STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 15日

リアサス取り外し リンク清掃

少しづつ整理

リアサスを業者さんに出すのと、ついでにリンク清掃です。



サブフレームが分割式なので、サスユニットは外しやすいが、
(ユニットとリンケージを切り離して、上からズボッと抜きます)
マフラーも外さないとダメなので、それはそれで一手間。
c0009160_15552782.jpg




そんな強く書かなくても・・・・というくらい書いてある。
前オーナーで最後、当時はそんな感じだったんだろうなあ。
もう少し延命したいところだが、どうなることやら・・。
バルブシート、とまでは言わないが、さすがにピストンリングぐらいはやってあげたい所だが。
c0009160_1555519.jpg




0Gでのスプリング長。切ってあるのかYZあたりの流用か全く不明なので、このへん重要。
c0009160_1556658.jpg



その他、セッティングのメモ。
c0009160_1556527.jpg



このおしりは初。
これほど大きいモンキーは持ち合わせがないので、バイスでキズをつけながら・・・・。
バルブからは結構な勢いでガスが出たので、ブラッダーの抜けはないと思われ。
c0009160_1615230.jpg








ブラッダ-・・・ってあれ?業者に出すんじゃあ?
ブラッダーの状態を確認したかった。少し変形クセが付いているくらい。
c0009160_16145755.jpg





共通と思われた、cリングがkxとkx-fで型番が違っていて、
ブラッダーもkx年式によって多分サイズが違うような感じなので、その辺のために寸法が欲しかった。
オイルは綺麗でした。さすが。
c0009160_16152182.jpg




「ここまでやってんなら最後までやれ」と思った人もいるかもしれません。
自分もそう思いました(笑。
c0009160_17172680.jpg



ロッドとかユニット上下のピロボール確認。
サビもスジキズもないです。さすが
c0009160_17173595.jpg









あとはスイングアームの清掃。
実はこっちは心配してて、二代目オーナーから乗りっぱなしじゃなかろうか、などと思っていた。

さて。


あまり気に入っていないスイングアームセンターのピポット。
がしかし、おそらくこのシステムのお陰で、スイングアーム単体が3XPよりも軽くできるみたい。
c0009160_171857.jpg





両側22mmかよ!しかたがない、ソケットを買いに・・・。
平場ならメガネで出来るんだが。
c0009160_17182124.jpg




こっちのピポット部は、、と。
やはりU字タイプだったか。
c0009160_171816100.jpg




結局はサイドスタンドからチェーンローラーまで外さないと、このボルトは外せないです。
サイドスタンドステーは少し上部が歪んでいた。
チェーンローラーはベアリング式で、3ETにも流用できそうな感じ。
さすがにこのボルト/スリーブは二代目からは手が入ってないコンディションでした。
違ってたらすみません。←誰に?
c0009160_17175324.jpg







スイングアームピポット部はきれいなもんだ。汚いのを見過ぎか?
c0009160_1719787.jpg




確かこのウラはベアリングかメタルスリーブが入っていて、
深すぎて、しろーとではどうにも交換出来ないと思った。
その辺がキライ。
c0009160_17184267.jpg




c0009160_1718523.jpg




状態が悪い(と言ってもヤフの中古で言うなら良好)のはこのピポットシャフトだけだった。
その他はちゃんとグリスアップしてました。
c0009160_17185096.jpg




さて、これで一週間ほど塩漬けです。
私も込みでおやすみなさい・・・・・・・・。
あ、チェーンローラー、寸法取って3ETにつけてみるかな・・・。
c0009160_17185773.jpg


by 3et3xp | 2014-11-15 17:26 | WR400F


<< wr400f リアサスオイルシ...      リアサスO/H 発注前準備 チ... >>