STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 04日 ( 1 )


2018年 03月 04日

野宿ツーリングでキャンプ飯って

気温が低いので、塗装が完全に乾くまで時間をかけている所。
やっぱ、ウレタンクリアは塗ることにします。お試しです。
塗ってみるとシャシーブラック単体は、塗膜そのものが無いような感じで、不安定な感じがする。
おそらく、ジーパンが擦れるだけで塗装が付いてしまうような。





で、今日はちょいと違う話。

奴らと野宿ツーリングをするようになって、早や何十年。
ほとんど収斂したが、最後にメシの話が残った。

と、いうか、いつも揉めるのはメシの買い出しの時。
個人的にも調理とか食事には興味がないので、放置していた。
毎回、「適当に」と言っているが、バラエティー豊かに失敗している。


アリの怠け者理論ではないが、自然と誰かが調理担当になるんじゃないかと思ってもいたが、
そんな事はなかった。
(ずっと思っているが、スキレットってフライパンじゃダメなのか?)
c0009160_11284749.jpg



YouTubeやテレビでキャンプ飯を観たりするが、どうも非現実的で、違和感を覚える。
あまりにも、使う装備品(調理道具/食材)が実戦では到底、除外される類のものだから。

唐突にボヤッキーが酒を飲みたい、と言い出したので、
限界装備で、そこそこ料理のバリエーションを得るテストをこの機会にやることにしました。
わりかし二人が乗ってきたのが救いか。






普通の人なら、この状態だと鍋パーティーだが、残念、ガスストーブに見立てたカセットコンロ、と言う話。
使うのも本番のコッヘル。大きさ限界を知るため。
新調した調理ハサミ?と20cmフライパン。まな板は出来れば持って行きたくないが、それは調理しながら考えることに。
c0009160_00450485.jpg






ボヤッキーは毎回、魚と肉のブロックを買うので、それを使った料理。
酒は調味料だが、ボヤッキーの飲み物でもあるので好都合。
我々?は例の一年物の梅酒。美味すぎるのが玉にキズ。
c0009160_00454180.jpg




もののついでで、前回撮った写真をDVD‐ROMに焼いたのを鑑賞しながら。
自分の姿がジジイになったのを残念がる大会になったのは内緒だ。
c0009160_00490173.jpg




どのスーパーにも必ず置いてある洗わずに使える(それが大事)カット野菜と玉ねぎスライス。
味の変化のためにしめじ。
固形のコンソメ2つくらいならパッケージは小さい。
ジップロックもかさばらない。
チューブのにんにくはボヤッキーが好みなので。
と、チューブのバターは朝飯にパンを焚き火で炙って塗るので持っていて損はないだろう。
誤算だったのが砂糖。二人共コーヒーを飲むので持っているかと思いきや、二人はブラックだという。
ま、砂糖スティック3本くらいなら負担になるまい。
それと味噌味のために例の味噌ガンベルト。が、今回は使わなかった。
c0009160_00511754.jpg




余ったら、焚き火で塩焼きにすればいい。
とりあえず、一切れだけホイル焼きにしてみる。
玉ねぎスライスを敷いて、その上に塩コショウで下味をつけた切り身。コンソメを粉状にして振りかける。
その上にシメジとチューブバター。
c0009160_01231081.jpg




15分位か。もう少し置いても良かったかな。
普通に旨い。特に飴色になった玉ねぎが(笑。
1人1切れ、と思ったが、1切れか2切れで良いようだ。二切れなら22cmのフライパンに乗る。3つは無理だな。
玉ねぎはもっと盛っても良い。
c0009160_01290438.jpg




次は野菜炒め。
豚バラをハサミで切って、塩コショウで炒める。
フライパンの大きさ的にカット野菜は半分しか使わなかった。
「塩味のみかよ(怒)」というので、醤油と味噌と酒で合わせた”何か”を少々。
c0009160_01354274.jpg






ご飯が炊けたので、普通におかずとして。
私とグロッキーはこれで満腹。野菜炒めは量的にはちょうどよかった。味も。
c0009160_01410992.jpg





これは、ボヤッキーが大好きで、二人が嫌いな牛のブロック肉。
包丁は使い勝手が悪いので、調理ばさみでこいつが切れるか試している所。
うん、大丈夫だ。今の所まな板は必要ない。
c0009160_01451659.jpg





ジップロックに酒と砂糖スティック一本と醤油を1:1:1で混ぜた液に漬け込みます。
やめろと言ったのに、にんにくチューブを多めに入れていた。
写真を見てたら、いつのまにか1時間ほど漬けていた。
c0009160_01482674.jpg




一片をフライパンで、アルミホイルでフタをして、残った玉ねぎスライスと残ったシメジも一緒に。
焼き方はボヤッキーの大好きな半生。
ボヤッキーは「これだよこれ」とか言いながら食っていたが、二人は・・・。
食欲をそそる匂いとかビジュアル的にはオシャンティなんだがな。
c0009160_01495983.jpg



味付け以前に肉が硬いので、ボヤッキー抜きでよ~く焼いてみた。
やっぱ硬い・・・。。
脂身のある奴や豚ではダメだそうで。まあ、肉の種類によっては成功なんだろうね。
c0009160_01560995.jpg






少々残して、いつも通り、ボヤッキーが早々に寝たのでこれにて終了。
いままでずっと謎だった分量が、
基本的にオレとグロッキーが食う分、プラスボヤッキーのパックのおつまみ、で十分なことがわかった。
c0009160_02003629.jpg





こんなもんだろうな。これで、ただ網で焼くだけの単調な食事から脱出出来る。
あと試してみたいのはミンチを使った肉味噌ナス。
それで素焼き込みで6品くらいのローテーション?になるのはありがたい。


いつも店に飲みに行くのだが、なんか駄話(主にボヤッキーのボヤキ)になっていた。
ので、今回は美味しかったし、色々分かって有意義だった。
これを早くやっておけばよかったと反省しきり。
c0009160_02210285.jpg





[PR]

by 3et3xp | 2018-03-04 02:33 | ツーリング | Comments(3)