STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

リアサス どうする?

大きな枕


松本大洋 ピンポン が、アニメ化されます。

 公式サイト キャラクタームービー

孔 文革 の声を聞いた時点でおしっこ漏らして視聴決定!。モノローグが中国語のままなら神アニメ。ぜひ!
c0009160_16552134.jpg



実写版はなぜかようつべに上がっていた((泣)。
まあ、消さないのはアスミック・エース(版権元)さんの判断なんで、違法だ違法だ言うつもりはございません。

実写版も嫌いではないです。長いストーリーをうまく再構成していたと思います。
竹中直人さんだけが不満でした。窪塚洋介さんだけでは客を呼べないと判断したのでしょうかね?
あれだけ二次元から出てきたようなメインキャストで固めたのに。
アクマなんか笑っちゃいましたもん。

実際の所、ペコ(主人公:窪塚洋介)が実写にあたり一番難しいと思ってました。
ペコならではの、マンガらしいセリフ回しは、実写に落としこむと、会話の繋がりとか間とかが
ともすればセリフ読みそのままになり、不自然になるだろうと思っていたからです。
アクマのセリフで若干、そんな部分がありました。

その辺り、原作好きはみんな思っていたんじゃないかな?
そんなわけで、窪塚さんの演技に関しては、当時から当然賛否ありました。が、私は
「ペコの人格を窪塚さんなりに真摯に消化してて、ペコが現実にいたら、言いそうなアドリブ(だろうと思われる)で
上手く”リアル”に落としこんだな~」
というのが感想です。

逆に、竹中直人さんは、小泉先生を完全に無視していつもの自分の演技プランでやってらして
それが少し不満だった。
あれが、小泉先生、というのを無視すれば(映画しか知らなければ)、原作の少し重い雰囲気を
いつものコミカルな演技で軽くしてくれた功労者とも言えるかもしれませんけれども。

部長も含め部員達は、逆に実写の方が膨らませてて良かったように思います。



おお、熱く語ってしまった。ムービーを見る限り、動きと言い声と言い、まさしく松本大洋のアニメ化そのままだったので、
ちょっと興奮してしまいましたよ。
新人声優さんらしいペコを、監督さんがどこまでデレクションするのか楽しみです。



WR400F

リアサス。
「店に出す」と、思ったが、サスが出来上がるまでチャリ通勤になるのが憂鬱で。。。。


と、いうか・・・・・
c0009160_17194093.jpg




とか、



これ、を見ると、これだけお膳立てされてるのに、自分でやらないのは殺されるかもしれない(誰に?)。
c0009160_17195055.jpg





残念な事?に、シールキットも存在していた。
MSRのキットらしい。41-3211。ヤフで4000円くらいだった。
探さなきゃ良かった(笑。
c0009160_17222298.jpg




リアスプリング長、0Gで234mm。
大事なメモメモ。



オイルはKYBの01を使ってるだろうと予想。
ロッドの頭のカシメも多分外してくれてるだろう(笑。

そこまでされてて、自分でやらないのもなんだかなあ、どうだろうなあ・・・・。
言うてもマニュアルはないんだよなあ・・・。
[PR]

by 3et3xp | 2014-03-15 17:58 | WR400F | Comments(2)
Commented by らいおん@PE28 at 2014-03-15 20:52 x
う~ん、わたしなんぞはできないことがよく判っているので助けを求めてしまいますが。なんかいろいろと乗り越えるためにいろんなスキルが必要で。パーツ入手方法や工具入手などなど、苦労は多いです。
ああ、モト・マにまたパーツ取ってね、って言うのつらいな。修理じゃなく、なんか買ってね、って言われてるしなw。
Commented by 3et3xp@だらだら at 2014-03-16 13:47 x
エア抜きの作業が、頻繁にやっていればコツもつかめるのでしょうが
間が開くので、毎回、すったもんだ疑心暗鬼の作業になって
それが悩みです。
スキルとか、、、、どうなんでしょうね?

プラダのバッグしかググれずに泣いておりまする・・・・。


<< アホや・・・・・。      出張パンク修理 >>