winter mute

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 25日

フリクションプレート スプリング ウォーターポンプギア 交換

あまりにも天気が良いので、どうしてもなにかやりたくなって、
裸眼のまま整備。ちなみに視力0.0Xレベル。


c0009160_17192877.jpg



なんと!コレが当たることが判明。
金ノコできりました。特に必要のないベロです。やる人はご注意を。
目が治ったら、エンジンの所に追記します。
c0009160_17194368.jpg




ギア周りの写真を記録。
c0009160_17195966.jpg
c0009160_17201521.jpg
c0009160_17202627.jpg
c0009160_1720396.jpg




使うスプリングはnewfren。1400円プラス送料とか。
フリクションプレートは程度よさ気な中古。計4000円位か。
newfrenのフリクションプレートセットが出てる時に買っておけば良かった。
また出るだろうと思ってたら、もう出てこなかった。
DRCのスプリングまでのセットがまだ売っております。13000円位かな、ヤフで。
c0009160_17204656.jpg




程度がひどいのはフリクションプレートではなく、クラッチプレートの方だった。
記憶違い。
c0009160_17205357.jpg




c0009160_1721063.jpg




newfren(黒い方)は少し長い。強めなんだろう。
純正品番で見ると、3ETから4TPまで全て違うのだが、けっきょく統合されたのかどうかは不明のまま。
c0009160_1721760.jpg




調子こいて書くとまた目が痛くなるので、簡単に。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-25 17:31 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2014年 10月 25日

今日も

c0009160_9591377.jpg

またもや缶詰め中。
サクッと問診程度で終わって
昼から整備出来るかと思ったが
両眼に瞳孔開放薬使われたので、無理かな。

つか自転車乗って帰れるのかしらん?
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-25 09:59 | Comments(0)
2014年 10月 20日

-

c0009160_14155639.jpg

タライが回る〜
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-20 14:15 | Comments(2)
2014年 10月 16日

ビビィはどこへゆく

あ~目が痛い。土日整備できるんやろか?


これはハゲ号。
ピニオンシートのウレタンを取っ払って、ベニヤを固定し、さらに蝶番で羽状にして振り分けバッグを
吊るそう、と言う考え。
帰りは右のバッグがパンパンになってなくて、マフラーに当たって溶けたそうです。
c0009160_23151158.jpg





Bivy

テントもグランドシートもなく、ほんとうの意味での野宿。

と、書こうと思ったが、結構大変なので、おそらくこれが現状ベストと思っているものを。

BIG AGNES Three Wire Bivy/ ビッグアグネス スリーワイヤービビー
値段とか入手方法が全くわからない。どうやら在庫切れのようだ。
35000円位を22000円くらいで買ったなどという情報が転がっていた。
現状、これがベスト。ただし、材質を調べていない、目が痛いので。
ゴアより下の透湿防水はたくさんあるがどれがいいのか今の所・・・。
c0009160_23204597.jpg





アウトドアリサーチ バグ ビヴィー1人用 Outdoor Research Bug Bivy 1
15000円くらい。
これは止水の立ち上がりがない。
メッシュなしのスキンもあるが、それは選考外。
c0009160_23231198.jpg





Marmot Mesh Bivy
これも入手方法は不明。
この手のトンネルソロテントは足元が鬼門で、ペグで引っ張らないと結露がひどいそうだ。
足元のペグ前提というのは、ビビィというよりはトンネルソロテントに近い。
c0009160_23245212.png




Black Diamond SPOTLIGHT BIVY
ブックマークしてるので多分良かったんだろう。
詳細は覚えていない。
c0009160_2327344.jpg




Rab Ridge Raider 35000円程度。
海外の方がビビィは需要があって、進化しているようで、
日本で売ってるところを探しても見つからない、のであまり参考にはならない。
向こうはペグが打てるような場所に使うので、ペグをいっぱい打つようなのが多い
c0009160_23295051.jpg




ビビィなので、基本、シュラフカバー。なので、ペグ前提というのはあまり触手が動かない。
個人的な与件は、
1)グランド部分が防水で、
2)上面はメッシュと透湿防水の二層。
3)顔には被らないように(被るものが本当のビビィなんだけど)自立のフレームが有る。

日本では多湿の夏と虫の問題があるので、海外のようにただの透湿防水のシュラフカバーでは
ちょっとまずい。
「ゴアのシュラフカバーでいいじゃん」と思うでしょうが、グランド部分もゴアで、擦り切れる問題がある。

ビビィの考え方は、基本、エマージェンシーシートの袋版なので、
シュラフカバーに近いものを使うほうがピュアとも言える。

そういう意味では、1番出回っているこれがいいんだろうけどさ、
これで寝れる自信は全く持って、ない。
SOL ESCAPE Bivy   SOL エスケープビビイ
c0009160_073141.jpg




まあ、今の所、値段は高い。けれど山用品の基本は、
「自分の与件を満たすものがあれば、あまり金額にこだわってはいけない」だと思っている。
最初はその与件の選定が分からなくて、だんだんとその与件の取捨選択にこだわるようになる。
それは重量や快適性とのトレードオフなので、山屋や私のような人間にとっては
「快適性を取るか重量を取るか」みたいなことを死ぬまで延々と悩み続けるわけだ。

例えば朝、起きた時、
シュラフがベチョベチョで、次の夜、不快な思いをするのと
それに二万円足してベチョベチョにならないのと、
ベチョベチョになるがめちゃくちゃ軽くなるのと、
ベチョベチョになるけど安いのと、
5万円足せばベチョベチョにならないし軽いのと
さて、あなたはどれを取る?みたいな話だね。

あ~限界。さようなら。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-16 00:02 | ツーリング | Comments(0)
2014年 10月 12日

自作テント 検討 テントではないなタープだな

後からタイトルは統一するか。
テントではなく、バイクタープ自作検討、みたいなもんだ。

ホントは午後はルネッサのフューエルコックを交換する予定だったが、諸事情のハゲのぎっくり腰により
中止。


まずは、公園。
高いマンションがあると、100%通報されるので、この辺りならもしか・・・・と思い、
ちょっとアウトドア好き風の格好をして、さらに友人(ハゲ)を連れて爽やかに楽しそうに設営。
c0009160_1774195.jpg




1800円のテント。値段につられてハゲが買い取るかと思いきや、割と冷静。
粗悪なブツは痛い目にあうと経験したからだろうか?
ちなみにこんな軸受けのプラ、すぐ割れるよ。
c0009160_172513.jpg




裁縫のレベルは低い。フロアはただの#1200番程度のブルーシートで止水性は一切ない。
ま、ポールの部品取りのつもりですから。
c0009160_171377.jpg



ちな、けーさつは来ませんでしたが、在宅パトロール老人会の一人がいらっしゃいまして、
色々と難癖職務質問されましたが、
さわやかな笑顔とハキハキした返事にて撃退納得されてお帰りになられました。

ココはアンタの庭なのか?




第一案
このテントは入り口が妻手なので、バイクまでギリギリ寄せてコンパクトにしてみる。
c0009160_1724464.jpg




ブルーシ-トの長さは4500mmに延長。
ハンドルを切ってる状態だと、雨仕舞に若干不満が残る。
c0009160_1714383.jpg



後ろもびみょ~に納まらない。
c0009160_173395.jpg





後輪に比べて、やっぱり前輪はもう少し手間を掛けて色んな所を引っ張りあげないとダメなようだ。
c0009160_1715573.jpg




このすき間は雨ガッパでも突っ込んどけ、てぐらい。
c0009160_173826.jpg




どっちが入り口でも構わないが、テントに入るには、どのみちこうやってペグの必要が出るな。
c0009160_1725838.jpg




感想:
寝るには良いんだが、雨天でメシを作ったり出来ない。
モヒカンの組み立てサンシェードがないと、無理かな。
中のテントはフライ無しで行けるが、フルメッシュか透湿素材でないと結露が厳しいし、
夏場は暑くてダメかもしれない。






第二案
単純にポールを一本、かまぼこ型にバイクと平行に設置して、倒れないようにペグで支えてみる。
c0009160_1731819.jpg




この中でビビィか寝袋のみかソロテントを張って、というのはどうかな?
かなりシンプル。
ソロテントやコットだとグランドシート部分は必要なく、ポールからバイク下の巻き込みの部分はいらなくなる。
いわゆる参天。
ただし、バイクにアンカーされたグランドシートがないと、すっ転ぶ可能性大。
ヒモで引っ張ればいいけどね。
c0009160_1724974.jpg




ソロテント、と言うのはこういう奴。正式名称は知らない。
テントと骨入りビビィの中間のようなやつ。
最近出回り始めたアイデアで、まだバリエーションも少ないし、
個人的に満足できるようなものも見当たらない。
c0009160_17415758.jpg




雨仕舞は完璧ではないが、それは中の寝方次第だろう。
c0009160_173076.jpg



パッツンパッツンだな。
c0009160_1733121.jpg




感想:
参天”風”なので、下の空間はなんとでも出来る。就寝まで寝袋を展開しなければ、中はフルで使える。
この構造自体はシンプルなので、第一案より融通が効きそうだ。
まあ、虫とか風とかにはどうかな?てな気もするが。




第三案


平入りのテント(と仮定して)に上から馬鹿デカいブルーシートを被せただけ。
c0009160_1733029.jpg



雨自体はテントで頑張るから、少々はみ出ても気にならない。
c0009160_173032.jpg





まあ、これは私のソロでのこの運用、これが雨の日にかなり形見の狭い思いをするので、
折りたたみ椅子と折りたたみテーブルがあれば、こっちの方がゆったり出来るだろう
と、いった目論見のための寸法出し。
写真で見る限り、長さ4500mmは不要で、も一つ下の3600mmでも行けそうだ。
c0009160_1811256.jpg





と、ハゲを連れて、あれこれ話しながらやってたんだが、
やはり芸風が三人かぶると面白く無いので、二人の動向を見ながら考えることにします。

おそらくモヒカンは上記のソロテントの自作版で、ハゲは参天系ビビィかなあ、という雰囲気。

そんならおいらは、フライなしテントにブルーシートフライかなあ。


この話は次回の自作テント用素材販売サイトの書き出しと、Amazonからの転載による検討をして
来年まで塩漬け。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-12 18:10 | ツーリング | Comments(3)
2014年 10月 11日

セル廻り 出張修理 不発?

またも左目が赤化。
なんだろね、こりゃ?精密検査待ち。免疫不全、か?



そんなんで、今日はやめとこうと思ったのだが、あまりにも天気が良かったので、ふらふらと。



ルネッサ セル廻り 出張修理 不発だったか?とかいう話。


先日、セルを回すと、「ガキン」という音と共に沈黙。
ギアを2速に入れて動かすも動かず。
「セルギアが欠けたか、フライホイールのワンウェイクラッチが壊れたか」と言うのが見立て。
とりあえずセルの二次ギアを外せば押しがけで帰れるだろう。
帰ればエアツールでなんとでも。
c0009160_15134569.jpg






なんかシトッてるなあ・・・。まあ、それは・・・(多分やんない笑)。
c0009160_15133665.jpg





インパクトドライバー持ってくれば良かった。こういう時には忘れないようにしないと。
c0009160_15134338.jpg




特にウラもオモテも欠けてはいない。軸も正常(当たり摩耗痕はあるけどね)。
c0009160_1513445.jpg





こっちもギア欠けはない。回してみても正常にクラッチが効く(一方向にしか回らないって事ね)。
揺れてるようにも感じなかった(シャフト部分の偏摩耗はなさそう、て事)。
c0009160_15143878.jpg





倒したまま、もう一度組み込んでセルを回すと正常に回った。
あれ?
c0009160_15134935.jpg





なんかの原因で中のタイコが引っかかったか?
とりあえず、何度もセル回してエンジンを掛けて、問題ない事を確認したが、
ここも消耗パーツであることは間違いない。
いつか・・・・。



で、部品の値段を調べたが、クラッチとギアで計二万円。
ルネッサの中古エンジンはピンきりで2万前後でいくつもヤフにある(送料別)。


あ”、しまった。当初はガソリンコックを交換する予定だった。すっかり忘れてましただよ。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-11 15:36 | ルネッサ 4DN | Comments(0)
2014年 10月 09日

テントの話 その2

喪失感の話。

オフ車が1台もなかった時間があって・・・・・・。



テント模型。ガノタの言うところのプロトタイプ。

色々とやったけれど、また目が・・・・・なのであまり解説なしで。

とりあえずスケッチ通りの位置にハトメ穴を開けて。
c0009160_13273836.jpg



H1150mm。もう少し低くても良いと思っている。あぐら座高?は900mm程度なので、
1050程度あれば十分。
c0009160_1335779.jpg



W1200mmは少し広いが、置くつもりのなかった荷物が置けそうだ。
中に置いたほうが外見がシンプルに見える。
c0009160_1328821.jpg




このブルーシートは3600mmで、計算では4500mm長を使う予定。
c0009160_13284844.jpg





どのみち、蚊帳を入り口に垂らさないとまずいのだが、ネットの写真ではイマイチ掴めず
悩み中。

この程度スカスカなら、結露は避けられるのかな?
横なぐりの雨は大丈夫なのかな?

どのみちブルーシートは持っていくのだから、と思ったが、こんな事やってるよりは
フライ無しテント+2700×4500のブルーシートが手っ取り早いのか?


あれ?なにをやっているのだ?
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-09 13:44 | ツーリング | Comments(0)
2014年 10月 08日

自作テント 検討

枕がわりに一枚づつ。


左下のなんかの肉をしゃぶしゃぶにして食べる用意、みたいです、聞いた所。
モヒカンはこれで腹を壊して○○○たそうです、聞いた所。
ふり~だむだなぁ~。
c0009160_0263136.jpg





自作テント。

前回の図面はこんなイメージです。
二本のポールとブルーシートのみ。
バイクを最大限に構造材として使えないかな、と常々思ってはいたのですが、
なかなか試す機会もなく、ようやく、てな所。
軒がわりの垂れ下がりがどれだけ効くかはやはり作ってみないとわからない。
c0009160_0433099.jpg




ブルーシートは腐るほどある(笑。
あとは、ハトメ。
径6mm用のハトメ機(?)とポンチ。それといつものテープ。計1100円。
c0009160_0482727.jpg





実はテントを買った。Amazonにて1800円。
自分の使っているDUNLOPテントのジュラルミンポールみたいのが、バラで売ってると思ったが、
売ってなかった、ので部品取りとして購入。ま、ポール代、です。
c0009160_0491329.jpg





ファイバーポール!。いまだにまだ使われているとは。
どおりで単品バラ売りのポールを見つけられなかったわけだ。
ポール自作にしても、この端部金物は悩ましいな。
c0009160_0491892.jpg





バイク側はこうやってテープにハトメて、これをどこか(笑)に巻きつけるか、ぐらいの甘い目論見。
c0009160_0495458.jpg




7mmのポール端部に6mmは刺さらなかった!あたりまえか。ちょいとグリグリして引っ張ってみた。
ぐへえ、だめじゃん。なんか違うのか?
穴を開けた後、軽く熱処理でもしてんのかなあ?
c0009160_0493866.jpg




こっちの方は大丈夫か。
あとは、あのハトメマスィ~ンの先端を切り飛ばして、奥の方までハトメられるようにするか。
c0009160_0492290.jpg





と、実はココで大問題。

東京23区内では、公園でテントを張ると、いかような風体であってももれなく通報されて
おまわりさんがやって来るのだ!

わたしはそれで2度ほど職質されている。もちろん、新品テントのチェック時にだ。


ま、作業の写真はここまで。

いくつか商品を。

これは送料込みで1500円程度。これをベースに立ち上がりと蚊帳でも下ろせば
それでもおkのような気もする。
これがフルメッシュなら買い、なんだけどな。
それにしても面白い構造形態で、参考になる。
c0009160_1103848.jpg



と、脱線して、
これは究極の野宿だろうなぁ。
c0009160_1113487.jpg




これをコットの上に乗せて、上からブルーシートでもかぶせれば、それもまた究極形態。
あ、廃盤だそうです。
c0009160_11431.jpg




コットに関しては、2014年現在でも満足な製品はない。
これが理想。リクライニングはいらないが。
コット?ビーチベットとか言うのかな?3400円。
c0009160_1183774.jpg




も一つ。米軍御用達。Catoma Bed。
c0009160_1251518.jpg



もちろん、どいつもこいつも収納はクソ。


で、見つけたのがシングルポール。
これがなんとかしてペグなしで自立できないか・・・・・・などと。
c0009160_1341537.jpg






てなわけで、上のを参考にして、ポールを使って、こんな自立型は出来るだろうか?
T字金物がネックだが、それっぽいものがDIYに売ってるような気もする。
ま、これはほぼミシンを使ったフルスクラッチになるだろうけどね。
c0009160_128216.jpg




モヒカンはかまぼこタイプを考えているようなので、これは奴にくれてやるか。
ただ、奴は強引で泥臭いのが好きだから、こんなちょっとスマートなのは嫌悪するかもね(笑。



ちなみに・・・・結局はソロテントが1番マシなのは秘密だ。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-08 01:49 | ツーリング | Comments(0)
2014年 10月 07日

チェーンガイドローラー 再交換 

またしても枕は来年の野宿マスの話。

反省会。年々装備がデカくなっていってることは、モヒカンも薄々気付いていたらしい。
2000年から始めて(らしい)来年で25周年(25回は行ってないけど)、
基本に立ち返ってシンプルにしてみようじゃないか、と言う事で一人ひと張り、となりました(多分)。

それはそれで乗り気な三人。モヒカンは今までの経験から、
いくつか自作テントのアイデアを持っているようだし、
ハゲはそろそろソロテントでも、思っていたらしい。

で、アタシは・・・・
c0009160_23202844.jpg



おっとっと、自作シェルターの話は別エントリーで書こうかね。
個人的な話になると思います。




3ET、残念な作業のチェーンガイドローラー再交換?でございます。


中古バイクによくある、間違った取り付けを、考えずにそのまま踏襲してしまった交換だった。
c0009160_23294224.jpg




言い訳は、「それでも一応、オカシイとは書いてたもんね~」か?。
c0009160_23302230.jpg




これは確かにDRCのベアリングチェーンローラを買いたくなりますわ。
これを間違った向きで取り付けていた頃、やっぱりどうもオカシイので、
3XPのみに付いているシフトシャフトに付くガイドローラーを取り付けたが、
こうなってみると、逆にこのガイドローラーはチェーンライン的には邪魔なようにも見える。
c0009160_23304085.jpg




なんだか誰かさんみたいな作業をしている気がする。
前回のウォーターシールの件といい、慣れてハメられるパターンが続いてるな。
気を引き締めねば・・・・・・・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-07 00:04 | DT200R(3ET) | Comments(4)
2014年 10月 05日

チェーンガイドローラー 交換 不具合?

昨日は先日の野宿マスの反省会でした。

つか、アタシがデジカメを持っていくのを忘れたので、彼らの撮ったデータを吸い出させてもらおうかな、
そんなんがメイン。
それはそれでスッタモンダしたのだが、それは後日(書くのか?)。

一枚だけ。
c0009160_13334469.jpg



あ、そうそう、ルネッサの件、ご心配おかけしております。
家に持ち帰っても、二台置く場所はないので、修理の目処(原因)をはっきりさせてからの動き出しになります。
4kmぐらい押して帰りますよ。涼しい時期だし。
とりあえず、台風なので(笑)。


3ET、チェーンガイドローラー交換  ????

上も下もアウトなので、この期に交換。
c0009160_13374622.jpg



「リアサスを外さないとダメなのか?」と思ったが、流石ヤマハ、分割式でした。
軽くするなら、軸はフレームへの溶接モノの一手ですが、そこは譲れない所なんでしょうね。
c0009160_1338785.jpg



組んでみると、ローラーの動きが渋い、つーか動かない。
c0009160_13384561.jpg



見てみると、金属の軸部分とプラのローラー部が面一になっている。
これでナットで挟み込むと、ローラも一緒に締め込む形になってしまう。
はて?それで正規なの?
c0009160_13385936.jpg



これは下のチェーンガイドローラー。
写真は分かりづらいが、ちゃんと金属の軸部分の方が出っ張っている。
はて?はて?
c0009160_1338247.jpg




う~ん、考えこんでも雨降りそうなので、とりあえずプラ部分を紙やすりで削って
軽く動くようにして上側は終了。



今回のメインは下側。
実は、このガイドローラーのステー。一度新品に交換している。
なぜならウチに来た時、こんな付き方をしていたから。
c0009160_1339680.jpg



おそらく、リフターで上げた時にこいつを曲げてしまったんだな、と考え、
新品を注文したら、全く同じものだった。
が、「そういう考えもあるのかもしれない」と思い様子を見ることにしたのだ。
3BN-2141E-00 ¥1250と過去ログにある。
過去ログ
c0009160_1338889.jpg




が、ローラーは偏摩耗で割れるし、留めのワッシャもチェーンにこのように削られていて、
こりゃちょっとよく判らんが修正しないとダメだろうな、と思った次第。
c0009160_13374551.jpg



ちょっと関係ないが、スイングアームを3XPに替えて、リンケージをいじると、
ここの(きちゃなくて分かりづらいが)フレームとチェーンのクリアランスが取れなくなるかもしれない。
つことは、車体姿勢はノーマルで考えた方が良いのかも。
c0009160_1338181.jpg




これはなんとなく部品の形状もおかしくて、
普通なら右のローラー方向と、左の部品の面は平行になるように作るはず。
わざわざハの字に開いてるから、やっぱりなにか理由があるはず、
と当時思ったが、このありさまなので、左の上側の止めボルト穴をルーズになるようにドリルで揉んで、
平行に取り付くように加工した。多分こっちが正しいはず、
だと思うんだけどなあ・・・・。
c0009160_13382965.jpg




極力チェーンと並行になるように穴をほじったが、根気なしのダメ人間ではココまでが限界。
それでも純正よりはだいぶ平行に近づいたが、幅が足りずにやっぱり変。
c0009160_13383850.jpg




チェーンラインの計算を間違っているのか?
ドライブシャフトカラーを3XPの6mm短いやつに替えると上手くこのガイドローラーに乗りそうだが。
そうすると、タイヤも右に6mmほど寄せるのか?
そうするとスイングアーム下に付いているチェーンガイドが破綻するんですけど。
c0009160_13382546.jpg




なんか怪しい話になってきた(笑。
ま、とりあえずコレで運用します。
スプロケの偏摩耗とかはなさそうなので、チェーンラインは問題無いと思っているから、
今回、上下共??だらけだったガイドローラーの方に問題があるんだろう、と思うことにした。




追記

気になって、パーツリスト見たら、この下のパーツ、裏表逆に付けてるようだ。
来た時からこうだったし、チェーンとスイングアームとのクリアランスもそれっぽかったから
気にしてなかった。
明日、チョットやってみます。
[PR]

by 3et3xp | 2014-10-05 14:42 | DT200R(3ET) | Comments(0)