STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 07日

TT-R レクチファイヤの話

えー、福島で止まったTT-Rから電装系の話。

YAMAHAのP/L(パーツリスト)より

ランツァ ・ TT-R最終型(4RR2黒い奴ね)
3TJ-81960-02

TT-R
3TJ-81960-01

MAXAM ・ マジェスティ
4XY-81960-00

さて、どれも1万円超えの高価なモノ。冒険するのはちょっと怖い。
特に電装の購入は、それでエンジンが動かなくなったわけだから、変なモノに変えてさらにエンジンが掛からなかったら、ソレを疑って良いのか別原因なのか分かんなくなっちゃいますよね。部品の仕様が公開されてるわけでもないし。その辺を理解しておいて下さいね。

 パーツ番号の頭は固有番号。3TJ(FZR400RR)の時に設計されたもの、と言う事を表してます。
 中間は部分番号。例えばレクチファイヤはどのバイクでも81960。
 末尾は型変番号。初期は00、不具合が起きたり、マイナーチェンジで小設計変更すると01とか02、仕様(サイズ)変更、バリエーションでA0とかA1に上がっていきます。
 
 DT200WRのレクチは47X-81960-0?だったはず。なので、こいつの初期設計は47X(85型RD500LC)の流用だろうと推測されます。古っ。

・・・・・・だと思う。(断定的な書き方をしといてアレなんですが)


 で、電装の話。
バイクにはCDIを使うバイクとポイントを使うバイクがあります。見分け方は、S/M(サービスマニュアル)のジェネレーターローターの分解図を見て、ピックアップ(ローターの外周にある小さな四角)が二つあるのはポイント型。一個なのはCDI型。

 CDI型での話。
 ローターで発電した交流電流は同色の3本。グランドの一本(黒)と回転数をピックする線が一本。
 まずこの交流はレクチファイヤレギュレーターに行きます。交流電流はここで直流に変換されます。さらに、回転数が上がって電圧が上がっても、規定ボルト以上は流さないようにしています。規定以上の電圧は熱になります。ので、フィンが付いて、風通しがよくて雨の当たらない場所に付いてます。
 レクチを通った電気は、バッテリーに送られます。そのバッテリーを電源として、CDIは作動します。
 CDIは、ローターからピックした回転信号を使って、CDIにやってきたバッテリーの電気をIGコイル(イグニッションコイル)に最適な間隔で発火の指示をします。

 すげーおおまかにそんな所。ホントはTPS(スロットルポジションセンサー)とかスタンドスイッチとかがCDIに接続されてるのだけれど。

 なので、CDI型はバッテリーがダメになるとエンジン掛かりません。バッテリーやコンデンサが接続されてなくてもキックがあればエンジンが掛かると思っている人がいますがそれではCDI型はエンジン掛からないので御注意を。死んでても良いからバッテリーがないと。

 
 まあ、だいたいそんなモンだと思って下さい。説明上、はしょったり単純化したトコもあるし、メーカーによってちょっと考え方が違う場合もあるんで。 

 うわ、書いてて怖くなってきた。こんなことネットに乗せて良いんだろうか?
「ちげーよばか!」という人募集。素直に修正しますんで。
[PR]

by 3et3xp | 2005-11-07 23:43 | TT-R


<< 良く聞かれること      KLE400 ステップ? >>