STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 11日

セロー 火花が飛ばない トラブル

 家にあるマニュアルを片っ端から見てるんですけど、見れば見るほど、簡単にタイプ別にまとめるのは困難だと言うことに気づきました。てーか、そんなに簡単だったらもっと詳しい人がやってるだろう?、素人のあたしが地雷を踏むのもなあ、みたいな。
 
 Ωさんのレスを読みながら(歴史を紐解かないと整理不能)、これは一筋縄では無理だ、と。
 なので、ちょっと路線変更させてもらって、このブログらしくバイクでの電装系トラブルを解決するための解説程度にします。疑い出せばキリがない電装系を、あたりをつけるためのおおまかな目安の為の整理、てことで。


 そんな話は別の日にして、セローの火花が飛ばないトラブルから。

原因を追い込むために、ここまで来るためのチェックを3つ。

キャブ、リードバルブに異常がないこと。
セルは回ること。
バッテリーが12V以上を示すこと/コンデンサーは正常であること。
プラグが新品であること(笑)。
IGコイル(プラグキャップ含む)が正常であること。

3RWのローターから出てる配線3つ。
あ、1KH、4JGはちょっと違うみたいです。あくまでも3RWセロー。
c0009160_11263871.jpg

上から(YAMAHAマニュアル表記で)
ステーターコイル
    3本の同色の線が出ているのが目安。いわゆる充電系。
    (三相・交流とかは説明ナシで、YAMAHAオフ車、程度に留めて
     おきましょうよ、Ωさん)
    行き先はレクチファイヤレギュレーター。

一緒に上がってくる単線はだいたいニュートラルスイッチかアース線。
     水色だとYAMAHAは、ほぼニュートラルスイッチ。

真ん中の3本はチャージコイル
    最近はこの3本は無いのが多い(程度の表現に)。
    この3本は私は良く判ってません。こいつの行き先はCDI。
    1・CDIに電源を供給する
    2・IGコイルに渡す電源
       ・・・・・どっちか、どっちもじゃないかな?
    この部分が壊れた経験はないです。

下の二本がピックアップコイル
    いわゆる点火系のおおもと。エンジン一回転に一回、
    信号をCDIに送ります。
    これが異常数値を示すことは何度も経験あるし、
    ここが逝かれると点火トラブルになります(程度の説明)。


 で、ピックアップコイルの抵抗値を調べます。
c0009160_1202674.jpg

800近い。ここからはマニュアルがないと判りませんね。4JGで280から420だそうで。怪しい・・・・・。マニュアル(追補版)待ちで。


セローマニュアルは
基本は1KH。
追補で2LN(多分キャブ)
さらに追補3RW(キャブ、電装)
単品で4JG

エンジン単体なら手に入りやすい4JGマニュアルでも良いんじゃないかな。ヘッドトルクとかタペクリとか。フォーク油面はどこかのサイトにあるから大丈夫。キャブセットもググればあると思います。なので、電装系以外は4JGで事足りる、と考えてますが・・・・・・。  

参考までに
こっちは3RW。左のぽっちがピックアップコイル。
c0009160_1224540.jpg

ローターマグネットに付く金属が多い。4JGはまたちょっと姿が違う。
c0009160_12281793.jpg


1KHは右側の二つがコイル。ローターの真ん中にこいつらが付きます。
ローターに付くマグネットがセパレートで4枚。
c0009160_12241570.jpg

[PR]

by 3et3xp | 2005-11-11 12:33 | セロー


<< セロー IGコイル 点検      セロー 電装系トラブル >>