STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 17日

フェザーカウルのためのステー制作 取り付け

カウルを留めるためのステー制作。
ま、雑作業ですね。

つか「造るぜウキー」と言っていたサルは来ず、しょーがないんで作業。

店に材料を買いに行くついでに、カウルの色を調べます。
現物と色見本をつけあわせながら、うんうん唸りつつ。
ホンダのオデッセイとかインテグラに使われてる青、、、、かな。
ボディペン番号 B520P 


さて作業。

こんなのね。
でも実は失敗。グロメットを抑えつけたら、カウルがはさまらない。
(芯にスリーブ付きのワッシャを入れてます)
ダブルナットで割とグロメットをフリー気味にしないとダメなようです。
c0009160_21265126.jpg






こんな風にフレームにタイラップで留めます。
もっと上側も巻きたかったのですが、フレームが邪魔して無理だった。
このナットはセルフロックなので、これでも大丈夫。逆側はダブルナット処理です。
c0009160_2127141.jpg







お次は簡単な方。
どっちもルーズで止まるんで、カウルの取り付きもなんだかグズグズです。
ステーの端部を折り返して固定したかったのですが、角度がはっきりしないため断念。
この辺でお手伝いサル登場。
逆サイドは任せるよ。おんなじもん造ってね。さすがにこれくらいなら出来るだろ、
と思ったら、前作業のサイドカウルを外す作業ですったもんだしてました。
「・・・・・・・・・・・・・・」
c0009160_21271398.jpg




これにて終了。これでカウルはカチッと固定された。
カウルが固定されると、今度は例の黒いパーツがずれた。orz・・・・・・

後はタンクをフェザーに交換すればあらかた終了になるはず。
フェザータンクはウチに持って来ましたが、鍵を忘れて中の状態が不明なので、おあずけ。
ちなみに黒いパーツは「黒もっこり」と命名されました。以後、黒もっこりで。
c0009160_21272456.jpg



あたしはこの黄色と青で構わないんですが、
彼はどうにもこの黄色が嫌いらしく、
「青に塗るぜ、絶対!!!」
と鼻息を荒くしておりました。

が、もう10年以上の付き合いだ。
「どうせやらないだろう、絶対!!!」
と言ってやりました。



スキマにパンチングメタルを貼り付けたいようで
「カッコ悪いから、なんか探して付けるぜ、絶対!!!」
とおっしゃってたので、

それも
「どうせやらないだろうさ、絶対!!!」
と言っておきました。


そんな掛け合いをもう10年以上やっていて、アタシが負けた記憶は、 ない。
シート張替えの顛末を書きますか。典型的パターンです。

「こんなの簡単だよ、オレがやっとくから」
と自信満々に言って家に持って帰りました。

それから3週間後。
打ち合わせミーティング後、彼の家に寄ったら、そのシートは二箇所ほどタッカーで停めて
部屋の隅に、立てかけられて放置されておりました。

ま、そんなもんです。



カウルを塗る作業手順を説明したら、その根拠の無い自信がどんどんしぼんでゆくのが(笑。

by 3et3xp | 2011-09-17 22:41 | FZ250 PHAZAR


<< 一段落したのでカウル戻し とシ...      シート隙間カウル 検討2 模型完成 >>