STRAY TRAIL

gromet.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 09日 ( 1 )


2018年 03月 09日

3ET  YZ   互換とか YZ年式の違いとか

調べた事を書いてまとめていないから、あやふやなままエイッと部品を落札して失敗している。
後ろから来る人はいないと思うが、自分の為にまとめます。
ノーマル一番。



1986 YZ 125 1LX
   YZ 250 1LU

シュラウドは赤。おそらく外装(ラジエーター経路とかのバッティング)は3ETと相性が良いだろうと予想。予想だけ。
リアブレーキはドラム。なので、スイングアームは付かない(買ったけど)。
フォーク内部は3ETと同じタイプ。なので、この型を3ETに付けてもほぼ意味なし。
リアサスユニットにリアブレーキ連動の何か(笑)が付いている。なので、3ETには無理。
125も250も構成は同じようだ。
c0009160_00150547.jpg






1987 YZ 125 2HG
   YZ 250 2HH


昔の事なので、ネット上の写真も曖昧。これを86と書いたりしていて混乱する。
シュラウドが白に変わる。
フロントフォークの内部構造が、3ETタイプに謎のロッドを加えた構成になっている。
フォークトップのエアバルブが斜め向いているのがこれ。
リア周りは86と同じなので、互換性なし。
c0009160_00223775.jpg





1988 YZ 125 2VN
    YZ 250 2VM

この年式から外装が3ET風(逆だが)になる。ただ、125の方は87のマイナーチェンジに留まっているようだ。
フォークがTT‐Rと同型のカートリッジになる。フォークトップのエアバルブが上に向いているのがそれ。
これを早く知っていれば、10年前なら程度の良い2VMのフォークが買えただろうに、と。
リアブレーキはディスクになっているので、スイングアームの互換はありそうに見えるが、、、、割愛。
サスユニットのケーブルはなくなったので、3ETに使えるのはここから。
c0009160_00294805.png






1989 YZ 125 3JD
    YZ 250 3JE


この年式もまた、250が先行して、125は88のマイナーチェンジになる。
フレームが変更。見分け方はステップ上のフレーム分岐の形状。
ご存知のように、これが3XPの元。
フォークもUSDに変わったので、この型式から先の年式は、3ETとの親和性は低くなるだろう。
c0009160_00404202.jpg





それでも88から91までは、タンクとシートは同じように見える(見えた)。
よく調べると、やはりフレームが変わった89で変更されている。
おそらく、内側の逃げのデコボコも違うと思うが確証はない。
丸部分がスッキリしているのが88。これ以降の年式はここが段付きになる。
ま、同じだろうと思って、91のタンクを買ってしまったんですけどね。
c0009160_00492423.jpg





後ろから来る人のためのまとめでした。
一応、こういうものを見つけました。
ま、見つけたからまとめようと思ったんですけどね。
年式ごとのラジエーターの取り回しとかは参考になると思います。



[PR]

by 3et3xp | 2018-03-09 01:27 | DT200R(3ET)