STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 21日

kdx220r エンジン組み立て その1 シリンダーヘッド

金曜日の天気から、土曜は晴れだろうと思ったら、終日、雨だよ。

なわけで、3ETのPWK関係はお休み。

しょーがないので、KDX220Rの予備エンジンを組む作業をやりますかね。
S/Mではさらりと流されているので、誰かが必要としてるかもしれません。
そんなエントリー。



KDX220RのKIPSをフルでO/Hする時は、だいたいこれくらいの部品が必要です。
後述するが、銅ワッシャは2つ必要です。
カワサキの紙ガスケットは一回外すと破れて漏れるので、新品を。
左KIPSカバーOリングは注文忘れ。
今回はZOILのスプレーで組んでいきます。
c0009160_2394894.jpg



これがKIPSの部品。 これに左ギアの、下からの止めボルト、スプリング、ボールがあります。
S/Mにあるように、右のバルブとロッドには印があります。
右とは、車体にまたがった状態で右手側です。
c0009160_23114097.jpg




まずはS/M表記で、いわゆるメインバルブ。
画面で上が上。
c0009160_23183119.jpg




メインバルブを突っ込んだら、メインバルブ飛び出し防止ボルト(ワッシャ付き)を。
c0009160_23194196.jpg




引っ張りだして止めピンを右から挿入。
こんな感じで組まれます。レバーは芋ネジ穴がある方が前。
c0009160_23214394.jpg




メインシャフト穴のO/Sを左右とも交換します。結構硬い・・・・。
c0009160_23245079.jpg





次に左右バルブ周り。

先に左右のKIPSバルブを左右間違えずに、スリーブを付けずに落とし込みます。
そしたら、左右のKIPSロッドを組みます。
ロッドのOリング交換も。リップがダブルになっている方が外です。
ロッドのおしりにマイナスが切ってあるほうが手前(外)です。
c0009160_23262330.jpg




これがまた面倒くさい。つか見えにくい。
バルブの合わせマークとロッドの合わせマークを合わせます。
メインシャフトギアチャンバーから覗いて、ロッドのマークがほぼメインシャフト穴の上に来るのが目安。
c0009160_23282298.jpg





調整方法は、バルブを少し持ち上げると、ロッドのギアが自由に動くようになるので、
このロッドを前後に動かして合わせ位置に持って行きます。
まあ、慣れると一発で出来るんですけどね(だいたいの合い位置がわかっているので)。
c0009160_23375310.jpg






バルブ側の合いマークが合ったら、メインシャフトを入れて、これも合いマークに合わせます。
c0009160_2341817.jpg




左のギアチャンバーの下のボルトを抜いておくこと。
で、そのボルト、銅ワッシャが二枚?S/Mも二枚の絵になっている。
つわけで、一枚は使い回し。
c0009160_23435911.jpg





あんまし知らない人が整備してると、この辺の部品がないことがあります。特にボール。
このボルトからよくタールオイルが漏れるのですが、それを調べようとして開けた時に
ここにボールがあることを知らない人がそのまま組んでいたり・・・・。
なので、新品を買っておいても損はない、という判断。
あと、このボール、タールのせいで落ちてこなかったりします。
作業してる時にポロッと落ちてそのまま、とか
ないと思ってボールを二個くんだり・・・。
とにかく、このボールは色々やらかすんで・・・。
c0009160_2347018.jpg





左側も合いマークがあります。
c0009160_2342418.jpg




ボールがチラと写ってます。
c0009160_011252.jpg





ワッシャ付きメクラ蓋を組んで。
c0009160_025039.jpg




カバーガスケットと共にカバーを組んで、終了。
ちなみに、この3つのカバーのボルト、規格が小さい方なんで、お間違いなく。
c0009160_033353.jpg






組んでるよりも、この記事書いてる時間のほうが長いよ、全く。
極力、あれ、とか、これ、とか書かずに、回りくどく書いたつもりです。
[PR]

by 3et3xp | 2016-02-21 00:10 | KDX220R


<< KOSO PWK30 比較...      PWK30 KOSO >>