STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 19日

PWK30 撤退

急ぎの作業なので写真なし。

PWK30(OKO30)撤退。

チョークノブが外れた、のは、まあ良いとして(使いづらいが)
どうもスライドバルブとキャブとの隙間精度が悪くて、ガタから吹き返して調子が安定しないようだ。

なので、セッティングはそのままでPWK28に戻した。
吹けが悪い所があるみたいだが、とりあえず一週間様子見で。



FZRはダメみたい。ま、しゃーない。
不思議なもんだ。ガラクタ屋が引き取ってきたバイクや、業オクそのままの得体の知れないのが高値で売れるのに
動態のバイクはお気に召されないようで。




[PR]

by 3et3xp | 2017-11-19 17:10 | DT200R(3ET) | Comments(0)
2017年 11月 18日

雨がアタシの邪魔をする

ttps://thumpertalk.com/forums/topic/701753-fork-size-for-2000-kx250/


USD (up side down)

2002 - 2007: 48mm

1996 - 2001: 46mm

1991 - 1995: 43mm     1990 H1 1991 H2 1992 J1 1993 J2 1994 K1 1995 K2    c.f : KLX250 43mm



日本と向こうではちょいと型番と発売年が違うかもしれない。
フォーク径が同じでステムベアリングだけ強化されているとは考えにくいが、やってるかもしれない。
92~95のJ型はアウターの径を変えてるのかもしれない。そんな事やるのかわからない・・。

まあ、向こうのフォーラムが本当のことを書いてるかどうかもわからんしなあ。
YZもそうだけど、レーサーは向こうの方が情報が生きている。

kx250 fork diameter (sizeでもいいかもしれん)でググってみた。

まだ見てても、コメントはいりませんよ。
ただのメモです。



[PR]

by 3et3xp | 2017-11-18 00:09 | KLX-SR | Comments(0)
2017年 11月 11日

車歴  ヤマハという会社の作品を楽しむ楽しみ

さらに書いてみるかと思って、下書きでリストアップしたが、無事死亡。
面白いことに、3XPまでは乗った感じを書くことが思いつかない。


DT200R 1TG (37F)

現代からすると、エンジン、設計思想等、一世代前です。
今のバイクで整備に慣れている人は、少し手こずるかもしれません。
バブル期に殆どのメーカーが各セグメントのエンジンを新規設計した、と記憶してますが、
その線引がこのあたり。
その為、部品の使い回しが出来るのはこれより以前の世代のバイクになります。
新品の部品が出ないので、食いつぶし整備、というやつですね。
どちらかと言うと、このバイクはこの世代の最新式なので、逆にこれより古いバイクから部品取りに狙われる、という。

現在から見るとこれは、The 田舎娘。アタックからロングツーリングからレースまで、やらせればだいたいやってくれる。
今、オフ車で免許デビューをする人なら、これは割りとオススメです。
素直で朴訥な良い子ですが、一通りの事ができるだけの性能は十分持っている。
ただし、近くに旧車の整備ができる人がいるのが条件で(笑。

どのみち部品は出ませんが、ミッションレシオが変わった二型の方が万人向き。
なぜかデジタル化してある・・。スキャンなのかなあ?
c0009160_14422748.jpg






DT200R 3ET

本当に書くことがない。
考えてみれば、これがワタシの判断のベースになっているからか。
それくらいこのバイクは全てがニュートラルバランス。
エンジンとサス、車格とサス、など。
ウチのは今や見る影もないが・・・。
(最初は白赤)
今の時間から見ると、このバイクは中途半端。
こんなもの買うなら、3XPの方が現在のバイクと(性能的に)見劣りしない。
ただ、37Fを考えているなら、部品状況でこちらの方が良いかもしれません。
c0009160_17034713.jpg

なんで、白黒なんだろ?白黒ということは一眼レフを持ってきた、ということだが、
装備はどう見ても野宿。さらになぜデジタルに変換してあるのか?謎の写真。が、自分の実車。
c0009160_14382496.jpg








DT200WR 3XP2

「曲がりにくい」とか言われていたような・・・。
倒立でロングスイングアーム、タンクまで伸びたシート。
この3点を使う乗り方をしてれば、特に曲がりにくくはないとは思うんですが。
ただし、これからKDXに乗り換えると、ウッズやトリックライドの弱さに泣くと思います。
で、排気量を、と言う期待になるわけですが・・・。

リアサスは今でもヤフに出るので、YZに替えたほうが良いです。
フロントは「固くて要セッテング」と某誌に書いてあったのにビビってやらなかったのが心残り(笑。
チャンバーはstardustさん経由で2社試したが、ノーマルが一番バランスが良かった。重いんですけどね。
良く知っているワタシでも1型はあまり食手が動かない。そんなに変わらんかったけどね。
(今だと、こんなナンバープレート、ソッコーで捕まるね(笑)
c0009160_17074427.jpg







LANZA 4TP1

持っていたと思うんだが、持っていたかどうか記憶にない。
当時、あれこれやっていたので。
↓これでいいです(笑。










TT250 1LN

エンジンの重量が主張した以外は良いバイクでした(2st比)。
XRのヘッド周りが重いのと違って、エンジン全体の重さが車体の重量バランスの中で目立っていた。
まあ、その他が軽く作ってある、ということでもあるのかな。
乗るとヒラっとした感じはあるのですが、(乗らずに)倒していくとグッと重くなるタイプ。
なので、コーナーでは少しクセがあったように感じました。

サスがよく動くのと、強さはないが、回転が伸びるタイプ、と言っても今の基準ではないですよ。
4stらしいがっつりトルク、ではなくて、中間域を回して乗るバイク。

点火系とは別の電装系は6V、バッテリー搭載が、出回っている吊るしの状態。
(どこに付いていたか全く覚えておらぬ。上がっていたが放置していたので)
エンジンならXTで、カムだけTTを使う方法が残っている、のかな?。
足回りは1LX以前のYZが使えるはずですが。

ツインキャブ(YDIS)が当時、資料がなくて、排気系の交換ができなかった。
コンディション維持や何かあった時はやはりシングルキャブの方が見通しが良いです。

アタックしていると、エンジンの重さが気になって、
「新型のエンジンなら軽いだろう」、と言う期待でTT-R、でしたが・・・。

無断転載
c0009160_17250743.jpg





TT-R250 4GY

TT250とは全く異なるキャラクター。
結局、TT250よりも車体重量そのものが重くてがっかりした(当然か)。
二型の方がフライホイルが重くなっていて使いやすい、と思って買わせた(?!)が、
(乗ってはいないが)1型の方が良かったのではないか、と思っている。
多分、オーナーよりも乗り込んだはず。
高速は楽。KLX-SRの壊れそうな高回転よりも安心感がある。
ツーリングバイクとしては優秀だが、肝心の林道では強いエンブレとエンジンが伸びなくておもんない。
スプロケをもっと小さくすれば林道でも乗りやすくなったのかもしれない。
そういえば、高速でエンジン音を聞きながらそんな事を思ったのだった。

1型だとセル2ndギアが対策部品として出てます。大した作業ではないので、早めの交換を。
セル異音はワンウェイとかではなくこっちを先に疑ってください。
レクチは注意が必要なようです。1型はダメな方のレクチが付いていたような・・。
これは↓で



c0009160_17271514.jpg




WR400F

これは書くことねえな~。
最初から足回りがいじってあるので、判断ができない。
今まで重いバイクを嫌っていたが、これだけトルクがあれば「重くてもいいか」と
思うようになったのは歳のせいか?。
ほぼ4メーカーの4st250ccに乗ったが、WR250F以外はダメで、
「4stだとやはり400ccないとダメなんだろうな」
と、最初の頃、思っていたが、最近は
「ビッグシングルおもすれぇ~」となっていたりする。

しゃしんはみあきた





セロー225

持っていた記憶にないが(またか)、何台も何台も型違いを苦労して整備した嫌な記憶だけは残っている。
ドラムのセロー225、というならどれも同じだと思ったら大間違い。
手の込んだマイナーチェンジをヤマハさんはやってくれてます。
迂闊なスワップは事故の元。
それで整備は非常に苦労しましたので。

安く大量に出回っている3RW1は、色々と過渡期なので、止めたが良いと思います。
セローと呼んで良いのかはわかりませんが、後期型のリアディスクが一番安心。

よく聞く勘違いですが、決してセローは「初心者向け」のバイクではありません。
セローというカテゴリーの乗り物です。
セローで想定された場所を走るために作られたバイクです。
普通の(?)林道では面白みのないバイクで、し、た、よ(言い過ぎか)。

写真は嫌がらせ。
c0009160_14264290.jpg






TY250S

実は、、、、、、「3km程度の通勤には楽しい」、というバイク。
空冷2st、DT125を持っていましたが(125なので書かない)、下がスカスカ(と言う書き方は嫌いだが)で、
YPVSの偉大さを感じられるバイクでした。あ、違う。

そんなわけで、250ccあれば低速のなさに疲れることはないし(そもトラ車だからね)、スピードも十分。
空冷2stエンジンの魅力、というのを言葉では難しいですが、そのあたりが好きなら。
走ったり止まったりはトラ車の得意分野、暇なら信号待ちでスタンディングで遊んだり、と、通勤が楽しかったバイクでした。
リアサスのリンクが超複雑です。ま、買えば最初にやることですが、ご覚悟を。
今のトラ車に慣れた人だと、大きなアクションを必要とするので、ちょっと手こずると思います。
現在から見たら、貴重な空冷2stポンポン船。このバイクの余生は通勤遊びに使うのが良いと思います、、、が。
どうもサイレンサーがガンのようで、ココの程度が良いやつを見つけた方が良いでしょうね。
c0009160_17524294.jpg






そろそろオンロード。

TDR250

とにかく整備がしづらい。1KTに比べると天国と地獄。
まず、最初のタンク外しで、小さな六角レンチ(+だったかな~?)がなくて断念するかもしれません。
次に、オイルデリパイプを塞ぐことが出来なくて慌てるかもしれません。
結局、狭すぎてキャブが外せずに泣くかもしれませんね(笑。

左右のシュラウドの上部の取り付け部分が破損してるかどうかは確認した方が良いです。
もう部品は出ないので(泣)。

エンジンは1KTにスワップすることをオススメします。
フロントのカウルからステーから一式外すことをオススメします。
それで、林道でも公道でも文句ないようなバイクにはなりますよ、個人感。
でも燃費の悪さには泣くでしょうね(笑。


ライト周りはディグリー。色味が結構、合っていた。
ライトとかメーター固定用のスチールステーを切って、左右シュラウド先端を留めてます。
結局、TDRの正規状態での乗り方は掴めなかった。オンロードしか乗ったことがない人なら違和感がないのかな?
正直、このバイクだけはヤマハの考え(操安)が理解できなかった。
c0009160_14504089.jpg






TZR250 1KT 2XT
最初の本格的なオンロードバイク。
それまでオフ一筋だったが、どうしても乗ってみたかった。
整備性が良い。ただし、サイドカウルはオーナーが下手な整備の人だとだいたい爪が割れている。
シートを外さないと分からないので難しいですね。

手探りで乗り始めたオンロード車だったが、このバイクは、荷重がかかっている時と掛かっていない時を明確に教えてくれて、
荷重がかかればキレイに回れることを教えてくれるバイクだった。
またがると、素直にヤマハの考える操安のポジションに収まります。

レクチはまずダメな方が付いているはず。
TDRもそうですが、ヤマハの2st買ったら、まずレクチの裏の刻印をチェックしてください。
最初にランツァのレクチに換えると安心です。

ワタシの場合、このバイクが全てのオンロード車の分析基準になっている。
c0009160_01103555.jpg

カウルが割れててor整備性向上の為ネイキッドにするなら、ラジエーターはR1-Zのガードを流用すると寂しい感じは薄らぎます。
(TDRの写真の横にあるのは他人のネイキッドにした2XT)



メッキシリンダーでラジアルでフルトラでトルクがある二型も買ったが、1型の方が素直で乗りやすく楽しい。
二型はぼんやりとした感じがあった。
ラジアルの接地感と、トルクが不自然にあるせいでルーズなアクセルワークになる辺りが原因だろうと思う。
そのあたりは後述するV型の方が素直な特性だった。

じゃあ、と言うことでホイールだけのスワップは出来ませんでした。シャフト径が違いました。
その他、えらい苦労した印象があるので、素直に1型に乗っていた方がいいです。
(2台のバイクを並べてばらばらにしてスワップ作業、とか今思うと無茶な事をやっていた)
二型はなぜかタンクが錆に弱い。タンク下側が錆びているのは間違いなく穴が空きます。

無断転載
c0009160_01104640.jpg







TZR250R 3XV

実は持っていたV型のTZR。
SPとRSとノーマルの3個イチになってしまったので、何がなんやらだった。
さらに、「倒立とラジアルを使う近代的な乗り方」というのが違和感、と言うか不安があって馴染めなかった。
オフ車乗りの感覚、というか古い人間ではちょっと楽しめない、かな。
結局、この後、セカンド・サードは古いバイクを選ぶようになるのだった。

トラブルが出るほどまでは乗らなかったバイクなので、書かなくても良かったような気も・・・。
出力特性は速さに直結するだけで色気がなく、「公道で必要なの?」と思った。
まあ、当時加熱していたレーレプブームのせいもあるだろうね。
その辺の苦悩がR-1を生み出したんじゃないかな、と思っている(乗ったことはないが)。
無断転載
c0009160_01450662.jpg







R1-Z  3XC1 3XC2
これは例の借りていたパターンか?どっちかを持っていたような記憶があるんだが。
二型も一型も乗った記憶はあるが、違いを覚えておらぬ。二型の方に良い印象があるので、ラジアルの方が良いのだろう。
1KTに比べると車体が小さく重い(重量的な意味ではない)。
街なかでは確かにこちらの方が楽だが、道を楽しむツーリングでは1KTの方が面白いでしょう。
腰を動かしにくいが乗ってる分には楽に見える角型のシートと言い、見た目通りのバイク。

このパラツインエンジンはどれも、貫通しているYPVSの車体中心側のシールが泣き所です。
載せたまま単品交換はできないと思います(やる人いるのかな?)。ピストン交換する時は必ずこれも交換してください。
1KTに比べると、車体が小さく作ってあって、タンク下に補機類が収まっているので、整備はしにくい。
c0009160_01542004.jpg




FZR250 3HX

ご存知、面倒見ている3HX。実は3LN(丸目二灯)も持っていた記憶がある。
乗りやすさでは3LN。少し安定感が出てて、機器類の不安定さもないので、買うなら3LNをオススメします。
不人気だったので、安いんじゃないかな。ただし、カッコは悪いですね(個人感)。
FZ250系列は、年式が上がって熟成(見直し)されるほど弱点を消して良くなっていってるように見えます。
3000rpm以下がないタコメーターには初見、ちょっと笑ってしまったよ。
プロジェクターには乗ってません、悪しからず。

同じエンジンに見えるが、アクセルの一本引きと二本引きとかジョイントの長さとか向きとか微妙に違うという
相変わらずのヤマハ節。



これは最初にヤツが買ったやつ3HX。初期型はEXUPが付いてないので、こちらを勧めました。こっちの方が相場安いしね。
このまま乗ってりゃよかったのによぉ・・・・・・。。
c0009160_15300164.jpg





マジェスティ SG03J
バカスクで悪評高いですが、流石ヤマハ、よく出来ていた。
ツーリングに使うには、これが一番でしょうね。先ずは積載量が半端ない。
ウチのキャンプ用のリアバッグは全てシート下に入ってしまうんじゃないかな。

アメリカンをオートマにして風防をつけた、と言えばこのバイクの実体が少しわかりやすい。
小排気量のスクーターをでかくしただけのものではありません。
「オートマはツーリングライドが面白くない」とは心外。
2バルブのフィーリングの良さは感じられますよ。ま、上りの360°は苦手ですが。
ただ、見ての通り、サイトを探し回るのは得意ではありません。
キャンプ地めぐりならうってつけ。

割と気に入っていて、相場も下がっているので、「ちょっと欲しいかも」と、思うのですが、
整備の時に延々、カウルを外す作業を思い出すと、「ちょっとないかも」と、思います。

最初にプーリー、ウエイトローラー、ローラーハウジング、ぐらい交換する金額は見ておいてください。
プラス、クラッチ分があれば更に安心。部品がまだ出るかは知りません(笑。
c0009160_01181566.jpg




ルネッサ 4DN

一度乗ってみたかった250ccツイン。いや、VTは乗ったことはあるんですが、がっかりだったのは覚えている。
だいたい割れているシートカウルと、だいたい割れているサイドカバーと、
SRV二型で改良されたガソリンポンプと、後ろシリンダーのエキパイ取付部のサビが注意点。

ハンドルはSRVかSRV-Sの方が正解だと思います(その差は好み)。
一文字ハンドルはちょっとカッコつけ過ぎかな、と。
ハンドルウェイトは付けたほうが良いですよ。
ワイヤー類は注意。3車種とも違うというヤマハっぷりです。要オンラインP/L確認のこと。




エンジンのフィーリングはよく調教されてて好きなのだが、いかんせん、2本サスが。
「二本サスはリアがぐっと踏ん張っている感がわかりやすい」と言われるが、それよりもリバウンド特性が気に入らなかった。
荷物載らなくてSRVのシートに替えたが、かっこ悪くて残念だった。
街なかでのスピード域で一番楽しめるバイク。交差点の立ち上がりで楽しいバイクはなかなか見ませんね。
高速用にスプロケを下げると、ワインディングでは少し残念になります。
空冷なので、高速であんまぶん回さないでください。
c0009160_15162349.jpg







FZ400R 46X
当時はまだ、欲しいバイクを買っていた(?)。
F16、R18という車種によってはハンドルが切れ込むサイズであるが、これは特に切れ込むというような癖はなかった。
フロントタイヤが摩耗すると出てきますけれども。
ノーマルでは光量の件で、現在は車検には通らないという話を聞いた(所持していた頃はそんな話はなかった)。
古くからやっているバイク屋さんは通し方を知っているようです。

GTとして良いバイクです。出力特性も足回りも穏やかなので、ロングを走るのはかなり楽です。
せかされるような高性能感はないので、荷物満載でワインディングツーリングするには良いバイクだと思います。
発売当初はレーレプでも、現在から見ると、FZR400に比べると全てがマイルドで、まあそんな評価になりますわな。
新型のFZ400は全くの別物です。レーレプのかけらもなかった。スピードレンジは高いけど。
唯一、ワタシが乗るのを嫌ったバイク。聞いたら、「足を広げて乗るんだよ」と言われました。なるほどね、と。
400ネイキッドはバンデッド以外、苦手です。

ちなみに、このバイクで初めてクランクケースにガソリンが落ちるトラブルを経験しました。
知識としては知っていたが、症状で全く思いつかなかった。オイル交換で初めてびっくりした記憶がある。
c0009160_16172641.jpg





やっと終わった。
思い出補正などを入れたつもりはありませんが、入ってたらすみません。あと、勘違い(笑。
極力、現在の視点から思い出してみました。



ヤマハのバイクの楽しみは、乗ると、当時の技術の変化によるライディングの変化、を楽しめる事かな。
それをそのまま使うのではなく、エッセンスにして仕上げているのが好きです。
オンにしろオフにしろ、「ああ、一線級のレースではこんな乗り方が主流になっているんだろうなぁ」などと。

書きすぎですね、自重。
明日からやっと3ETのキャブ調整に入れる。PWKは失敗じゃないかな、と思っております。






[PR]

by 3et3xp | 2017-11-11 23:55 | 雑記 | Comments(2)
2017年 11月 11日

FZR250 3HX 実働 保険2018年7月

FZR250 3HX 実働 保険2018年7月

代理出品ですが、最後まで責任持って取引いたします。

EXUP付きFZR250にフェザーのカウルを付けています(前方のみ)。UPハンドル仕様。
メータからの交換なので走行距離は不明ですが、付いていたノーマルメータでは  となっております。
年一度のツーリングのみの使用なので、+5000km程度と思われます。
(調子維持のため、月一回ほどはエンジンを掛けてます)

ノーマルのヘッドカウル、タンク一式はありますが、かなりキズや割れがあります。

この状態での外装も、荒い使用のため、かなり傷があり、フロントは塗装を失敗しております。
右カウルは購入当時からの割れがあり、補修に失敗してます。
ただし、取り付けステー部の割れはありません。

車体回りでは、キャブジョイントのヒビ(補修あり)、リアブレーキパッド(キャリパーの清掃)、バッテリーの2つ栓なし、
Fブレーキマスターの削れ(一応補修のみ)程度だと思います。
エンジンは年式、走行距離なりの音です。クラッチは次のツーリング前には交換予定だった、ぐらい。

4年ほど毎年、9月にロングツーリングで使うために、その都度一通りの不具合の交換と整備をして
(今回上記三点は問題ないと判断)、
帰ってきてからチェックのための再整備をしております。
コンディションとしてはそういうレベルだと思ってください。
あれを替えたとかこれをこうしたとかは長いので書きません。

カウル塗装し直して、長く乗るつもりでしたが、キャブ回りの部品がほぼ生産終了なので
調子を維持することが難しいと判断して、出品しました。

東京都23区からの出品になります。
廃車してお渡ししますので少々時間を頂く場合があります。
引き取りは業者さんか落札者様のトランポにて。
金額的にもNCNRはご理解ください。

ヤフーボックスでは説明が出来ないので、ブログに不具合部分の詳細を載せております。
http://gromet.exblog.jp

それでは、よろしくお願いいたします。




(ここから先はブログなりの文体で)


UPハンドルは汎用キット。
汎用なので咬ませているだけだが、問題ない程度に適当。バーウエイトはありません。
アクセルワイヤーはワイヤー屋さんにて特注。クラッチは確かそのまま。
メッシュのブレーキホースが少し長くて、Fフェンダーと擦れています。
c0009160_18225450.jpg





タイヤは溝の奥にヒビが出てるが、この溝から使い切るまでは問題ないだろうと思います。
c0009160_18224349.jpg




フェンダー下側の擦れはなんでだろう?
Fブレーキは清掃してます。
c0009160_18223306.jpg





シート地の部品は終了で、ヤフオクも酷いものばっかりだった為、手持ちのシート地で張替え。
ストッパのカウルにガムテのような傷がある。
キーシリンダ外周の防水シールは販売終了。
c0009160_18222305.jpg






こんな年式のバイクならかならず出る点サビは補修済み。
シールも3年前に交換したはず。
ヤフオク定型文だと、「うっすらとオイル滲みがあります」かな?
これだけ使ってフォークメッキが痩せれば、シール交換では止まらないのですが。
c0009160_18215663.jpg



キャブジョイント。
まだ部品は出る。2万出して交換するか、この補修で行くかは使い方次第でしょう。
プラグは毎年、交換しているので問題はないと思う。
c0009160_18221070.jpg


隙間を埋めるための自作カバー。固定が前のビス一本なので、ずれます。
c0009160_18213941.jpg




おそらく、前オーナーがコケてFマスターの右前が削れている。パテで水が入らないようにしてはいるが、
毎年のフルードのチェックもやっている。ダイヤフラムは3年前ぐらいに交換。
メーター内の黒いカウルが割れてます。右下のフタ取り付け部分とタコメーターの下側アタリ。
ノーマルのハンドル等はありません。
c0009160_18212885.jpg



スクリーンはボルト部分にひび割れがあり、曇っている。
当然、新品は出ない。
c0009160_18211650.jpg



問題の塗装。前の持ち主の変なサフの上からサフを吹いたがどうやらそこから剥離している模様。
完全にプラまで(黒)地肌を出せば問題と思います。
カウルとシートとかの取り合いは見ての通り。現物合わせのステーなので、外すたびに隙間の幅が変わります。
c0009160_18210432.jpg



後ろのカウルは業者さんのようなので、塗装に問題はないが、
荷物を縛り付けるので、擦り傷が多い。
c0009160_18205327.jpg



ツーリング先で荷物がマフラーに当たる為、ステンレステープをぐるぐる巻いていたそうで、
見えない側は剥がしてありません。それ以前にこすり傷が最初から多かった。
c0009160_18203905.jpg




気温が低いので、ガムテで塞いであるだけです。水量はチェック済み。
c0009160_19085511.jpg






チェーンスライダーが破損してますが、部品は出ないので、写真のような補修をしてます。
c0009160_19104682.jpg



ノーマル部品。
ハーネスから交換しているので、戻しはポン付けで済むと思います。
ウインカーはミラーに内蔵されているタイプ。
c0009160_18593323.jpg



割れてます。
c0009160_19015932.jpg



ノーマルに戻すなら、タンクも戻さないとダメです。
現車はFZ250のタンクに、キーを同じにするためFZRのタンクキャップを付けてます。
c0009160_19030099.jpg



保管状態が悪かったため、酷いキズが多くあります。
c0009160_19051032.jpg



リアのホイールベアリング右が交換時期かもしれません。
バンプラバーは交換してあります。




大変だなあ。
こんなの書くよりは知り合いに押し付けたほうが楽なんですけどね(え?誰のこと?)


[PR]

by 3et3xp | 2017-11-11 19:26 | FZ250 PHAZAR | Comments(0)
2017年 11月 04日

事後整備 その2 リンク周りグリスアップとか

やっと晴れた。

さっさと終わらせましょう。


リアサスが鳴いているので、グリスアップです。
ひどい状態になっていなければ良いのだけれども・・・。
c0009160_15263729.jpg






リンクボルトを抜く方向にマフラーがあったりして、すったもんだ。
見てないが(コラ)、S/Mの方向通りなのだろう、見てないが。
さて、アームを外そうとすると・・・
なんと、EXUPのワイヤーがアームを通っていて、外せない。
フレームに吊るしてある上のバンドを切って、外した風、の状態でピポット部分はグリスアップします。
c0009160_15281755.jpg





パッと思いつくのは、モーターを外してくぐらせる方法だが、モータのハーネスはがんじがらめ状態で、
さらに、リアアームとサスユニットの隙間に、モーター本体を通すスペースがなさそうなので、断念。
ワイヤーの外し方はS/M見ないと、更に再調整、と考えただけで断念。
c0009160_16231815.jpg




なんとも時間がかかる。モーター見るのにサイドカウルを外したり。
オフ車みたいに素直には行かないなぁ。
c0009160_15312039.jpg







シールのリップが切れていたりしているが、ニードルとスリーブにサビや固着はなく
単にグリス切れの状態だった。
c0009160_15334494.jpg







シャフト類は新品のような状態だった。
c0009160_15344950.jpg






メインシャフトの両端、ベアリングが当たる部分に当たり痕があるくらい。
今までのどの中古よりもマシ、という(笑。
前のオーナーに感謝。
c0009160_15354439.jpg









チェーンスライダーが割れていた。留めボルトもすっ飛んでなくなっていた。
よくもまあこの状態で巻き込まなかったものだ、と。
c0009160_15372397.jpg








さて、どうすんべ。
リアアームをここまで外さないと、このスライダーは交換できない。
注文して、後日またここまで来るのか?めんどくせぇ・・・。
パーツリストを見てみたら、販売終了、とある。めんどくせぇ・・・・。

ちょいと休憩。
c0009160_15385613.jpg








これで良しとするか。
保持する為の返しのツメなど細かい細工とかはナシで。ゴムだから押さえつけておけば大丈夫だろう、とか。
c0009160_15452520.jpg






リアのブレーキの状態が悪い。
とりあえず放置。パッドがそろそろなので、その時にでも、だが、「その時」は来るのか(笑?
まあ、リアは単体で外せるので楽ではあるんだが。
c0009160_15525835.jpg






EXUPワイヤーの張り。所定の位置にあるので、問題はなさそう。
切れそうなサビもない。
c0009160_15542992.jpg





と、プーリーの写真上を見てみると、スタンドボルトが外れそうになっていた。
後ろのナットも無くなっていた。コッタピンが入ると思ったが、ただナットを回すだけだった。
手持ちのセルフロックナットを組み付けます。
スタンドボルトは違う部品かもね。
(写真なし)



結構、やることが多かったな。
オーナーは知らん顔で
「ゆいちゃんまじゆいちゃん」とかやってるんだろうな。




それにしても、88年で、ほぼほぼ部品が全滅とはね。
買った当時、ヤフオクに部品がいっぱい出てるから問題ないか、と思っていたが
クズ同然しかないことに気づいた。

時が経つのは早い・・・・・・・。





[PR]

by 3et3xp | 2017-11-04 16:36 | FZ250 PHAZAR | Comments(0)