winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 30日

ラジエーターホース YZタンク 3XP フィッテイング 確認

昨日、寝ぼけてロキソニンを二錠飲んだ。
どうなることかと思ったが、どうもならなかった。めでたしめでたし。


さ、て。


3XPラジエーターと3XPラジエーターホース改を3ETに取り付けて、不具合の確認と、
そのままYZタンクを組んでみての様子見作業、です。


上:3ETノーマルの状態と
下:3XP改の状態。
c0009160_15363152.jpg






3ETのラジエーターステーはそのままなので、取り付けそのものは問題はない。
左ラジエーターの下の口とホースの取り合いは問題ないが、
ラジエーターのこの位置では若干、短い。
上のステーの長さ問題で、ラジエーターをもう少し上で固定しようと思ったが、
ちょっと厳しいかもしれない。
c0009160_15375615.jpg




仮ステーのボルト頭とフレームとのクリアランスが気になっていたが、問題はなかった。
それよりも、3XPラジエーターを3XPのシステムで3ETに取り付けるなら、
この部分にスタッドナット(仮称)を溶接すればいいように思う。
そっちの方が簡単か?
c0009160_15364277.jpg




右ラジエーターの下の口はかぶってしまうが、下のホースは繋ぎ-繋ぎの鉄パイプなので、
これはなんとでもなりそうだ。
c0009160_1537068.jpg





全体を組んでみたところ。右から。
リカバリーパイプは出る向きが全く違うので、3XPのものを使う事になる。
c0009160_1537431.jpg




左から。
ラジエーター上の口がかなり下なので、パイプ関係は余裕がある。
c0009160_15374634.jpg











ヘッドとのクリアランスはこれくらい。引っ張りあげてもう少し広くなる。
まあ、これでも組めるが、かなり無理くりな組み方になるか。
3XP方式でラジエーターを取り付けようとすると、ラジエーターステーはこのパイプのすぐ右の位置になる。
・・・・・なかなかなんともならないものだ・・・・。
c0009160_15381042.jpg







経路検討で言えば、もう一つ手がある。


もっと上で分岐させる方法。
c0009160_1637100.jpg



左は相変わらず問題ない。
c0009160_1621858.jpg




渡りの鉄パイプがなあ・・・。ちょっと悩む。
c0009160_162411.jpg




逆にヘッドとのクリアランスは大きく取れて、問題はなくなるわけだが・・・・
c0009160_1631572.jpg




YZタンクはこれでは付かない。
と、作業中は思ったが、こうやって写真を見ると、なんとなくタンクにこの経路の逃げがあるようにも見える。
当たっていたのは何か別のものだったのかな?などと。
c0009160_1624574.jpg




ノーマルタンクなら、というと、今度は右ラジエーターの上の口が当たって付かない。
そんなわけで、右の3XPラジエーターは、口の位置を移動させない限り、
3ETのノーマルタンクは付かないことが判明した。
c0009160_1632266.jpg




てなわけで、とりあえず(と、言っておく)上付きの手は少し厳しい。
下からのホース分岐でYZタンクを取り付けてみる。
c0009160_163134.jpg





これは・・・・なんという誤算。
昔、このタンクを仮組みした時はこのチャンバーは付いてなかった。
こりゃ困った・・・・。
c0009160_163127.jpg



このチャンバーを外せばかなり上手く行く。
上手く行くが・・・・・これは・・・・・・・・・・・
いや~、これはあった方が格段にフィーリングがいいので、あんまし撤去したくないが、
それはそれでキャブとの繋ぎは素直にはなる・・・・んだがなあぁ・・・・・・。
c0009160_1642521.jpg




前回に比べて、かなりタンク上端とフレームの隙間が小さくなった。
ラジエーター上の口はタンクとぴったんこで、ラジエータは-これ以上前に出せないので、
これはこれでこの収まりが最終になる。
c0009160_16314631.jpg




左は、ラジエーターがもう少し上に上がっても余裕がある。
c0009160_1632643.jpg




ブリッジのホースは外に出るが、それは随分前から飲み込んでいるので、文句はない。
というか、渡りはこれしかないので。
c0009160_16321361.jpg




小さな部分のメモ。
シュラウドとの取り合いでカットするであろう部分、とか。
c0009160_1631528.jpg




タンクの収まりで、フレームにゴム板を巻かないといけない、とか細々と。
c0009160_16312822.jpg





「YEISチャンバーを叩いて凹ませればいいじゃん」とか思うでしょうが、
これは実は脈動効果で容量の計算があって、そんなおいそれとは潰せない。
ただし、同容量なら同じような効果になるらしいので(空き缶とかでも面白い効果になるらしい)、
そんな手もどこかに転がっているかもしれない。

問題点はほぼ洗いだしたので、ラジエータの件はここから少しお休みです。
ラジエーターやってて、ちょっと気になることがあったので。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-30 17:11 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2014年 08月 30日

ラジエーター ステー 前準備

明日、雨かなあ・・・?

ホース類のフィッティングを確かめるために、
ラジエーターをラジエーターステーに仮止めします。
ステーとラジエータのクリアランスをなるべく純正と同じになるように固定していきます。
c0009160_0243483.jpg



何度書きなおしても、説明が難しいです。
あきらめてグリグリ書きます。
ちゃんと説明しようとすると、だらだら長くなるので、「そんなもんなんだ]ぐらい思っておいてください。


まずは右。
ラジエータープラガード(フィン)の固定穴が同じスパンなので、
これを使って3XPラジエーターを固定します。
もちろん、これは仮です。
c0009160_0254367.jpg




邪魔になるキャップ止め金具用のネジ穴は、ラジエーターのツラまで削り飛ばします。
c0009160_0251291.jpg





銀色(アルミ板)の部分は、3ETラジエーターの下に付いているステーと同寸ですが、
これだと頭が出ます。短くは出来ません。
逆に長くして、左のホーン止め穴を使うかな、と思案中。
c0009160_026752.jpg





上の写真の位置関係で、上はこうなります。
ブリッジ用の湯口は切り飛ばしました。これでラチェットは入るでしょうが、
実はキャップが回るか微妙な所になりました。
ステーを左にずらすと、おそらくろう付けシロが足りなくなるでしょう。
c0009160_027194.jpg







次は左。
左はこれしか手がない。
c0009160_026932.jpg




下はもっと酷い。
変な形のステーを作って、ギリギリのギリギリでなんとかクリアランス関係を保ちます。
c0009160_0255411.jpg





上のステーはちょっと見たことがないくらい長い寸法になってしまいました。
c0009160_0261320.jpg




これできちんと固定されるのかどうか、全く分かりません。
c0009160_0255951.jpg





下をも少し長くするべきのような・・・・。
c0009160_0261032.jpg




ラジエーターステーとフレームの取り付け穴位置を同じにして、
組み換えた3XPのラジエーターホースを付けてみます。
左は長かったので、カットしますが、それは車体に組んでから。
c0009160_0263331.jpg





おおまかに寸法を当たってみます。
写真右の+ボルトからフレームの下までおよそ20mm。
c0009160_0264914.jpg



模型?をあたってみると、およそ20mm・・・・ちょっと足りないか。
c0009160_0271091.jpg




ヘッドからフレームまで70mm。
c0009160_027350.jpg




これはホースを切ればいいのですが、
触ってみると、ヘッドの鉄の口とホース分岐金物の口が当たるくらいギリギリで、
これは整備できるのでしょうかね?
c0009160_0265826.jpg




ラジエーターが厚くなって、湯口位置が変わったために、おそらくタンクと当たるでしょう。
c0009160_0264731.jpg






なんかこれくらい軽くやってみただけで、色々と不都合がありまくりで、
これはもしかやらない方が良いのかもしれません。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-30 01:11 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2014年 08月 24日

ラジエーターファン撤去 マフラー換装

だいぶ目の調子が良くなったかな、などと調子こくとまた・・・・・。


調べた感じ、結局ラジエーターファン(PCファン)は動いていないようで、
逆に放熱の妨げになるので撤去します。
おそらく、最初はバッテリー付けてちゃんと機能していたんだろうなあ、などと。
都内ではアイドリング時にファンが回ってくれないと意味が無い。
c0009160_22515647.jpg




少しバックファイアが出てきたので、マフラーを抜けの良い方に換える。
冬になれば戻すの繰り返し。
c0009160_2253542.jpg




シュラウドのネジの長さが長すぎのようなので、短いものに変更。
オーバーフローの問題で取り外していたアンダーガードを取り付けるついでに
ボルトを全て同じ頭に変える。


早い所、リアサスを何とかしたいんだが、この暑さで自転車通勤もする気にならず
なんか伸び伸びになってしまっている。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-24 22:58 | WR400F | Comments(0)
2014年 08月 23日

ラジエーター 3ET 3XP-1 3XP-2 4TP 比較

あ、まだどこにも行っておりません。
9月後半でしょう。
さすがに10日間の有給は驚かれましたが。

このまま、いつかまとめにコピーする感じで。
概要がややこしい。

ラジエーター 3ET 3XP-1 3XP-2 4TP 比較


ラジエーター概要

エンジンを3XPに換装した為に、3ETでシリンダーヘッドに付いていた水温センサがなくなりました。

①3XPのシリンダーに水温センサのネジを切る、とか、
②3ETのシリンダーヘッドを付けてみる、
③3XPの水温センサ付きラジエーターに換装する。

が、あります。
答えは越後湯沢、だと思います。


これは3つの問題を解決します。
①YZタンクの取り付き
②ラジエーター容量アップ
③水温センサ



で、取り付けに関しては

①   3ETのフレームに、3XPのラジエーターステーを取り付けられるように加工する
②-1 3ETのラジエーターステーに、3XPのラジエーターを付けられるように
     ”3ETのラジエーターステーを” 鉄溶接加工する
②-2 3ETのラジエーターステーに、3XPのラジエーターを付けられるように
    ”3XPのラジエーターを” アルミ溶接加工する



①も②-1も実はフレームに対して何らかの加工が必要になるのだが、
3ETはその部分は丁度オイルタンクになっており、その部分を私は飲み込めなかった。
軽量化だけならもちろん①になります。


左ラジエーター

無駄文:4TPがあるのは水温計の問題が出る前に入手していたから。
     3XP-2があるのは単にバカだから。

右から
    4TP     3XP-2    3XP-1   3ET  3ETラジエーターステー

で、縦の長さは3ETと3XPは違うのだが、幅が同じなのは3XP-1なので、
3XP-1のラジエーターを使うことになる。4TPは大きさは同じくらいだが、水温センサがない。
c0009160_181443.jpg



3XP-1上部ホース口。
3ETと角度が違うので、ホース類も3XPを使うことになる。
c0009160_1758385.jpg




下部ホース口の角度が奥の3XP-2と4TPは違うことが判る。
ちなみにこのホースを受ける鉄のパイプの口径も違うようだ。
c0009160_17583180.jpg




3ETに3ETラジエーターステーを合わせた所。
c0009160_1759575.jpg



上の3ETのステーを移植する仮定で、3XP-1で位置合わせをする。
つまり下合わせ。
c0009160_18182958.jpg



すると、上部はこれくらい隙間が空く。
これをステーで沿わせるのは強度的に難しいか?
c0009160_18193313.jpg






ラジエーターフィンのステー合わせで、およそ下は揃う。
これでラジエーターを止めちゃえばいいんでね?とも思うが、
本体ステーはゴムブッシュを介して留まっているので、それは振動的に問題があると思われる。
ステーを移植だと、底面の形状から、3XP-1は溶接シロが少なくなるのは問題かもしれない。
c0009160_18191098.jpg




今度は、上合わせで留めようとすると、水温センサがステーに当って邪魔をする。
c0009160_18191535.jpg




どのみち、ブリッジ口は当たる。
ラジエータ上はフレームからステーを出して留めるか?
ラジエーターを中央に寄せて、半分づつに吸収させるか?
c0009160_1835220.jpg






右ラジエータ

3ETのみが薄くて、3XP以降から厚みが二倍になる。


同じく右から
    4TP     3XP-2    3XP-1   3ET  3ETラジエーターステー
c0009160_18355397.jpg



幅はどれも同じだが、ラジエーターポケットの容量が違う。
c0009160_18361690.jpg



上部。
ラジエーターポケット下部合わせで、上部のステーは移植出来ない。
なので、上部の作業スペースを確保する「上から決める]作業になる。
c0009160_18535070.jpg




上の写真の状態で、下部。
ギリで移植できそうだが、このステーの曲がりの寸法はおそらく3ETがギリギリで、
これ以上ギリギリになる移植は問題かもしれない。
どのみち、上記の理由で、ラジエータはもう少し下に行く形になる。
c0009160_18535846.jpg






右ラジエーターは、厚さの問題になる。バイク本体との取り合いは後日。
ステーとラジエータの関係はこんな感じ。
ラジエータの面とステーの面が面イチになる。
c0009160_1854865.jpg




下合わせで、3XP-1ラジエーターを同じように面イチで納めようとすると、
キャップいたずら防止用のナット穴がステーに当たる。
使わないから削ればいいですけどね。
c0009160_1995513.jpg




上でキャップいたずら防止用のナット穴をよけると、下でこうなる。
ラジエーターステーからさらにステーを出して留めるようになるのか、な?。
c0009160_199463.jpg




ステーは付けられるけれど、相変わらずブリッジ口はアウトになる。
c0009160_1994976.jpg




右ラジエーターもまた、ラジエーターフィンのステーが合う。
他の寸法は整合性がとれなくなるけどね。
c0009160_1910029.jpg




キャップいたずら防止用のナット穴を切り飛ばして、作業スペース等を見越すと、
ラジエーターとラジエーターステーはこれくらいの位置関係になる。
c0009160_19103741.jpg



で、その状態で下はこんな感じ。
微妙すぎてなんとも手が出ないな。
c0009160_19253499.jpg




こっちでアルミステーを作製して、
「これをここに付けてください」とお願いするのがお互い楽なような気がする。
ブリッジ口は、短く切ってしまえば解決するが、ホースの乗っかかりフランジがなくなって
果たしてそれで良いのか?などと悩みは尽きない。
お店の方で曲げを変えれるのなら、そちらの方が良いかも。

次は状態の悪い3XP-2のラジエーターをダミーにして、ホースのフィッティングを確認する作業になる。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-23 19:35 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2014年 08月 22日

ただのメモです。
色々あって・・・・。


最初は 
シンクル 250mg と何かのセット。おそらくイブプロフェン製剤だと思った。
クラビット1.5%だけ渡される。

で、好転しないため、セットで プレドニゾロン5mg  テプレノン50mg  
と、
クラビット1.5% リンデロン0.1% ミドリンP

ひと月ほどの投与で治癒したかに思われたが、再発したため
チモロールXE0.5%を更に渡される。

眼圧眼圧って、馬鹿のひとつ覚えかよ、とも思うが、
どのみち原因わからないんじゃダメじゃん。
つか調べろよ、てな感じで。
まあ、そんな設備もないか。
リンデロン使ってんだから、だんだん減らすとかアドバイスしろよ、とか思う。
大体、3重に使う時の間隔とか、何も説明しないし。
胃薬渡すんなら食後と明記しろよ、とか。

ウイルス性、とか言うけど、「ヘルペスですか?」と聞いても苦笑いとか。



もひとつは、よく分からずに
テラ・コートリル
テラマイシン
ベトネベートN

あたりを使うも改善せず

結局 リドメックスコーワ0.3%を処方される
リンデロン塗っても良かったんじゃね?と思うが、コスパが悪いか。
結局治らないし。

「連続投与はどれくらいでしょうか?」とか聞かないと
「ああ。そうでしたね、二週間を限度としてください」とか大丈夫か?とも思う。

誰も検査しないから、しょうがなく総合病院に行くも
「飛び込みのお客さんは一律3200円頂きます」だって。
紹介状がどうたらとか、ただカルテを共有するだけじゃん。

なんだかなあ・・・。
調剤薬局行っても
「当薬局では、この薬品から変更できる薬品の在庫はありません」
ジェネリックだと上がりが薄いから売らないよ、とはっきり言えよ。


TOKIOの宙船を思い出す。
まったくもって
「おまえが消えて喜ぶ者におまえのオールをまかせるな」
だな、と思う。

あ、愚痴じゃなくて、ほんとにただのメモです。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-22 00:57 | 雑記 | Comments(0)
2014年 08月 12日

ライト周り 補修 

BBSは管理者、というかホスト(議長)が必要で、
モチベーションがネックだろうな、とは思っていた。

現在では、にちゃんねるが主流だが、こっちは匿名性がネックで、
見てる限り、海外の4ch形式(コテハン制、投票制、議題制)の方が
バイク関係には親和性が高そうだが、日本人にとっては敷居が高いのかもしれない。



WR400F

クーラント漏れは解決。
昔は慎重に作業していたが、最近小慣れすぎて(天狗?)考えも及ばなかった作業の後の失敗。
逆向けのシールなんてとんと最近、見なかったからなあ・・・・などと言い訳。


ウキウキして(ウソです)WR400Fで帰社してたら、ヘッドライトが不安定に。


ライトハーネスの根元でハイビームインジケータ用にタップしていたのが
外れたようだ。タップの銅線が太すぎて、端子で噛みきれなかった、というところか。
c0009160_13413199.jpg




インジケーターランプ線を外してハーネス組んで終了。
今度の車検まで覚えていればいいが、そんな所、検査官、チェックしてたかなぁ~などと。



「電装はいじるな!」と、強く前オーナーに言われているが(笑、
ファンの電源が0.7Vしか来てなかった事や、こんなことで、
少し「ムズっ」としたりもする。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-12 13:55 | WR400F | Comments(0)
2014年 08月 11日

2014年の無駄装備

毎年?奴らと行く時は、ソロではやらない/持っていかない、小さな実験を試みたりします。

今年は料理方面でちょっと実験などを。

左から
キャプテンスタッグ  アルミロールテーブルコンパクト ¥1420
キャプテンスタッグ  抗菌PCマナ板3点セット     ¥1871
プロックス       あぐらイス              ¥1372 
c0009160_23375676.jpg




変な写真?
折りたたみまな板は色々ありますが、金属の蝶番を使ってない方が良いと思います。
そのかわり耐久性は落ちる。
c0009160_23383197.jpg



ホムセンに展示してある折りたたみチェアは、触ってみるとグニグニしてて、
「こんなんじゃすぐ壊れるだろ」、と思ってましたが、
座ってみると、案外がっしりしてて、大きさも窮屈な感じはなく、収納長さもギリなくらい。
c0009160_2338398.jpg




あと、焼き網でも買っておこうか。
にしてもソロだと絶対持っていかない物ばかりだな。


あ、でもねえ、イスはちょっと気に入った(笑。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-11 23:56 | ツーリング | Comments(4)
2014年 08月 10日

ウォーターポンプシール 再々度交換((泣)

雨、つーか台風で、な~んも出来ない。

NHK杯を観ながら・・・・。
趙治勲本因坊、老けたなあ・・・・。
絶頂期を観ることができなかった事が悔やまれる。



マットの方はエイヤッとポチったので、まとめるのは止めました。
自分的にはサーマレストで固定に近いので、吟味したりすることがないし、
奴らも買っちゃえば3~4年は問題ないだろうから、
マットの情報は見返したりしないんじゃないか、と。

シュラフは永遠に悩むだろうね。


メットが来た。
梱包の箱が臭い(苦笑。ネズミの糞の匂いだろうか?。
前に渡したメットはフリップアップタイプだったが、重いしデカくて、
売りであるフリップアップが無用だったらしい(笑。
c0009160_13225751.jpg




こういう運用みたいなので、セットアップしておく。
気に入らなきゃ、オレが使う(笑。
c0009160_13225841.jpg






さて、ウォーターポンプシール再々交換。
くそぅ、くそぅ!
c0009160_13221878.jpg



証拠写真。
やっぱりこっちの方がシャフトがスムーズに組み付けられる・・・・・・当然か。
c0009160_13232238.jpg





暖気してブリッピング何度かカマしてみたが、漏れなかった。
まあ、でもわからんね。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-10 13:53 | WR400F | Comments(0)
2014年 08月 07日

2014年版 シュラフ 比較

2014年版 シュラフ 比較

去年、二人共シュラフはちゃんとしたのを買ったので、今年は大丈夫。
雨対策を少し考えないとだが。

で、私の現状は、というと、温度と値段に的を絞ったため、かなり大きいのが難点になってしまった。

一昨年は役割分担上、「まあ、いいや」と思っていたが、今年はちょいと荷がかさばりそうなので
少しシュラフを覗いてみた。

で、そのメモ。2014年版でございます。

現状。
2011年に買ったらしい。
コールマン taos 海外のみ 2014年でも売っているのを見かける。

収納サイズ:Φ260mm × 370mm
下限温度  :多分ー4℃ 
価格     :3500円
洗濯可
おそらく、特殊化繊ではなく、ただのワタと思われる。
重い、デカイ。ただし、部屋布団にしているので、-4℃対応は重宝する。
写真の上のヤツ。これでΦ260mm × 370mm。
c0009160_165397.jpg



安定のメーカーから、いくつか。
今回は、いわゆる夏山縦走程度、
パッキングがメイン、
テント内温度が10℃~程度を想定、
雨を考えて、特殊化繊系でピックアップ。


●スノーピーク

①BACOO 200 2014年現行

概要    :この製品は、ダウンだが、外装にゴアテックス系を使って、シュラフカバーを不要にしている。
        これの上位520(-7℃)¥39800は、本番用に買っても良いくらいだ。
材質    : 表生地:20Dナイロンリップストップ防水透湿PU
         中綿 :ダックダウン200g(ダウン90%・フェザー10% / 800FP)
収納サイズ: Φ140×250mm
重量    : 約670g
下限温度 : 6°C
価格    : 25800円
c0009160_14331446.jpg



②SBD-101 2014年 生産終了。現在は在庫のみ。

概要    :2014年に特殊化繊系のラインナップはない為、一応、探してみた。
        サーモライトエクストリームで1050gなので、およそ特殊化繊500程度だろう。
        ○○○800などの表記は大体、5°前後の性能になる。
材質    : 中綿: サーモライトエクストリーム
収納サイズ: Φ180×300mm
総重量   :約1.050g 
下限温度  : 8°C程度?
価格    : 10260円
c0009160_14353137.jpg




●モンベル

①スパイラルバロウバッグ #5

概要      :2014年モデルのため、やはり性能は良い。ま、当然、お高い。
          ただ、6℃対応というのは、なんとも中途半端で、それにこの金額は出せないな、と思う。 
材質      :中綿/エクセロフト
収納サイズ :Φ160×320mm
総重量    :870g
下限温度  :6℃から (使用可能限界温度 -2℃、と書いてある)
価格     :12137円
c0009160_14463891.jpg




②スパイラルホロウバッグ #5   参考まで。2014年廃番

概要     :えらく安くで出回っているが、バロウバッグからは見劣りするので、在庫処分価格だろう。
         比較すると、大事な収納サイズと重量がかなわないのが判る。
材質     :中綿:ホロウファイバー(中空ポリエステル綿)
収納サイズ : φ190×380mm
総重量    :1200g
下限温度  :6℃から (使用可能限界温度 -2℃、と書いてある)
価格     :5862円 
c0009160_1442748.jpg




●isuka

①アルファライト 300X

概要      :定番品。これよりアバンギャルドなウルトラライトなるものがあるが(8000円)、
          それでは山頂付近の朝方は寒いだろう。
材質      :中綿:マイクロライト300g
収納サイズ  :Φ140×270mm
総重量     :650g
下限温度   :6℃
価格      :11880円
c0009160_182965.jpg



②パトロール600

概要      :ハゲが去年買ったやつ。参考までに。
          特殊化繊でないので重く、勧めはしなかったが、よく見るとそこそこバランスが良い。
材質      :中綿:ただの化繊だったはず 600g
収納サイズ  :Φ200×390mm
重量      : 1300g
下限温度   : 2℃
価格      :6615円
c0009160_14492731.jpg


●コールマン

タスマンコンパクトX/8

概要     :コールマンは収納サイズがデカイから好きではないが、安いので(笑。
         なんでこの性能でこんな数値になるのかが不思議だ。
材質     :中綿:ホロファイバー660g
収納サイズ :Φ230×390mm
質量     :1500g
適温レベル :8℃以上
価格     :4363円
c0009160_145610100.jpg



●キャプテンスタッグ

アクティブマミーシュラフ600

概要      :価格は安いが、サイズがねえ。5℃かぁ~と思う。
材質      :中綿:ポリエステル100%(ホローファイバー)600g
収納サイズ  :Φ200×400mm
重量      :1100g
使用目安温度:5度まで
価格      :2550円
c0009160_1628090.jpg


●jack wolfskin

MISTY MORNING (warmerlight 700)

概要       :やっと見つけたCupsel2 700のデータ。
           マイクロロフトでもカプセル2でもないが、このスペックに近いだろう。 
材質       :中綿:マイクロガード シルバー680g
収納サイズ   :Φ210x280mm
重量       :1230g
使用下限温度 :2 °C
価格       :16940円(€119.95)
c0009160_16535460.png
   


●LOGOS

ダウンアリーバ -15

概要    :参考で。これはモヒカンが2012年に買ったやつ。
        今、価格見たら、ありえないので、なんかあったんだろうと思う。
材質    :中綿:ホワイトダックダウン90:10 600FP
収納サイズ:Φ200×320mm
重量    :1420g
適正温度 :-15℃まで
価格    :28965円
c0009160_17191310.jpg





毎年、中華製が増えてきて、混迷を極める。
ここまで書いて、「やっぱいつものダウン持って行こ~っと」、となる。
ダウン見慣れると、化繊がげんなりするほど重く大きく感じる。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-07 15:14 | ツーリング | Comments(0)
2014年 08月 05日

日記

日記です、マジで。


とうとうあきらめて皮膚科に行った。

なぜかおかげでメットを買うことになった。

同じ1円スタートの出品でしつこく3400円を入れて続けて負け続けているgar***さんを
冷やかそうと思って3300円を入札したら落札してしまった。
そこはがんばれよ!gar***さん!
まあ、それでも最近の相場では最安になるからいいか。


これでワタシだけ3人同じメットを知っていることになってしまった。

つかオレは買えないのか?
いや、もう買えないな(笑。

なんだかフクザツな気分・・・・。

びょーいんの帰りにYSPに部品注文しに行ったら、休みだった。
ああ、明日もいかねば。
[PR]

by 3et3xp | 2014-08-05 00:54 | 雑記 | Comments(0)