笑。
c0009160_14463613.jpg




諏訪南ICからすぐに入れる金沢FR使って入笠山、10:30
芝平高遠線を使って美和湖に降り、361を使って権兵衛トンネルを抜けて木曽福島に行きます。
伊那ICまで我慢して高速乗ってるより、このルートのほうがFR走れるので、好み&鉄板。
c0009160_14495060.jpg




美和湖。西北西は曇ってるようだが、山を抜けるとどうなるかわからないのが、山のお天気。
c0009160_14592756.jpg



361から19を南下。
13:00には木曽福島のいつものスーパー。
12:00超えたら、極力ルート沿いの町クラスのスーパーで、夕食を買い出すようにしてます。
時間が押してからのスーパー探し&野宿探し&テント設営は、色々と良くないことが多いので、
荷物は増えますが、今後、どんな形になっても食事だけは確保できますので。
c0009160_1524760.jpg



木曽福島から19を南下して、361を北上。
高根ダム、つーか昔、やつらと来た場所を確認。入り口が見つからず、結構走りました。
14:30。
ああ、ダメだ。下に降りすら出来なくなっていた。
写真左には、大型獣のフンらしきものがあった。蝿がたかってるし、バイクの場所は少し坂になっている。
雨降ると、色々とヤナ感じになるので、この場所は却下。以後却下でもある。
良い場所だったんだけどねえ・・・・・。
c0009160_1595026.jpg



とうとう雨が降り始める。
近くでウロウロしてみるが、なんとも見つからない。
c0009160_15194491.jpg



15:30。う~ん、弱った。
とりあえず朝日村で軽食のサンドイッチとビールを買う。
サンドイッチが変な味がした。やられたか、田舎のスーパーではよくあることだけれども。
c0009160_15214673.jpg




雨がザンザン降り始めた。たまらず高根ダム横の塩沢温泉の東屋で、雨宿り。
ガススタンドのおっちゃんから、「この辺は夜17℃ぐらいなるよ」と言われ、ビビる。
c0009160_15234597.jpg



とりあえず、雨の中走り回って、野麦峠分岐の廃トンネルの下と、そこから少し先の工事中の橋の下を見つけた。
が、橋の下は家族連れが絶賛BBQ中。彼らが帰らない限り、そこは使えそうもない。
廃トンネルは、、、どうだろう?さっきの東屋でシュラフに包まって寝るかどちらがいいか?
家族連れはその場で車中泊するのか?ずぶ濡れの中、361を行ったり来たり。
c0009160_153216.jpg





17:40
かなり暗く、雨脚も更に強まり、探すのをあきらめて、東屋で一晩明かすつもりで向かっていると、
例の家族連れが道に出ていくのに遭遇。
助かった、か?
助かった、よ、う、だ。
c0009160_15283084.jpg





乾いた場所は、こんな日には何よりもありがたい。
テントひと張り程度のスペースだが、この状況でベストに近いだろう。
c0009160_154399.jpg





家族連れが帰らなければ完全にアウトだった。
c0009160_15474910.jpg




ようやくメシにありつく。
このランタン、旅の最後まで役に立ってくれた。ヘッドランプは殆ど使わなかった。
今までの経歴の中、ラジオは入った試しはナイ。
防水ならホント文句ないんだが。
c0009160_15494076.jpg





小食なワタシはこれでも多い。鷄の山賊焼き、つーのが珍しかったのでつい買ってしまったが、大きすぎた。
結局、3/4ほど食べた所でギブ。
メシは、このストーブでの炊き方を忘れていたため、超絶まずいのが炊けた(笑。
それでもこんな所で食べるごはんは、どんなものでもうまいんです。
c0009160_15521264.jpg




これは翌日撮ったものだが、この奥は実は開けていて、奴らが来るにはうってつけの場所でもある。
奥の方なら、川にすぐ下りれる。
c0009160_15564511.jpg






前日、殆ど寝てないので、飯を食ったら、そっこー寝てしまいました。
あ、ソロの時は焚き火をすることはありませんね。めんどくさいから。



夜、物凄い豪雨&物凄い雷雨。
霧雨がテントにかかってきて、乾かしてたものを取り込んだりした。

ああ、もしあの東屋なら、とても寝ていられなかっただろう。
ああ、もしあのトンネルなら、浸水で寝ていられなかっただろう。

感謝。



一日目、終わり。
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-04 16:04 | ツーリング | Comments(0)
2013年 09月 01日

-


ホテルなう

水曜までなんとかできれば
何とかなると思いきや
金沢以北はかなりの豪雨予報で思案中。
c0009160_1426812.jpg



撤退は勇気、か?
[PR]

by 3et3xp | 2013-09-01 19:48 | Comments(4)