winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 28日

2014年の状態で3ETでのオフ(フラット)雑感

もし、二日目に御岳山(王滝村)に行っていたら・・・などと。

タイトル通り、2014年の状態で3ETでのオフ(フラット)雑感、です。
写真は野宿マスの使い回しです、悪しからず。



このバイク、セッティングは全て後回しにしております。
とにもかくにも、バランスの感じとフィッティングの良し悪しが先なので。

なわけで、PWK28は、パワーを出すとかじゃなくて、不満なくスムーズに回るようにセッティングしてます。
それでもエアクリ口は半分以上広げたりしておりますが。
4stは分かりませんが、2stでエアクリ口開口時の低速での吸気音とボコ付きは、PJの調整で
消えたりします。
そんな話は機会の時に。

足回りは余計なことをせずレーサー足を入れた時の、いつも通り全抜きで始めて、
通勤に使いながら気がついた所をクリッククリックゥ程度で。
前後、伸び圧共に2~3クリックぐらい締めてるかな。気付いてチョコチョコ変えたりしてるので
メモなしでございます。

タイヤは前後ともDUNLOPのD605。オン/オフ兼用のふつ~のタイヤ。

そんな現状。

公道。
山奥の村から下に降りるための県道。二車線になったり一車線になったり。
ブラインドは当然。村人からすると生活道なので、コーナーで膨らんだり、一時停止無視は当たり前。

ん~自画自賛ではないけれど、やはり2st200ccというのは、こういう所でピッタリの相性だと思います。
オフ車のほうが、若干一次ギアが合っているようにも感じている。
パワーをふり絞るでもなく、カブるでもなく、安全な良いくらいのスピードの上下限で走れます。

あ、3ETの話だった。通勤の公道で過不足なく仕上げているので、上記のような感想そのものになります。
特に現状、PWKの美点(?だと思っている)下の粘りの部分がよく効いていて、
若干、ギアが高めでコーナーに入っても、そのまま開けていけば十分に前に進んでくれるのは楽しい。
このあたりの”前に進んで伸びる感覚”が、もたつくでもなく、パルシブでもなく、二次曲線的に爆発するでもなく
綺麗に伸び上がってく感覚、というのはなかなか(喜)。
c0009160_11263478.jpg



足回りは少し曇る。車体姿勢のため少しイニシャルを固くしていて、それに荷物を載せているから。
でも特に違和感は感じなかった。逆に公道だとこれくらい動かない方が良いのかもな、などと感じたくらい。
c0009160_11474918.jpg





林道。
下からのパワーを出したりしてないので、「林道では使えないだろうな」と思っていた。
荷物積んでD605だもの。WR400Fが相手だもの(笑。
エンジンがねえ、面白い。なんかランツァを思い出させる。いわゆるランツァ走りが楽しい。
ただ、ランツァのような重さも足回りのプアさもトラコンもない所が不思議な感じ。
ツルツルツル~って走ると、タイヤの限界性能と荷物とフラット路面なこともあって、思いの外マッチする。
フルブレーキングは止めて、柔めに走ると、さっきの綺麗に伸びる感にはトラクションも付いてきてるのが
わかった。
いや、面白いもんだ、とメットの中でほくそ笑んでいた。
c0009160_11592717.jpg




不満点は、ある。やはりフロントフォークの剛性にフレームが負けている。
あくまで感覚だけれども、ヘッドパイプ回りにストレスが掛かるように感じた。
この辺は言葉では難しいね。
下りのつづら折りのブレーキングでよく分かる。
バランス、と言う意味では取れてないのだろう。荒れていればもっとキツイと思う。
トルクを出したらさらにキツイか。
c0009160_12281478.jpg




チョットだけマジ走りをしてみたが、中速域が薄いので、上まで回すと今度はタイヤが限界で
「コリャあかん」となった。
どのみち、ピークをもっと下に持ってこないとオフでは使えそうもないや。

なんでこんなに楽観的かというと、まだpwk30はあるし、ボイセンのプロリードもある。
塞いでいるもう一つのランツァのYEISもあるし、エアクリ口はまだ開ける余裕はある。


な~んて、そこまでこのエンジン持つのかしら?それが1番だったりして。
ちなみに、3XPのピストン、ヤマハのオンラインで見たら、ABCではなく、色になってた。
なんだそりゃ?
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-28 13:08 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2014年 09月 26日

ツーリング後記 装備品

まあ、今回は装備のチェックみたいなもんだった。

特に、モヒカンのテントは危険なことがわかったのは大収穫だった。
あれで四国とか・・・・・。


●振り分けバッグ サイドバッグ

どうなっているか書かなかった。こんなもんやる人は出たとこ勝負、だと思っていたから。

本体を吊るしているのは、この青いヒモとバッグ本体の肩紐の下側のヒモです。
c0009160_1133397.jpg



振れ防止に、本来ならこの下側の肩紐の紐部分をカウルの後ろ/サイレンサー側を通すべきですが、
熱問題のため、肩紐をばらして紐部分だけ使ってこんな感じになりました。
さらにバッグのカウルに当たる部分は、サイレンサー用のグラスウールをアルミテープで留めてます。
外周ではなく、全部アルミテープで覆った方が、バッグにグラスウールの繊維が擦れてくっつかないようです。
ちなみに、裏側も同じ処理をしてあります。
100円の焼き網を折ってガムテで貼り付ける手もあったな、と今思う。
c0009160_1134343.jpg



前方は適当ですね。下の肩紐のクッション部分とコンプレッションの余りヒモを結んで巻いてます。
c0009160_1141321.jpg



左のこんな形が正解だと思います。
セローとかWR250Rとかは無理でしょう。
c0009160_1142341.jpg




左の前方。
左右同じシステムにしたかったが、フレームの形状が違うので。
c0009160_1144158.jpg



これで高速走って、人肌プラスぐらいの温度だった。
が、ボンベやチョコレートは入れない方がいいかもしれません。
c0009160_1143396.jpg




ハゲの方はマフラーの排気熱でバッグに穴が開きました。
ウチのは擦れてウラから見ると少し生地が薄くなってる部分がありました。
まあ、1000円のバッグですから(笑。
c0009160_1145688.jpg




前方はコンプレッション用のヒモは位置合わせのただのアンカーとして。
縫製で、この紐の引っ張られる方向は逆(バッグ方向)を想定してるので、
こいつを吊り下げ紐として使うのは無理があると思います。
青い吊り下げ紐は左右繋がってますが、フレームのセンター部に巻きつけてずれないようにしてます。
後方は肩紐の紐部分で、テンションの向きはわりかし自由なので
こんな風にトライグライドとバックルを使って。
c0009160_1144359.jpg




よく入るんですが、横向いているので、荷物をポンポンとは入れにくかった。
左右のバランスがあるので、左に詰め込んで、右を空っぽ、みたいな運用はしにくい。
フラットダートなら重心が低くて問題ないが、やはり少しバタつくので、荒れた林道では注意が必要。
あと、キックする時、少し邪魔だった。
そんくらい。
ソロオフでも考えてもいいが、ココにシュラフとか入れてコケても大丈夫なものかどうか?
振り分けに悩む所。


●タイヤはそろそろかな。D605としては短いほうか。
バカにしてた(?)けど、フラットなら楽しいじゃん。
あ、それはこの3ETとのからみの話になるので後日。
c0009160_114561.jpg



●ガス
二日目の朝、湿った薪をすったもんだしている間、ずっと燃やしていたので、2日で3/4ぐらい減った。
普通に使えば3~4日位もつのかなあ?。二人で5本くらい持っていれば、5~6日大丈夫だろう、と予測。
c0009160_11539.jpg




●バーナー
メインはあっちに任せて、こっちはお湯や炒めものくらいか。
やつらの食事はほぼつまみで、焚き火で炙るのがメインみたいだから(笑、この程度の小ささで良いだろう。
c0009160_1152950.jpg



●石鹸入れは、今回右の閉まりがユルい方を持っていったが、密閉できる左のほうが気を使わなくて済む。
ちなみに、左は100均の小銭入れ(並べて入れられる奴ね)。
c0009160_1155458.jpg



●蚊取りベープ
室内やテント内では力を発揮するようだが、軍曹やコオロギには効かなかった。
蚊取り線香も持っていったが、ないよりマシなのか、あっても無駄だったのかは分からずじまい。
ただ今回、蚊やアブに悩まされた、ということはなかった。いなかったのか効果があったのか?
c0009160_235037.jpg




●折りたたみ椅子 と 携帯まな板 と 折りたたみテーブル。
「ダメ人間製造機」とまで言われたあぐらチェア。低すぎてすわり心地良すぎて、何かするのに億劫になる。
前方のハトメ部分は引っ張られて少し布と剥離しかかっていた。
足のプラスチック部分はそれ相応程度。次もこれか、あるいはハゲのやつに変えるか悩む所。
積載性の問題ではなく、人間性の問題で。

まな板は一切使われなかった。これとザルとボウルはいらないだろう。
どうも俺らの食パターンには合わないようだ。

折りたたみテーブルはそれなりに役に立った。地べたにおいていた時よりも探しやすい。
この時期だと温かいコーヒーや紅茶を事あるごとに飲むので、その辺は便利だった。
c0009160_243141.jpg




奴らの新装備はどうだったのだろう?パトロール600とインフレータブルマットのハゲは十分のようだったが、
ダウンシュラフとインフレータブルマットのモヒカンは寒かった、とか言っていた。
例のスマホの件で切れてシュラフカバーを買えなかったのが敗因かもしれない。

ワタシは、ダウンシュラフがもうだめだな。光にかざすとダウンがない部分がかなりある。
おかげでダウンがない部分がかなり寒かった。
寝てる時、なんか足元と腰の周りが寒いなあ、とは思っていたが。

買うモノは決めているが、お高いので。
今のうちココにメモしておいたほうがいいのか悩む所。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-26 02:38 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 24日

いつもの野宿マスツーリング 三日目 2014年9/20~9/22 二転三転七転八倒

いよいよ画像は少ない。


二転三転七転八倒三日目

昨日の夜、寝ていたら、モヒカンがゴソゴソと起き出して、かまどの前でゴソゴソしていた。
翌朝、聞くと「腹減ったから火を起こそうとしたが、なかなか上手い具合に火が起こせなかったので寝た」
との事。

で、朝。
早速酒をチビリチビリやりながら、切り身の鮭を炙り始めた。
・・・・ああ、もうバイク乗る気はないのね・・・。
c0009160_06456.jpg



顔の所をグニョグニョしたら、えらい不気味な感じになってしまった。ま、気にせずに。
なんか一人でメシ食うのが寂しかったようだ。
ワタシは昨日買ったパンとスティック紅茶を飲んで終了。
「うめえうめえ」言いながらむしゃむしゃ食っていた。ご飯とかないのにな。
c0009160_055984.jpg




何を話していたかさっぱり覚えていないが、ハゲは付き合ってしゃべっているようだ。
オレには無理。
その後、ステーキも「うめえうめえ」と言いながら食っていた。
よくまあ、あさっぱらから・・・。
c0009160_062821.jpg




ポートレートを何枚か撮るべきだとは思っているが、いつも忘れる。
説明の写真を撮ることに終始してしまって。
c0009160_06279.jpg




アタシの休日はここまでなので、先にお暇します。
ありゃ多分、明日まであそこに居るな・・・。
下手すっと明後日までも。
よくまあ一箇所で楽しめるもんだ。

お先に。





帰路、色々考える。
3人で少し話したが、モヒカンは一年越しで考えた装備を試したいのと、
せっかく整備した秘密基地、ココで時間の許す限り楽しみたい、みたいなことを言っていた。
確かに、あんな大きな風呂敷を広げる理由も解る気がする。

ハゲの方はあまり執着しておらず、いつも通り「どっちでもいい」みたいなスタンスのようだ。
帰ってから聞いてみることにするか。

さて、ワタシは、と言うと・・・・・・・どっちつかずだな。
最大妥協で2日同じ場所でまた2日、なら乗れるけど、4日同じ場所、というのには乗れない。
それでモヒカンが不満なら、アタシが我慢して4日付き合うのだけれども、
人の機嫌とって我慢してまで付き合う話か、とも思う。

やんわりハゲと二人で「明日こそ移動するからな」と言えば、多分渋々承知するかもしれないし
承知しないかもしれない。が、渋々承知されることほど後味の悪い話はない。

かといって、決め事として2日ー2日とか縛るのも好きではない。

そんな感じなら、そろそろ落ちる方が良いかもしれない。
元々、野宿がしてみたい、と言うから、装備のキモとか時間の使い方とかサイトを探すコツなどを
アドバイスがてら付き合ってきたのであって、
ひと通り理解してくれたら、ワタシのポジションは、別の共通の友人に譲るつもりでいた。
ま、その別の共通の友人、と言うのが地元に帰ってしまったわけではあるが。

大体、野宿、と言うのも、安上がりに出来ないか、と言う事で
「ブルーシートを使う形なら簡単だよ、ちょっとやってみる?」みたいな話だったはず。
だから昨日の最後の写真はあんな風なわけで、いつのまにやら豪華になりすぎた。
「戻そうぜ」と言っても、モヒカンの楽しみがなくなるので、多分戻さないと思う。

ハゲとの一日目がシンプルで好みだな。寝方は別として(笑。


まあ、つまんない話だわな。





帰りは林道を使ってまた諏訪南ICに降ります。
実はこのYZもどきDTで最初の林道でもある。いわゆるシェイクダウン。
タイヤはD605で、グリップなぞ期待していなかったが、この程度の林道だと十分走れる事がわかった。
色々と感じたので、それはまた3ETカテの別エントリーで。
c0009160_063066.jpg





下道でビョンビョン開け閉めしてる分にはあまり気にならなかったが、
高速を一定スピードで走ると、色んな変なノイズが出ていたことが判った。
この3XPのエンジン自体、出所不明で、最低でもシリンダーに修正跡があって、
YPVSバルブシールは交換して、クランクシャフトシールも交換した。
クラッチプレートも現状滑ってはいないが、相当の程度であったのは確認している。
クランクベアリングが甘い感じの音がするのは気のせいではないだろう。
街中でちょっと直線で開けたくらいではわからないもんだ。
サービスエリア毎に20分のエンジンクールダウンを入れつつ、70km/h程度でだましだまし帰ります。
c0009160_063054.jpg


耳に神経を集中させて、エンジン音が滑らかになる所を探しながら。
かなり苦しいが、TY250で高速走るより10倍位、楽なんですけどね(笑。



そんな走りに二人を巻き込むわけには行きませんな。一人で帰ったのもそんな理由があったりして。


以上、二転三転七転八倒ツーリングでした。
なんかマンネリ化したな、と言うのが全体の感想。
変なボヤキが入ったのは勘弁してちょ。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-24 01:32 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 23日

いつもの野宿マスツーリング ニ日目 2014年9/20~9/22 二転三転七転八倒

二転三転七転八倒二日目



「05:00くらいに高速に乗れる」と言っていたのでのんびりしてたら、
割と早かった。
サイトも、アスファルトと未舗装路の境なので、わかりやすい。


天気が良くてポカポカだぁ。
ビショビショになったブルーシートやその他一切を干します。
c0009160_11531682.jpg




どっすか、ここは?
c0009160_11544043.jpg




朝起きて(野宿では空が明るくなるとワタシは自動的に目が覚めます。なので5時位か)
火を起こそうとしたが、全部夜露で湿気ってるため、かなり難航した。
おかげでDTのタンクに小枝を落としてしまったよ(笑。
c0009160_11544168.jpg



どうやらココに連泊するらしい。
オン車ではここから出にくいので、ワタシが買い出しに下界に降ります。
あ~荷物がなければいい道だ、コリャ。
c0009160_11553843.jpg




あまりにも夜露が酷かったため、テントは別の場所に設営するようにお願いした。

帰ってみると、なんとモヒカンはテントとは別に荷物置き用のサンシェードを持ってきていた。
焚き火兼網焼き用の自作スクリーンと、相変わらずのふいごマンも持ってきていて、
どんだけ過積載だよ!などと。
c0009160_1155854.jpg




サンシェードにブルーシートを3枚かぶせて、ハゲはコレで寝るそうです。
アタシだと寒さや雨や毒虫のことを考えますが、まあ、それはアレですから・・・・(笑。
ちなみに、普通に気持ちよかったそうです。
c0009160_11552058.jpg





モヒカンはココまでほぼ徹夜で、来たらすぐ寝るかと思いきや、ポケットウイスキーを二本ほど平らげ、
丸太をナタで割ろうと奮闘し、今回の自作装備をお披露目して、
子連れ狼の敵方の名前を思い出そうと必死に考えた末に
「柳生なんとか才だ!」とか言い放ち、ご満悦の様子でフラフラとテントに潜り込む
こんな時間まで粘っておりました。
c0009160_11553686.jpg




この先写真なし。

二人共、食は貧相で、更にアタシは食が細いと来てるので、入れればすぐ出来る炊き込み松茸ご飯と
お惣菜のチーズチキンカツを食って、インスタントの味噌汁飲んで、甘いデザートを食べたら
晩御飯は終了となりました。
牛肉と鮭の切り身やカンヅメも買ったりしたが、それは、モヒカンが深夜に起きたら食べるだろう、と。
前回、ハゲは飯盒メシで撃沈しましたが、今回、修行を積んだようで過不足なく炊けてました。
下にオコゲがあったのが何よりの証拠。


で、お開きとなり、ワタシはモヒカンのいつものテントに入ったのですが、これが獣臭い!
奴の飼ってる大型犬の匂い。
動物園のオランウータンの檻の前とかの匂い。
飼ってる人間は気にならなくなるそうですが、これはかなり参った。

来年もコレなら、アタシは自分のテントを持っていきます。さすがにコレではとても寝れないです。



結局、今回、ワタシは残念な睡眠の二日間でした。




最初は野宿と言いつつ、最近ではすっかりテント張りになった。
2005年9月21日、とある。
どうしてこうなった?(ま、確かに”かなり寒い”とは書いてあるけどね)
c0009160_12433463.jpg




そんな2日目。
デジカメあれば、炊いてる途中で飯盒をひっくり返した所とか、柳生ウンコクサイで悩んでる所とか
撮れただろうに、すっかり存在を忘れておりましたですよ。
明日はさらに画像は少ない。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-23 12:46 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 22日

いつもの野宿マスツーリング 一日目 2014年9/20~9/22 二転三転七転八倒

いつものメンツと行く野宿は、「野宿マスツーリング」と呼ぶことにした。
このツーリングの前準備とかルーティングとか検索しにくいんで。

でまあ、書いた通り、見事にデジカメを忘れていったので、何も説明できない、という。
シーンはかなりメタクタ。写真を撮ることをほぼ忘れていたため。




タイトル
二転三転七転八倒一日目

2014年9月20日、04:00スタート。
05:00藤野SA集合予定。
四国にロングで行く予定で3ETを用意したが、取り止めになったので、ほっといてルネッサを整備してたら
今度はショートで高速使用になったため、車体の整備はされぬまま引っ張りだされた、後ろ姿・・・・・。
モヒカンは土曜日休日が取れず、彼だけ一日遅れ、一日伸びる形に。
c0009160_17391029.jpg





1402.56kmスタートらしい。エンドを今見たら、2004.20kmと表示されたので、
トータル601kmか。半分は相変わらず高速・・・。
と、思いきや、高速の距離表示板で合わせてみたら、10%ほど多めに表示されることがわかった。
補正して燃費は20~30km/h程度。
c0009160_17404258.jpg




飛びで4連休の初日、混雑が予想された為、集合時間をかなり早めに設定した。
それは大正解だと思うが、1時間しか寝ていない・・・・。
着いたら寝ればいいやと思っていたが、それは大誤算。
c0009160_17543240.jpg




集合地点とか、そこからどうするかとか、奴との合流をどうするか、とかこれまた二転三転。

で、転んだ挙句、ワタシは諏訪南ICで降りて伊那方面へいつものFRを使って抜けます。
FZRの方は、諏訪ICを降りて152を南下、彼には小豆坂トンネルを抜けて、
県211を南下するワタシと合流の予定です。
オフ車で伊那ICまでとか無理です((泣)。
ハゲには伊那ICからの合流を薦めましたが。
c0009160_17595974.jpg





これが何処かは勝手に拡大縮小してみてくださいな。出来るようなので。
確か、stardusutさんとは、この2つの道の間にある林道、町道高遠線を走った記憶があるようなないような。
トンネルの真横に降りて出たか、トンネルの真横の林道に登ったか記憶があればそれです。
ちなみに、今回はその辺はお預けです。ヨーイドンの競争(笑)だったので。




WR400Fで行った、川を渡ってテントを張った場所。通りがかりついででちょっと覗いてみることに。
あれからまた様変わりして、あそこからもう少し下(下流)へ行けるようになっていた。
あれ?ここは結構いいぞ?
c0009160_18162919.jpg





それは置いておいて、とりあえず集合地点へ。
・・・・・・来ない。
ああ、やっぱり。まあヨミの範囲です。
第二集合地点として、ここから下のわかりやすい非持交差点を指定していたので、
そこへ向かってくださいとメールした所、なにやら強気の返信。
(ちなみに、実際に送った文は、” 通り越したに1000点 ” です)
c0009160_18215529.jpg




”GSの所で左折だから楽勝 ”と言っておりました。
心配でこっそり見に来ました。分かりづらいですが、下の下の道が152です。
152を奥からブ~ンと来て、ブ~ンと去って、またブ~ンと左から来て、ブ~ンと去ってゆきました。
c0009160_18295466.jpg





残念!その後のやりとりは写真を撮っていなかった!。
後日、買い出しついでにココを使ってみましたが、ま、確かに分かりづらいかもね。



ちなみに、なんかワタシが手の上で転がしてるような印象を受けられるかもしれませんが、
ワタシがやってるのは、ただのリスクヘッジです。面白おかしくしてるのは、彼らの血でしょう。
逆恨みされてるようでヤだなあ・・・・。
あ、さらにちなみに、10000点もらいました。




ここからのルーティング予定は、こんな感じでした。

さっきの場所をキープとして、伊那市を中心に非持から時計回りに今夜の寝場所を探せば、
どれかはイケるはずで、そこからならモヒカンとの集合地点も遠くならないので、いかがでしょ~か?、と。





まだ時間はたっぷりあるし、近いんで、そのキープ場所に行ってみるか、と言う話になりました。
彼ら二人は、選り好みが激しいのよ(笑。



さあ、ついたぞ、どうですか?砂防ダムの上から川上を見る。
c0009160_18571323.jpg



登れなくてがっかりしてるの図。
c0009160_18344062.jpg



シュラフを干したりするのにうってつけの場所だな。
c0009160_1859757.jpg

c0009160_18523656.jpg




何か嫌な予感がする・・・・。なんか妙にテンション高いし、なんかニコニコしてるし・・・・・。
c0009160_1932569.jpg






(焦りながら)「じゃ、じゃあ、探しに行きましょう、地図で見るといい感じの所があるんですよ、ねっ、ねっ」
c0009160_1943396.jpg




戸台大橋、というのは、南アルプスに行く道で、一般車通行禁止でゲートになっております。
そこから北に行くと、黒川内林道(牛逃げ防止のゲートを開けて入る林道)になるのですが、
実は戸台大橋のすぐ先に川に降りる分岐があって、それを見てみたかった、、、、のですが。




写真はありません。残念でした。
行き止まりまで行くと、広い広場兼駐車場になっていて、釣り人の車多数。
特に駐車場、というわけではないのですが、一番奥の樹の下の芝生が心地よさそうでした。
水辺に下りるには、少し遠い。
「でもなあ、、駐車場だよなあ・・・」などとヒソヒソ話。

しつこいくらい多数の、マジ気味の「クマ出没注意」看板。
多分、きっとやな顔をする人物がいるであろう、と、断念しました。



断念したのはいいけれど。
c0009160_19225663.jpg




これはさっきの非持近くのスーパーで買い出しをしている所。
え?
c0009160_1971725.jpg




と、なりました。
c0009160_19222932.jpg





今回、ちょっとだけ意気込んで、「カレーとか煮込みうどんとかテンプラとか作っちゃうぞ~」
とか思いましたが、
残念、二人共、そんなボキャブラリーはなかった。
焼き芋とか揚げまんじゅうとかおはぎとかに目移りして・・・・。
結局、そんなものをおやつに食べてたら、肝心の夜メシが食べられなくなった、という。





それはまあ、置いといて、ぶっちゃけ二人共、眠たかったのよ。
テント担当がまだいないため、今回は個別に寝ることに。
c0009160_19233784.jpg




このイスがさぁ・・・・・・。
あまりにも出来が良すぎて、立ち上がる気力をなくさせます。
奥のハゲのイスの方が正解かもね。
c0009160_19261821.jpg




二人なら、テーブルも役に立ちます。
と、言うのも、このペアは食事とかテントサイトの整備?とか無頓着な為、
風呂敷が小さく収まるためです。おそらく食事の用意をしても、様子はほぼ変わらないでしょう。
この折りたたみテーブルを持っていくかどうかは、メンツによると思います。
c0009160_11121734.jpg




写真なし。
何も食べずにワタシは寝てしまいました。
ハゲはかき揚げうどんを作って食べたそうだが、知らん。


昼は暖かかったが、夜になると急激に冷え込んだ。
8.7°と携帯に表示された。


樹の下は下草が生えていて湿気があり、それを嫌って広場で寝たのだが、
広場の方が夜露が酷く(当然)、ブルーシートを伝う水滴にかなり悩まされた。

外気がかなり冷たいため、全方位閉めていたが、それが逆に内部の結露を呼んで、
朝起きたら、シュラフカバーもびっしょり濡れていた。


ブルーシートを二枚持ってきてればもう少しマシな寝かたが出来たのだが。


そんな一日目。
ぐたぐたのぐずぐずでした。
良すぎるサイトも考えもんだ、と。
あ、WR400Fの時は誰もいませんでしたが、今回は別にオフ組が二組ほどココで泊まっておりました。
オレが悪いのかなあ?まさかね。




お二方、心配してくださり、ありがとうございました。
ハラハラされているようで気恥ずかしい。いい歳なのに(笑)。

あのKLEでの屈辱(?)は忘れておりませんよ。
バッテリーは本当に気を使うようになりましたから。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-22 19:28 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 22日

なぜか帰ってきた報告

帰ってまいりましたぁ!ビシィ


あ~ギリギリだった感じ。

オイルポンプギアの噛み合いがかなり甘い感じの音を立て始めていた。
一定速度で走ると、左から少し高い脈動音みたいなのがして、原因がわからず。
「クランクシャフトシール交換したの、コレだったけ?あっちだったっけ?」
などと悩みながら・・・・・。
DTはもっときれいな音を立てて走っていた記憶があるので、怖くて怖くて。

KDX、TYに次ぐ冷や冷やもんだったわい。


コメントありやとやんす。
当然ながら携帯の通じない場所におったんで。


ケータイ画像をḠmailに送るとシークで止まるんで、ただ今悩み中。
詳細は後日!ビシィ
c0009160_15225212.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2014-09-22 15:32 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 20日

ありまあ

c0009160_84226.jpg

c0009160_842247.jpg

デジカメ忘れた。

そんなこともあるさ。

二手に分かれてあたしは林道、
奴は県道、となりました。
伊那宮原なるところで合流、
まだ来ておりません。

DT壊れそうだF468.gif
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-20 08:42 | Comments(3)
2014年 09月 19日

装備 備忘録

来年どうなるか?
わかんないねぇ。
今年は不意打ちを食らったが、来年はソロで行くことも考えておこうかね。


2014年の装備。

あ、ただの備忘録です。こういうのをメモしておくと、先々「アレ?」となった時に見返せて
便利だったりします。


まずはトップバッグの中身。折りたたみチェアは外付けで乗っかります。

これプラス着替えとタオル。シュラフ関連を入れる防水バッグの隙間に詰め込みます。
伊那市は雨にはならないようだが、低温注意報なるものが出ている。
朝方13°とあるので、山だと10°前後。厚手の何か?が必要かな。
ソロだとコッヘルはもう少し小さい。奴らと行くと手荒く扱われてダメにされるので、安いやつ。
これにヘッドライトを加えるくらいか。
トイレットペーパーは一人だとポケットティッシュになるかな。割と邪魔。
小分け袋の中身の振り分けに毎回悩む。
c0009160_23315973.jpg





これは左。特殊装備関係。今回の担当はオカズなので、それ関係を集めます。

右の鍋とか折り畳みザルとか折りたたみの小分けボウルとか要るのかいな?などと思いながら。
ま、今回行ってみて考えます。
洗いスポンジは入れたが、洗剤を入れるの忘れた。今まで持っていったことがねえよ。
大きく違うのはストーブか。ハゲがダルマガスなので、それに合わせます。
多分、こんな鍋を乗せたら、折れるんじゃないか(笑。
真ん中の四角は、網を乗せるウマ。
左の白い四角は、よくわからない電気式のベープみたいなやつ。試しに買ってみた。
ココで使ってみたが、蚊は確かに逃げていくけれど効果があるのかないのか・・・・?
やぶ蚊バリアなるスプレーもあったが、かさばりそうなので却下。
c0009160_23315730.jpg






右。工具関係。

タイヤウェルドとチューブレス用のキットを除けばほぼ同じか。
CBRのリアアクスルはモンキーになるかもしれんな。
これ以外にレバーとタイラップ、針金、チューブ、電線があります。
それにしても2stオイルの予備は邪魔だな(笑。
3ETのオイルタンクを切り替えるのが間に合わなかった。
c0009160_2332959.jpg




全部入れて上から見たところ。
c0009160_23325723.jpg





試しにこのまま会社に行ったら、思いの外、サイレンサー側が熱くなっていた。
ウラとオモテにチャンバー用のグラスウールをアルミテープで留めることにするか。



ソロだと左のクッキング用品はなくなって、代わりにガソリンストーブがトップに入る。
それから今回は他人に任せたファストエイドとテント。

まあ、トップを背負うような感じになるのかな。
簡単に切り替えられるように振り分けはもう少し考えた方がいいのかもしれない。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-19 00:11 | ツーリング | Comments(0)
2014年 09月 16日

二転三転七転八倒

調子の戻ったルネッサに乗ると、やっぱり手放しにくい。
手放しにくいがいつかはお別れが・・・。


日曜日に「もう有給なしで」とチーフに言って、「え~?」と言われて
月曜の昼に「やっぱ金曜日ください」と言って。「え?え~」と言われて
その夜に「すんません、金曜やめて月曜日に・・・」と言って「あのねぇ、3et3xp君・・・」
ま、一番キライな、会社に負い目を負った、わけですな。
と、消しては書き消しては書きでワタシの長期休暇の部分がグチョグチョになった交番表を見ながら・・・。


さて。
土曜日は雨のようだが、伊那の方は大丈夫のようだ。

なんだかんだ言いながら、みんな振り上げた拳を下ろしたくはないみたいで、
二泊三日でもいいからなんとかして今年もどっか行きてえよ、て事。


スマホでどう見えるか分からないが、一応。




今年は装備の確認のみ、か、もう少しそれなりに、か、ギリまで攻める、か。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-16 02:15 | ツーリング | Comments(3)
2014年 09月 14日

メクラネジではなかった・・・・ 

下請けの零細個人ではやはり元請けの傲慢さには勝てなかったか。
ま、生活あるしね。

今年は中止になりました。
ハゲはかなり喜んでいたそうです。
「今年はお前のせいだ~」とさ。
て事は来年はオレか?

負い目は持つのも持たれるのもキライです。解決策は忘れること。ま、ナチュラルに忘れるんですけど・・・。
「持った方が忘れるとは恩知らずめ!」という見方もありますが、
同じスタンス同士でなら気兼ねなく付き合えるとは思いませんこと?

それは置いといて、どうしようかしら? 四国は奴らのために取っておくか。
また普通に仕事をしないといけないのか・・・・。



ルネッサ

キャブ清掃時に、中のボルトが折れてて、「まあ、きつく締めれば大丈夫だろう」
などとタカをくくっていたのですが。。。。。
c0009160_1622530.jpg




よく考えれば、こいつはダウンドラフトキャブで、このボルトはニードルの受けだった。
でまあ、どうやらこいつが(やっぱり)外れて、会社に着く手前でエンコ。
部品は買ってあるので、出張修理、となりました。
c0009160_1645385.jpg




更に良く考えると、このボルトはフロート軸の脱落留めも兼ねていて、
開けてみると、見事にフロートも一緒に落ちてきました。そりゃ動かんわ・・・。
c0009160_1673770.jpg





いくならんでもこのバイクも手放し時かなあ、、、などと考えるも、
残るはSRX250(Ⅱ型)かSDRくらいで、ツーリングにはとてもとても・・・・・。
あ、ディバージョンには興味あるが、あれは車検があるし、ウチには置けないので手が出せないな。
[PR]

by 3et3xp | 2014-09-14 16:17 | ルネッサ 4DN | Comments(0)